本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

  • 4470人登録
  • 4.16評価
    • (706)
    • (638)
    • (279)
    • (59)
    • (13)
  • 672レビュー
著者 : 原田マハ
  • 徳間書店 (2013年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198937065

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

  • まず最初の結婚式のスピーチで感動し、
    その後の難しい政治家のスピーチも
    すんなり読むことができ、頭に入り、そして身に染みる。
    心に残る話でした。
    スピーチライターという仕事の本質を
    この本を読んではじめて知りました。
    その職業に大変興味をそそられるお話でした。

  • 政治家のスピーチや街頭演説なんて綺麗事や批判をただただ並べただけ、というイメージで今まで聞き流してきたが、こうして活字になって一言一句しっかり追っていくと案外心に響いてくるものだ。
    伝えたい、という想いに溢れたスピーチはどれも清々しく、言葉の力に改めて気づかされる楽しい作品だった。

  • 読後感が爽快。スピーチの魅力を再発見。言葉の力ってすごい。

  • 本日はお日柄もよく。
    結婚式のスピーチで昔よく出てきた、決まり文句。
    なかなか風流でいい。好きな言葉の響き。
    スピーチライターという職業があるらしい。

  • サクサク進んでいくのでペロッと読めた。
    途中から政治がメインになっていったのは意外だったが、政治に無関心だった自分にとってはかなり政治に対する意識を向けるきっかけになった。
    スピーチの文は本当に心に響いて涙腺にくるため、外で読んでいてもスピーチの文がくると気を抜くと泣いてしまう。
    もしこれが実際に抑揚をつけて聴いたらどんなものなのか気になるので、ドラマの方も少し見てみたい。

  • これを読んでからスピーチの話し方に注目するようになった。
    あー、とか、えー、と間に入れる話し方はスピーチっぽくはなるが大体話の内容は大したことがない。スピーチすることがあれば気をつけたい。

  • ⭐️⭐️⭐️⭐️
    スピーチライターという職業をこの本で初めて知った。依頼人からの情報を聞いて、依頼人の想いを言葉というカタチにして届ける。とても素敵だと思った。

  • スピーチライターに視点を当てた物語。書き出しからすごく読みやすく、物語上での結婚式のスピーチ文章さえうるっときました。恋愛に関しての結末は途中でよめましたが、結婚式での出会いから政治に物語が進んでいく部分も、すごくおもしろく、号泣しました。こんなに本で泣いたのは久々です。読み終わると気持ちもスッキリと明るくなれます。オススメ!

  • とても、面白いと思いました。
    話に入り込めて、スラスラ読める。ちょっとできすぎなところもありますが、この程度なら全然許容範囲。
    後半部分は、スピーチライターというよりもはや選挙コンサルタントのような役割になっている感じでしたが、そのスピード感はよし。
    実生活にも役立つのではないかというスピーチテクニックも多々あって、勉強になりました。が、結婚式のスピーチで「ただいまご紹介に預かりました…」とか「両家のみなさま、本日は誠におめでとうございます」とか言わないのはムリだろうと思います。

  • 三浦しをんの「舟を編む」同様に、「スピーチライター」という題材を選んだ時点でマハさんの勝利。しかし期待しすぎたのか、作品全体的なトーンの軽さが少し残念な感じ。

  • スティーブ・ジョブズ、バラク・オバマ、小泉純一郎……彼らはスピーチで世の中を変えた。発想や施策がどんなに優れていても、人々に伝わらなければ世の中は動かない。逆にたいしたことでなくとも、伝え方によっては世の中を動かすことができる。彼らには優れた(若しくはたいしたことのない)発想を伝えるだけのスピーチの力があった。聴衆を惹きつけ、世界を変えるスピーチの力が――。

    一方で、世の中は響かないスピーチで溢れている。校長先生による運動会の開会宣言、参列した披露宴でのエライ人の挨拶(大きな声では言えないが)。わたし自身もこれまでに何度か人々の前でスピーチや挨拶をする機会があったが、響かないスピーチになることもあれば、するすると言葉を紡ぎ伝わるスピーチができたことも(片手で数えられるほどだが)あった。その差は何なのかと頭を悩ませていたときに出会ったのが、この作品だ。

    主人公、二ノ宮こと葉は、幼なじみの結婚式で衝撃的なスピーチに出会う。その言葉を紡いだのは妙齢美女の久遠久美。スピーチライターという聞きなれない職業の女性。開始2時間の披露宴の、だらけた空気を一瞬にして変えてしまったマジックのような言葉の力に、これまでにない熱量の好奇心が湧いてきて、こと葉は久遠久美に弟子入りすることになる。

    こと葉は、同僚の結婚式で人生初のスピーチを披露。その後、本格的にスピーチライターの仕事に足を踏み入れたこと葉に舞い込んできた仕事は、政権交代を目指す野党のスピーチをつくることだった。

