殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】

  • 1048人登録
  • 3.33評価
    • (55)
    • (130)
    • (188)
    • (45)
    • (24)
  • 165レビュー
著者 : 真梨幸子
  • 徳間書店 (2012年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198935399

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】の感想・レビュー・書評

  • 初めて読んだ作家さん。

    殺人鬼フジコの人生。読んでいてツラいし、グロいし、途中で読むのを止めようかと思った。だけど最後まで読んでしまった。「衝撃のあとがき」が読みたかったから。

    子どもを虐待するシーンとか、いやいやこれは現実に起こった話じゃないし、って思わないと読めなかった。
    でも、現実社会では似たような虐待って起こってるんだよね。

    大人の責任なんだけど、その大人も子どもの頃の何かトラウマを抱えてたり。
    でも、不幸な子ども時代を送ったとしても、それを克服して立派な大人になる人も多いと思う。

    人はどの段階でも、もう少しずつ強くならないといけないのかな、一人で途方に暮れたときは誰かにSOSを求める事が大事なんじゃないかなって思った。
    そんなに上手くいかないのが現実なのかもしれないけど。

    人が幸せな人生を送るには、を考えるのに、それこそ反面教師になる小説でした。

  • 聴いたこともない「夢見るシャンソン人形」という曲。
    原曲の歌詞は悪意がたっぷりと詰まったものだったらしい。
    作中で紹介される小説の元々のタイトルは「蝋人形、おがくず人形」。
    可愛らしい外見の中身はおかくずしか詰まっていない・・・そんな意味が込められていたのかも。
    では、フジコないったいどんな曲にあわせて踊っていたのか。
    そしてその曲の真の演奏者は誰だったのか。
    幸せとはいったい何だろう。結局、それは本人の心の問題なのだろう。
    終盤、作中の小説は事実をもとに早季子が書いたものだとあきらかにされる。
    後味の悪さを感じつつ、フジコのようにしか生きられなかった人生を思うとやりきれない。
    近ごろではあきらかにファミリー層狙いの時間帯に放送されるドラマでさえ、「サイコパス」という言葉が飛び交う。
    サイコパスとは、反社会性人格障害。
    社会的に正常だと思われる人格から逸脱してしまっている人間。
    フジコのような人間が増えているとしたら・・・それはリアルな恐怖だ。

  • 読んでいて何度も気持ち悪くなったけれど、不思議と続きが気になって読むのを止められなかった。
    イジメのシーンが特にきつくて、子どもだからこその限度の知らない行動に目を瞑りたくなった。
    フジコがコサカさんを殺したあたりまでは、ただ可哀相な子で仕方なく殺してしまったという感じだったけれど、裕也が杏奈を殺して(実際に止めを刺したのはフジコ)しまったあたりからは狂気が見えた。
    「見つからなければ悪いことではない」「それが秩序」といった言葉がその狂気を際立たせていた。

  • 職場のひとに借りていた本。

  • 割と残酷なシーンがさらりと一文で書かれていたりするのだが、それが逆にグロさ、エグさ、残酷さを読み手に感じさせるのがすごいと思う。緻密に描写して怖がらせる演出よりも、一言で終わらせる描写の方が個人的には恐ろしいと感じた。

    女性特有の世界、男の幼稚性、昨今の社会問題、負の連鎖。
    本の中の世界がすべて恐ろしいモノで構成されているが、それが違和感なく読めるところに、現代の社会問題への共感があるからなのだろうと思う。

  • I read that whole novel all at once.

  • まず構成がいい。あとがき+αまで含めての作品。イヤミスと言われるくらいだから、相当後味はよくないんだろうと覚悟して読んでいったが、正直自分の読解力のなさに嫌気がさした。読後は「え?結局どーゆーこと?」といった感じで、なんとなく不透明な部分も多々あり。でも読み返してもどこに引っかかっているのかが分からない。なんだこの気持ち悪さは。描写も結構グロいものも多く、読んでいて目を背けたくなったりもしたが、なんともこうリアルな描写で余計に想像しやすいというか…とにかく、続編も読んでみよう。

  • 怖そうなので敬遠してましたが、ドロドロ感、さすが。一気に読めました。

  • この小説はフィクションであることを冒頭で印象づけられ、そのまま読み進めるとラストの終わり方が衝撃的で不気味です。絶妙な時代設定ですっかり騙され、最後はよい仕掛けだと感心してしまいます。
    文書の脈略が付きやすくさらさら読めるのですが、その分中だるみというか、内容が薄い印象もうける。かなりダークで好きな人はとても好きなんだろうなぁと思えるし、現実社会においてもいい加減な気持ちになりそうで怖い。

  • 「殺人鬼フジコの衝動」は、えぐいなーと思いながら読んでいって、最後にそうきたかと思った。

    そうすると続きが読みたくなり「インタビュー・イン・セル」を読みたくなり、限定版についている小冊子の「私はフジコ」が読みたくなり、結局すべて読んだ。

    えぐいのはやはり「殺人鬼フジコの衝動」。

    死体を切り刻むのより、小学生のイジメのほうがキツイ。

    前半がキツかったけれど、後半は特になんとも思わなかったのはマヒしてたのか?

