強請屋稼業 監禁 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 12人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 南英男
  • 徳間書店 (2013年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198936945

強請屋稼業 監禁 〈新装版〉 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 笑っちゃうくらい性欲の強い主人公と周りの人々。濡れ場の多さにストーリーをしばしば見失ったわ(笑)
    結局誰がフィクサーだったんだっけ?

全1件中 1 - 1件を表示

南英男の作品

強請屋稼業 監禁 〈新装版〉 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

強請屋稼業 監禁 〈新装版〉 (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

強請屋稼業 監禁 〈新装版〉 (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

強請屋稼業 監禁 〈新装版〉 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

強請屋稼業 監禁 〈新装版〉 (徳間文庫)の作品紹介

クラクションが交錯した。怒声も上がる。世田谷通りはパニック状態に陥っていた。街の何箇所かに爆発物が仕掛けられ、住人は封じ込められた状態だった。犯行声明には腐りきった権力者を抹殺していくと記されていた。愚かな政治家や財界人を嫌う強請屋見城豪も、恋人の帆足里沙を人質にとられて、事件に巻き込まれていく-。異端児が弱者を守るために大暴れ。巨大なスケールの物語が開幕。

ツイートする