    スピーチライターという聞きなれない職業をテーマにした、所謂「お仕事小説」。22万部を突破し、WOWOWでのドラマ化も決まっているが、エンターテインメントとしての小説の魅力だけではなく、新しい世界に飛び込む勇気をくれる、さらにスピーチのノウハウも学べる、言葉の偉大さ、伝えることの大切さを教えてくれる、最高の読み物だ。少なくともわたしにとって、このタイミングでこの小説に出会えたことは運命だった。

  • 人に薦められたので読んでみた。
    が、自分にはさほどピンと来なかった。

    小説の中のスピーチは良くできているようで、しかし、心に震えるものが特になかった。
    言葉の力というものは確かにあるだろうけど、言葉だけで人の心を動かしているわけではないのだろうと思うが、この本にはそこが抜けていた気がして、それが入り込めなかった理由だろう。

    耳障りのいい話は、一方では胡散臭いともとられるのが世の常で、そこはテクニックでひたすら上手い話をすれば人の心が動くものではないと思う。

    その辺りの人間観察の部分がなんか甘い気がしてお伽話だなという感想しかない。
    恋愛小説として面白いとも思えず、あまりピンと来ず。

  • 面白かった!原田マハさん、こういった話も書かれるんだなぁとビックリもした。

  • 20170429


    原田マハさんの作品は2冊目。

    1冊目の でーれーがーる を読んだ感想は、やはり女流作家は、なんとなく軽く、妄想感が否めず、どうしてもの感銘できないという感じだった。

    最近、仕事上の知人から、本作が面白かったと進められ、本屋で目に止まった。

    どれ、軽い気持ちで読んでみるか。あまり期待はせずに。
    ところが、読み進めるうちに、その予想とは間逆に、面白い。深い。素晴らしい。

    スピーチライターという仕事に猛烈に興味を抱かされた。

    そして、作中にある言葉に、何度もウルっと来てしまった。

    読んで良かった。自分も誰かに進めたい。そう思える作品に出会えた。

    原田マハさんの他の作品も読みたくなった。

  • 普通のOLがひょんな事からスピーチライターを目指す話し。言葉の力を感じました。

  • 年齢的にもう友人の結婚式に出席する機会はないだろうと思っていたら、何年かぶりに先月その機会がありました。しかも1カ月に3度も。招待客の誰もがスピーチを頼まれるのは緊張するから嫌だと思っているからか(笑)、昔に比べるとスピーチする人がうんと減っているようですが、それでもいくつかのスピーチは拝聴。この作品はタイムリーです。

    製菓会社に勤めるOLのこと葉は、ひそかに想いを寄せていた幼なじみの厚志の結婚披露宴に招待されて凹みまくり。主賓のスピーチがあまりに退屈で睡魔に襲われたが、その後登場したある美人女性のスピーチが素晴らしく、心を奪われる。翌月に親友の結婚披露宴にも招待されていること葉は、スピーチを頼まれている。あの美人女性にスピーチの極意を指南してほしいと、厚志から彼女を紹介してもらったところ、彼女は伝説のスピーチライター、久美だった。久美の言葉に魅せられたこと葉は、自身もスピーチライターを目指すのだが……。

    スピーチ十箇条から始まる序盤はとても面白い。久美に弟子入りしてからのこと葉は、話し上手ではなく聞き上手になり、着るものの趣味まで変わります。親友の結婚披露宴でのスピーチは、読んでいても泣けるほど。中盤以降、選挙に参加するようになると、話はちょっぴり退屈に。この演説で私は心を打たれるだろうかと考えるとそうは思えず、冷ややかな目で見てしまう部分があります。

    本作に並ぶスピーチを読んでいて、考えることはいろいろ。会社の偉い人や学校の先生、さまざまな会場で大勢を前にして話す人が、最近の子ども若者は人の話を聴かないと怒ることがあるけれど、聴かせられない自分にも問題があるのではと思うことがしょっちゅうあります。そういう人たちにはぜひ本作を読んで、人が聴きたいと思うような話し方を考えてほしい。

    「言葉っていうのは魔物だ。人を傷つけも、励ましもする。この魔物をどう操るか。それは、話す人次第なのだ」。作品中の言葉です。

  • 伝説のスピーチメーカーに憧れてプロを目指す女の子の話。人を動かすスピーチに泣ける。

  • スピーチライターという仕事を通して主人公の成長を感じる内容と思いきや、より大きなテーマの下に臨場感たっぷりに進行する展開はさすが。人の強さに勇気を持たせてくれる素敵な一冊でした。

  • スピーチライターという普段馴染みのない職を知ることが出来て面白かった。
    言葉の持つ強さを感じさせられた。
    そして、意外に泣かされた。

    政治についての部分は、フィクションでありながらも結構現実に沿って描かれているので、分かりやすく想像しやすいという一方で、実際の政治家や政党がちらついて煩わしくもあった。

