本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

  • 4986人登録
  • 4.16評価
    • (790)
    • (690)
    • (319)
    • (61)
    • (18)
  • 749レビュー
著者 : 原田マハ
  • 徳間書店 (2013年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198937065

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

  • とても読みごたえがありました。

    こちらの物語の中の軸となるのが『コトバ』。
    読み進めていくと、いろんな場面が巧みに繰り広げられ、導入から最後まで飽きることなく夢中になって読みました。
    感情移入しては涙ぐんだり、見事に原田さんマジックにかかってしまいました。

    何気ないコトバで相手を傷つけることもあるし、勇気づけたり、励ますこともできる。言葉のもつ正負の部分をその都度見極められる人になりたいと強く感じました。

    この本に出会えてよかったな。大切な一冊になりました。言葉のもつパワーをもっと感じ取れるようになりたいし、彼女の作品をもっともっと読んでみたくなりました。

  • お仕事小説はたくさんあるけど、スピーチライターを扱った作品を読むのは初めて。
    その題材に興味をひかれて手にとり、読みやすさからするする一気に読み進められた。

    ただ、正直な感想を言えば、期待しすぎたかなという感じ。

    作品中で登場するスピーチは(もちろん良いスピーチではあるけど)、スピーチライターという職業にスポットを当てているにしてはインパクトがないし、深い心理描写や細かな人物描写もない上にストーリー展開もあまりに全てがまるく収まりすぎていて揺さぶられなかった。
    そのせいで、登場人物にもストーリーにも共感ができなかった。
    繰り返しになるような内容や文章も多かったように思う。

    また、政治的な思想が伝わってくる小説が好きじゃないことも、好感を持てなかった一因かもしれない。

    ネガティブなことばかり書いてしまったが、起承転結がハッキリしていて分かりやすいし、2時間ドラマにするにはいいんじゃないかな。

  • 良かった。すごく、すごく良い本だった。
    言葉には人の心を動かす力があると私もずっと信じてきたけれど、これほどまでに言葉の力に揺さぶられたのは久しぶりだった。
    そして、読み始めて50ページほどで涙が溢れそうになったのは初めてだった。

    レビューでたくさん目にした台詞が一体どこで出てくるんだろうと思っていたけれど、出てきた途端に目頭が熱くなった。
    運悪く電車の中だった私は、こみ上げる涙を、嗚咽を堪えるのに必死だった。
    忘れられない言葉になった。

    良い本だった。
    出会えて良かった。読めて良かった。
    そう、感謝したくなるほどに。

  • お気楽OL主人公こと葉が友人の結婚式でであったスピーチライター久遠の素晴らしいスピーチに触れ、またその素養により久遠のもとで劇的な成長を遂げていく。スピーチという言葉の力により、聴いた人々は感動し、幼馴染であり好意を寄せていた厚志の進むべき道をも変えて行く。本編に散りばめられた数々のスピーチに感動するとともに最後に良かった!と素直に思える作品。

  • 年齢的にもう友人の結婚式に出席する機会はないだろうと思っていたら、何年かぶりに先月その機会がありました。しかも1カ月に3度も。招待客の誰もがスピーチを頼まれるのは緊張するから嫌だと思っているからか(笑)、昔に比べるとスピーチする人がうんと減っているようですが、それでもいくつかのスピーチは拝聴。この作品はタイムリーです。

    製菓会社に勤めるOLのこと葉は、ひそかに想いを寄せていた幼なじみの厚志の結婚披露宴に招待されて凹みまくり。主賓のスピーチがあまりに退屈で睡魔に襲われたが、その後登場したある美人女性のスピーチが素晴らしく、心を奪われる。翌月に親友の結婚披露宴にも招待されていること葉は、スピーチを頼まれている。あの美人女性にスピーチの極意を指南してほしいと、厚志から彼女を紹介してもらったところ、彼女は伝説のスピーチライター、久美だった。久美の言葉に魅せられたこと葉は、自身もスピーチライターを目指すのだが……。