    人物を深く掘り下げない分、気味が悪い。

    この本に興味を持ったのは新垣里沙が演じるということで興味を持った。



    「私はフジコ」も、「インタビュー・イン・セル」へ続くもの。

    何というか、ひどい?キツイ?極悪な話なのだけれど手法が上手いので、1冊目が前半で1度ストップした後は一気に読めた。

    前半の子供の頃のイジメのあたりは、気力のあるときでないと読めないかも。

    カルマとか輪廻転生のテーマは上手く消化できてないような感もあるけれど、作者の仕掛けたトリックには感嘆する。

    嫌なもの見たさ的な作家さんなのかな?

  • なんで評価の☆が3つってもう読みたくないからです。。。あれだけの不幸を描けるのは大変すごいのですが。。

    こんなに救いようのない不幸な境遇に生きている人なんている?と思いつつ、この世の中にはきっといるんだろうなと思うと恐ろしい。

    こんな不幸の、負のスパイラルに一度落ちてしまったらきっともう幸せな生活には復活できないんだろうなと思う。

    こんな不幸の中にいたら人を殺しちゃうのも仕方がない・・・とは思わないけれど、自分がここまで尊重されないのに人の命は尊重しなきゃいけないなんて思えないだろうなと思う。

    続く負の「連鎖」。

    今回図書館では限定版を借りることができたので、本編「殺人鬼フジコの衝動」に続いて「私はフジコ」も読むことができました。「殺人鬼フジコの衝動」の再現ドラマの主役に抜擢される(これまた)不幸な女優の話。これを読んだらなお一層ホラー感増しますね。真相に触れることを許されないタブー感が。

    本編も陰鬱とした雰囲気の中に救いようのない真相、、といった衝撃はあるんですけど、いまいち謎解き(どういうことだったのか)はわからなかったです。

    Kくんをポイントにいろいろと絡んでたんだけれど、、でももう読みたくない。悲愴すぎて。

  • ジャンルでいうというとミステリーなのでしょうが、いわゆる推理小説というものではありません。

    作者は後味の悪い小説を書くということでは定評があるとのことですが、後味というよりは冒頭からずっと気分の悪い題材とディテールでした。
    にもかかわらず、読み進んでしまうというのは作者の技量と言って良いと思います。
    嫌なんだけど。

    時代設定が昭和ですが、発行部数からして若年層読者ターゲットにはそれほど問題ないようです。少なくともボクには違和感はありませんでした。



    特に女と子供のエグい部分を濾過してみせるように描き出しています。一方男はエグいと言うよりはひたすらセコく情けない部分を。
    性善説など鼻で笑い飛ばしています。

    ホントになんでこんな小説を読み続けているんだろうと思いつつラストへ。

    週末近くになると物語の進行が転調し、狂ったジェットコースターのように加速度を増します。

    そしてエンディングへ。

  • 逃れようとすればするほど、輪をかけて渦を巻くカルマ。その流れを断ち切るため人を殺し続けるフジコ。しかし結局はフジコが離れたいと願う方向へと向かっていく。あとがきも含め、一体どこまでのめり込ませるのか、と思わせる中毒性の強い作品。

  • バレなきゃいいのよ、バレなきゃ・・・。
    「カルマ」「宿命」「ルジラ」
    意志だけではどうにもならないものを感じた

  • 友人に「これは暗い!」ってオススメ小説を貸してもらって読了。
    読後感はひたすらやられたって感じ。あとがき読んだ時は、え?これ実話なの?ってわけが分からなくなった。

    あとがき含めての作品とはなかなか小説としてのギミックの手が込んでいて、ただただ関心するばかり。真梨さんの他の作品を読んだことがないので恐縮ですが、一見雑とも思える文体が、事件の当事者による文章なのではと思わせてリアリティを創出しています。

    冒頭の「おがくずの詰まった蝋人形」というおどろおどろしいフレーズにビクビクしながら読み進めましたが、グロさは私としてはまだセーフなライン。まぁ気持ち悪くなるところも無くは無かったけど。映像だったら完全アウトですね。

    ホラー要素もあるサスペンススリラーの側面が強いかもしれないですが、私はフジ子の女としての人生に興味があって、どんどん読み進めてしまいました。
    ちょっとヘルタースケルター思い出しました。

    フジ子は女の幸せを追求したからどんどんおかしくなっていったんじゃないのかなぁ。女アサシンとかになったら無敵じゃん。
    ってストッキングで華麗に男の首絞めてるところで想像してしまって少し笑えました。

    とりあえず男を見る目は大事。
    ていうか彼氏が最低クソ男すぎて「こんな最低な奴さっさと始末してしまえよ」って逆になかなか殺さないフジ子にはイラついた。それが出来なかったのは、やはりフジ子の愛なんでしょうか。

    うん、面白かったです!
    ただ残酷なので★3つ!