  • 読了。
    初めて読んだ作家さんだけど、軽快にストーリーが進み最後も可愛らしい終わり方で良かった。
    普通の家ではあり得ない状況だけど。。
    主人公が土屋太鳳さん、広瀬すずさんあたりでドラマ化されそう。

  • 原田マハさんの本はこれが3冊目。
    売れっ子作家であり、文体も軽めの彼女は、私の好きなタイプからは程遠い作家だと思うのだが、何故か嫌いになれない。最初に読んだ本「キネマの神様」が素晴らしかったからもあると思う。ただ、うまく説明できないが、それだけではないとも思う。
    スピーチライターを取り上げているこの「本日は、お日柄もよく」は、主人公こと葉をはじめ、登場人物たちは見事にいい人たちである。それが原田マハに流儀なのかもしれない。次々に起こる出来事も、ドラマ的である。でも、原田マハはそうしたいかにもの設定が陳腐なべたドラマになるようなことはしない。むしろ楽々と言葉で越えていく。スピーチライター自体が言葉で戦う仕事だが、作家としての彼女のもまさしく言葉の力で物語を紡いでいく。
    決して重くならず、でも、軽すぎず。絶妙なバランスで描かれること葉たちの物語は、お決まりのハッピーエンドという大団円になって、ちゃんと感動する。
    久しぶりに読破したいと思った作家に出会った。

  • ずっと涙がほろほろ

  • 普通のOLだったこと葉が片思いしていた幼なじみの厚志の結婚式で「言葉のプロフェッショナル」こと久遠久美のスピーチに感銘を受け、スピーチライターを志すことになるお仕事小説。
    題材はおもしろいと思うし、同じく原田マハ作品『キネマの神様』の映画レビューのようにそれぞれのスピーチも印象的。ただ物語が選挙戦に突入してからイマイチ乗り切れなくなってしまった。結構現実に即して書かれている部分が多いからこそ、仕事を辞めて収入はどうするのかなどといった話も描かれこと葉の覚悟が伝わる一方で、欠点がある。それは今、すでに民主党による政権交代は失敗に終わってしまっているということ。現実に寄せすぎてしまったからこそ、読む時期によって受け取られ方が異なる本になってしまったかなあと思う。
    前半での期待感がすごかったからこそ、少し残念に感じてしまった。

  • そのうち読みたいなぁと思っていた本。通勤帰りに読む本が無くて買って見ました。途中で何度か泣かされました。
    確かにスピーチって面白い。人の心に響く演説とそうでないお話は何が違うんだろうって考えながら読むとこの教訓が色々見えてきてそれも面白い。言葉使いってこういう人達の事を言うんだろうなぁなんて感心してしまいました。

    政権交代は民主党時代のスローガンだったなぁ。あの時の選挙は熱かった。それが今や…と考えると少し悲しくなりますがでもあの時変えた事は間違いでは無かったと私は思います。まあその後のグダグダで強固な保守派が増えたような気がしますが…

    というわけで楽しく読んだのですがなんかお話しが急展開過ぎてその辺りはポカーンという感じでした。結婚式からいきなり選挙か、という感じ。なんか良い事言ってる感じだけど結局二世議員ってどうなの?いや、お父さんは立派な議員だったかもしれないけどさ、その息子ってだけで党首が押すってのがなぁ… それまでずっと一緒に働いてきた議員とかは居ないのか。
    後なんでヒロインはワダカマを最初から最後の方まで敵視してんだろ。さらに言えばなんでワダカマは彼女に注目してたんだろってのが少女漫画みたいな展開でちょっとモニョっとしました。
    妊婦の救急車搬送の事件もなぁ… きちんと定期的に診断を受けていてかかりつけの医者が居る場合で、しかも都心近くで1時間って… ちょっとお話的に盛りすぎじゃないのかなぁと思いました。

    スピーチと政治、が切り離せない感じが面白かったような反対にちょっと鼻白んでしまったようなで評価が揺れました。けれども面白かったし、泣かされもしました。それは間違いない。

  • 千華へのスピーチで泣き、党首からの抜擢では鳥肌が立った。
    そこから何度も目が潤んで、読み終えた今、とても清々しい余韻に浸っている。

    静、印象的な言葉で引き込み、自分の覚えやすいエピソードを盛り込むことでメモは一切見ず、だんだん盛り上げ、情感のこもった言葉で締めること、呼びかけから始めること、相手の話を聴くこと、語尾は伸ばさないこと、、
    スピーチって、言葉って面白い。

    熱く、リアルな小説でした。
    原田マハすごい。

全672件中 1 - 25件を表示

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)に関連する談話室の質問

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)に関連するまとめ

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)の単行本(ソフトカバー)

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)のKindle版

ツイートする