    スピーチ十箇条から始まる序盤はとても面白い。久美に弟子入りしてからのこと葉は、話し上手ではなく聞き上手になり、着るものの趣味まで変わります。親友の結婚披露宴でのスピーチは、読んでいても泣けるほど。中盤以降、選挙に参加するようになると、話はちょっぴり退屈に。この演説で私は心を打たれるだろうかと考えるとそうは思えず、冷ややかな目で見てしまう部分があります。

    本作に並ぶスピーチを読んでいて、考えることはいろいろ。会社の偉い人や学校の先生、さまざまな会場で大勢を前にして話す人が、最近の子ども若者は人の話を聴かないと怒ることがあるけれど、聴かせられない自分にも問題があるのではと思うことがしょっちゅうあります。そういう人たちにはぜひ本作を読んで、人が聴きたいと思うような話し方を考えてほしい。

    「言葉っていうのは魔物だ。人を傷つけも、励ましもする。この魔物をどう操るか。それは、話す人次第なのだ」。作品中の言葉です。

  • 言葉ほど不思議なものはない。
    意志の疎通をはかるために生まれたものなのだろうが、言いようひとつ、表現ひとつで癒しにもなれば刃にもなる。
    言葉の持つ力に魅せられた主人公・こと葉は、伝説のスピーチライターのもとで学び始める。
    相手の性格、考え方、趣味、何のためにスピーチなのか、何を一番伝えたいのか。
    スピーチライターが原稿を書くためには、把握しなければならないことが多い。
    感動的なスピーチ。
    記憶に深く刻まれるスピーチ。
    激戦を予想される選挙戦でのスピーチ原稿のため、こと葉は幼なじみの厚志の影のサポート役を引き受けることになる。

    物語の本筋とは関係ないけれど、最初「こと葉」という名前を聞いたときは「言の葉」から付けた名前だと勘違いしていた。
    なんてスピーチライターにピッタリな名前だろう。
    きっとスピーチライターになることが運命だったんだ・・・と。
    結局は勘違いだったのだけれど、それほどこの「こと葉」という名前は物語にあっていた。
    言葉は人を活かし、人を殺す。
    どうせなら、あたたかい優しさがこもったような言葉を使って生きていきたいものだ。

  • 普通のOLが、スピーチライターとの出会いで、成長していく物語、というとシンプルだが、とにかく言葉の織りなす深い力が最初から最後まで、一貫して伝わってきた。そして、魅力的な人物たち。ひとりひとりが才能がある賢い人たちだけれど、それぞれに努力で切り開いてきた過程が、また胸をうつ。軽妙で「まっすぐな」文章に、素直に感動した。

    正月から素敵な本に出会えて、本当に本当に良かった!と思った。

  • 原田マハさんデビューなう♡真っ白い襟のような文章という印象です。
    134ページに「言葉はきらきらした魔物。どう扱うのもスピーカー次第。人を温めも、傷つけもする魔物。」といった文章が伝えられます。とっても印象に残っています。
    師匠の存在も、どの人もとてもステキ。
    ワダカマの師匠、北原正子さんのお母さまの遺した二行が特に、それだけじゃなくマハさんの文章のなかには、言葉の持つ力と、読者への敬意を想うことができて、優しく暖かい気持ちをくれます。魔物を読者のため、大切に扱っておられる印象を受けます。

    巨大野党の参謀の二世が幼馴染という設定から、添えられる程度に政治が絡んでくるのかと思っていたのですが、主題かと思うくらいこころに響きました。政治は誰のためのものか、それは私たちや私たちの大切な人々の日々の暮らしのためのもの、ということに立ち返らせてくれる演説の数々は、まっすぐ胸に届きました。
    言葉はこころを躍動させもするけど、それぞれがしっかりしなければ魔物が牙をむいて、足元を崩しかねないこともある。しっかりしなければ、と思います。

    「本日は、お日柄もよく」というあのスピーチが、こんなエンディングに繋がるなんて。
    これからの毎日に、誠実な、できることなら暖かい「私」のスピーチライターになりたいと思います。
    大切な暖かな人々のために♡
     
    PS こと葉ちゃんに「パナソのデッキだったら早送りしてもワンクリックめなら音声ちゃんとでるよ。せわしないけど」って教えてあげたい。単純な作業なら時間の節約ができる。
    それから、政党は、選挙期間にアピールできないなら、普段から政策とその成果をいつも定期的に具体的に伝えてくれたらステキ☆

  • スピーチライターに視点を当てた物語。書き出しからすごく読みやすく、物語上での結婚式のスピーチ文章さえうるっときました。恋愛に関しての結末は途中でよめましたが、結婚式での出会いから政治に物語が進んでいく部分も、すごくおもしろく、号泣しました。こんなに本で泣いたのは久々です。読み終わると気持ちもスッキリと明るくなれます。オススメ!