    さーて次は明るいほっこりする話を読もう!(笑)

  • 湊かなえのイヤミスは読んだ後に面白い、満足、ニヤってする感じが残るけどこの人のイヤミスはただただ暗くイヤな感じだけ。
    といいつつ一気読みだったから面白かったんだろな、続編も読むだろな

  •  両親と妹が無残に殺された現場に残された子供・森沢藤子。彼女は当時の記憶を失っており、母親の妹である茂子に引き取られ、育てられる。母とは仲が悪かった茂子だったが、藤子のことは大事に育ててくれた。しかし何かにつけて母親と似ているところを指摘される藤子はそのたびに「お母さんとは違う」と強い反発心を抱く。

     タイトルのインパクトが強いわりには、中身はそこまででもなかったかな…と思ってしまったのは自分の感覚がマヒしてしまっているのだろうか(苦笑)。カナリアが死んだのを自分のせいにされそうになったのを“証拠隠滅”するところから始まるフジコの衝動。大人になるにつれ、自分への同情心を味方につけて「大人ってちょろい」という思いで次々と罪を重ねていく。作中そこまで触れられてはいないが、死んだ両親から受けていた虐待が及ぼした影響は計り知れない。しかし最後まで読むと、このフジコが操り人形であり、裏にもっとどす黒い悪意が働いていたことが示唆されており、うすら寒い感覚を味わう。さすがイヤミス。この話の真相もわかる?続編もあるようなので、近々読みたい。

  • フジコが遭った小学生時代の虐め描写が一番印象的。ひさしぶりに怖いと思いました。別冊は物凄く意味深ですね。『インタビュー・イン・セル』でどう絡んでくるのか楽しみです!

  • ぐいぐい引き込まれるという点では文句なく面白いのだか、読後に物足りなさが残る。ストーリーだけがエグくて、グロくて目立ってしまい、登場人物の誰にも共感できないし、読んだらすぐに忘れてしまう、たぶん。しかし真梨幸子の作品に出てくる女性は、ことごとく親に虐待されていて、学校でも虐めにあっている。幸せの象徴は高層マンション?この設定はもう飽きた。

  • 退屈で退屈で。
    何がいいのか全然わからなかった。
    平山夢明さんからロマンと幻想を取り去ったらこうなるかな。
    飴村行さんを劣化させた感じもするな。
    私の読むセンスがないのか。
    嫌悪感は感じるけど、それだけ。
    喪失感でも爽快感でもいい、なんか別の感動が欲しかった。
    ミステリ的要素もないに等しいんじゃないでしょうか。
    悲惨さを盛り上げる情景を描き、そこに人物を配置していった。
    動機も相関も後付けしたように感じられる。
    誰でもいいし、どうでもいいし…
    携帯小説っぽくて好きな人は好きなのかな。

  • 最初から最後のページまで読まないと、もったいない。

    フジコの綱渡りのような生き方。
    どこかで抜け出せる隙間はあったのに、その隙間は選ばず下る道ばかり選んでいる。

    最初から殺人鬼だったのが、殺人鬼になる道を選び続けてしまったのか。

    フジコの人生は悲しいし、淋しい。
    でも、全てが許される理由にはならない。

    「私はフジコ」は、次の物語の背景を知るためには読む方が楽しめる。

    シリーズ全てを読むと、物語の始まりが見えてくる。

    私はフジコは、「インタビュー~」にセットの方が良かった……

  • とりあえず星3。
    最後の最後は蛇足に感じたけど、続きを読んだら印象変わるかも?

  • 初読み作家さんですがイヤミス系なのかな?
    最後も救いの無いような感じ・・・
    茂子の血をひく人はみんなおかしいこういう人になりたくないと
    強く思っていても気付かないうちに同じ人間になっている
    たまにはこういうグロいもの怖い物見たさで楽しんで読めちゃったけど次は明るい本が読みたい

  • 真梨幸子の「殺人鬼フジコの衝動(限定版)」「私は、フジコ」を読んだ。
    「私は…」は「衝動」のおまけ本。
    子供の虐待とイジメとサイコパスの物語。
    小説の中に小説が書かれているという構成。中の方の小説は(小説の中では)ノンフィクションということになっているのだが、一部(小説の中での)フィクションがあったりして、ややこしいことになっている。
    一人称視点のところと三人称視点のところもあってそれもややこしくしている原因。
    ややこしくしているのは作者の作戦なんだろうけど。

    これ、ちゃんと理解できたのかなあ?
    今ひとつ自信がなかったので、ググってネタバレサイトを見てみたりもしたんだけど、どうもしっくりこなかった。

    気になるから読み返すことに。

    でもまあエログロサイコパス小説ですよ。
    他人様にはあまりお勧めできないねえ。★3つ。
    そういうのが好きな人には良い本かも?

  • ああいう性格は受け継がれていくものと感じた。
    最後のページを読んでから読み始める性格をやめようとつくづく思った。

全165件中 1 - 25件を表示

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】に関連する談話室の質問

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】を本棚に登録しているひと

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】のKindle版

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】の単行本

殺人鬼フジコの衝動 限定版 【徳間文庫】の文庫

ツイートする