  • とても、面白いと思いました。
    話に入り込めて、スラスラ読める。ちょっとできすぎなところもありますが、この程度なら全然許容範囲。
    後半部分は、スピーチライターというよりもはや選挙コンサルタントのような役割になっている感じでしたが、そのスピード感はよし。
    実生活にも役立つのではないかというスピーチテクニックも多々あって、勉強になりました。が、結婚式のスピーチで「ただいまご紹介に預かりました…」とか「両家のみなさま、本日は誠におめでとうございます」とか言わないのはムリだろうと思います。

  • 2017、最初のレビュー。

    いやはや参りました、原田マハさま!
    今年のカレンダーを買ってないことに気づき向かった書店で
    この本がワタシを待っていた。としか思えない出会いでした。

    も〜なに?
    このジャケットの素敵なこと、
    ひらりとめくった最初の一文から惹きつけられる感じ、、、

    読みはじめたら止まらず、トイレも忘れるほどの一気読みは久しぶり。
    ヤバいです。ぐんぐん読ませるのに、
    時折ぐぐっと喉の奥が締め付けられて、熱いものが込み上げてくる。

    手帳に書き留めておきたい素敵な言葉がいっぱい。
    どれかは言わない、このシンパシーはワタシだけのものだから。
    ぜひ、あなたも、琴線をくすぐる言葉を見つけて下さい。
    超おすすめです。

    2017.1.1 本日はお日柄もよろしく、新年読書生活、好スタートです。

  • 書店でよく見かけるなぁと印象に残っていた本作。
    職場の読書家ジョシのおススメもあり、東野圭吾作品漬けからちょいと離れて新たな視点と気分転換を...とばかりに手に取った本作。
    すっかりどっぷりハマってしまい、一気に読了してしまいました\(^o^)/

    言葉の力、スピーチの力。自分を変え、聴衆の心をつかみ、社会をも変え得る力。
    物語を通じて、主人公の二宮こと葉のスピーチライターとしての、また人としての成長を追いながら、優しく、力強く、時には涙とともに、そんな力を実感できる良作です。

    人と人とのコミュニケーションはなかなかに難しい。

    言葉を選び、伝え方を磨き、「静」の文字を心に浮かべて語り掛ける。そんなスピーチが本作のメインです。
    一方で、ただひたすらに相手の言葉に耳を傾ける、言葉を使わずただただ優しく抱きしめる...
    言葉を介さず、言葉を主体的に発することなく、伝えあい・つながりあう。
    伝えることでつながり、伝えないことでより一層つながることもある。
    そんな姿も本作の大きな魅力のひとつだと思います。

    そして、本作には、言葉に関連するとても印象深い表現が至る所に散りばめられています。
    『きらきらした魔物』
    『言葉は書くものでも読むものでもない。操るものだ。』
    (スピーチは)『気持ちよく緊張して挑む』
    『真実の灯』
    などなど...

    ワタクシ自身の来し方を振り返ると、言葉にしたこと・できなかったこと、伝えたこと・伝えなかったことやその方法などについて、必ずしも大事にしてこなかったなぁ...と反省することしきりです。

    よいときによい作品に出逢えたように思います。
    今からでも遅くはない。言葉に、人に、きちんと向き合ってまいりましょう。
    そんな気持ちにさせてくれる良作。
    『いますぐに、まっすぐに。』

  • 装丁に一目惚れして、ずっと読んでみたかった本。原田マハさんの小説は、伝えたいことがわかりやすくて、すがすがしい。
    だからぜひ、今年選挙権をもった18歳の子達に読んでもらいたいと思った。

    「まっすぐに、いますぐに」
    そうしたい瞬間があるなら覚悟を決めてがんばらなきゃいけない。
    一方で、そういう瞬間って、自分の気持ちに敏感にならないとわからない。自分の気持ちに敏感になることで、人のことに気づけるようになるとも思う。
    上手じゃない、経験も浅い、でも「まっすぐに、いますぐに」の衝動を胸に走り続ける主人公に勇気をもらった。こういう風に仕事をしていいんだって。恋愛までうまくいくのは、小説ならではだよな~とこの世代だからこそ思う。現実では、仕事に邁進してたらなかなかこうはいきません(;^_^)
    この小説、とある講演を聞きに行く電車内で読んだのですが、そのスピーチがまた感動的で、小説の内容と被ってものすごい泣けた。聞き手への配慮と自分の思い。まずはここから。
    あと泣いてしまうので電車で読むべきではない。

  • 言葉に興味が有るのなら読んだ方がいいと薦められた本。
    選挙戦を左右するスピーチライターの話だから都知事選を目前にした今、タイムリーな内容でもあり、言葉の力を信じるという一貫したテーマは私にとって非常に共感出来るものである。
    言葉そのものの力は、どこでどういう状況でどういう心情でその言葉を使うのかによって変わってくる。魅力的な言葉も一歩使い方を間違えれば台無しになることだってある。
    けれど結局最後に行き着くのは、どんなに言葉を駆使しても真に言葉に力を与えるのはそれを使う人間の生き方そのものである、ということなのだと思う。

    これまで読んだ原田マハさんの小説はどの小説も、読んでいるといつも心の底から浮かんでくる共通する思いがある。

    「あぁ、私もこの世界に行きたい、仲間になって一緒に働きたい!」

    それだけ登場人物が魅力的なのだ。
    主人公も主人公に関わる人々も。
    それぞれの生き方も。

    「いますぐに、まっすぐに」

    私のモットーに加えようかな。

  • 2016.6.17

    言葉が世界を変える
    なんて私好みのテーマ!

    言葉でこんなにも胸が熱くなったり、暖かいものを伝えられたり
    使い方次第でこんなに違うんだなと勉強にもなったし、嫉妬もしました。
    どうせ使うなら、人を傷つけるのではなく、救える言葉に、支える言葉にしたい。
    だけど、言葉はとても難しくて、言ってしまうのは簡単なのに、その一言が取り返しのつかない重みを持つ。
    そうやって、何度落ち込んだり、後悔したりしてきたか。

    主人公であること葉が、どのような訓練をしてスピーチライターになったかがあまり書かれていないが、こと葉の真っ直ぐさが生かされたスピーチライターなのだと思う。
    原田マハさんの言葉の力、文章力、表現力。素晴らしい。うらやましい。

  • スピーチライターという、日本ではまだあまり知られていない職業を中心に描かれているお仕事小説でありつつ、主人公の二ノ宮こと葉の恋愛も絡めた恋愛小説の要素もありつつ。
    ストーリーの流れは言ってしまえばとてもベタなのだけど、時々挟み込まれる素晴らしいスピーチの数々(披露宴でのスピーチ、弔辞、政治家のスピーチetc)に何度も胸が熱くなったり、スピーチライターというあまり馴染みのない仕事が興味深く読めたので、その面白さだけでベタなストーリー展開はあまり気にならない。
    というか、こういう小説はむしろ、ベタな方がいいのかもしれない。
    挫折のような出来事のあと、出逢いとともに気づきがあって、めちゃくちゃに揉まれながらも最終的には爽やかな気持ちになれるところに行き着く。
    ストレスのない、爽快感抜群の読み心地だった。

    言葉で人の心を惹きつける。それは難しいことのように見えて、きちんとセオリーがある。
    私自身はスピーチする場面に出くわすことは無いに等しいけれど、もしもこれからそういうことがあった時には、きっとこの小説を思い出して開くだろうと思う。
    ざわついている聴衆が静まる瞬間を掴むこと、余計なことは言わずシンプルな構成の言葉で伝えること。原稿は見ないこと。
    確かに、披露宴なんかで「この人のスピーチ良かったな」って感じる時って、そのセオリーが守られてたかも、と読んでから思った。
    そしてそういう良いスピーチが出来てる人は案外少ないということも。
    それはもしかしたら、セオリーとともに人間性が表に出る瞬間だから、なのかもしれない。

    政治の要素も多分に含まれているのだけど、政治家も言葉に力がある人にはなぜか惹かれてしまうっていうこと、あるよね。言ってる中身をよくよく考えてみたら大したこと言ってなかったりするのに。笑
    素晴らしいスピーチの陰にはスピーチライターあり、なのかも?と、これから気にして色んなことを見てしまいそう。

  • 結婚式のスピーチから始まり、会社のプレゼン、選挙へと…
    政治の話になるとは思わなかった!

    言葉のプロの仕事の話を書けるって…
    作者さんの力量に感嘆。
    よっぽど言葉選び、伝えることに自信が無いと、作れないよなぁと。

    解説も良かった。

  • 私も解説の東えりか氏と同様、原田マハの『楽園のカンヴァス』を読んで、その静謐な中のドキドキ感にヤラれた人間の一人である。

    で、もう一冊読んでみよう、と思った直感は我ながら正しかった。

    話は、披露宴のスピーチから始まる。
    誰もが一目置き、笑いを交えながらも皆を祝福に導く言葉の紡ぎ手との出会い。
    そこから会社のプレゼンテーションや、CMのキャッチコピー、選挙演説とカタチを変えて展開されていく。

    私たちは読者なので、こうした「声」を伴うものを、原稿レベルの文字として読んでいるという頼りなさが本当ならある。
    しかし、作者は読者のそうしたもどかしさを、最大限「想像力」に変えていこうと働きかけていることがよく分かる。

    言葉の持つ力。
    ありきたりだけれど、人が言葉に思いを乗せて発する力に感動した。

    そうして、そんな言葉を紡ぐことが出来る作者の思いにも、やっぱり感動した。

    更に、私が私であることの、伝えていくことの勇気ももらった。素晴らしい一冊だと思う。

    政治色が濃いのでは、という意見もあるかもしれない。私も途中、もっとありきたりな流れにすれば良いのに、と思った。
    けれど、私が「聞き流して」きた沢山の言葉に気付かされた気がして、ハッとした。

    特に高校生や大学生に読んで欲しい。
    少しストーリーから離れた年代ではあるけれど、これからの自分を見つめる上での「よりよき変化」を担う一冊になると思う。

    解説も、良かった。

  • 読んでいる途中にレビューを残したくなったのは、初めてです。物語はもう終盤だけど、読み進めたいような、こと葉の闘いをまだ見ていたいような。

    読んでいて、自分の仕事に真摯に向き合おうと思いました。ここに出てくる人の真剣さに心打たれ、この気持ちを忘れたくなくて、書き留めます。

    この先の結果がどうであれ、この物語は私の意識を揺さぶりました。私も心揺さぶる仕事がしたいと感じました。また、そういうチャンスを与えられていることに気づかせてくれました。ありがとう。

    追記。
    清々しい後読感。好きな本になりました。

  • 「言葉のプロフェッショナル」久美さんのスピーチに、こと葉と一緒になって感動した。涙出た。
    スピーチライターという職業を通して、選挙の裏側もちょこっとだけ知って……選挙の見方が変わるかも。
    投票に行ったり行かなかったりだったので、きちんと行こうと思いました(´_`)

    この本は表紙も大好き!
    縁起がいいので、表紙を前にして本棚に飾りたい♪

  • スピーチライターとして成長していく、こと葉。
    言葉によって
    誰かの心を動かすということは、難しく、そしてなんと強烈なことであろうか。

    最近、心を鷲掴みにされ、揺さぶられたことがないなあという人にもオススメの一冊でした。

  • 後半は政治の話が濃くなってくる。
    政権交代、オバマ大統領(キーワード「チェンジ」)の話はまだまだ記憶に新しいので、なるほどねと読めたけれど、では何年もたったあとに読んだときに今読んだリアリティを感じることができるのかとちょっと疑問。
    どんどん展開が広がっていくし、いろんな要素がでてくるのですらすらと読めたけど、
    最後はちょっとうまくまとめたというか、さらっとおわったなという印象が残って、途中までよかっただけに残念だった。

  • 原田マハさんの【本日は、おひがらもよく】
    【独立記念日】ですっかりファンになった原田マハさんの最新刊です。
    いやぁ~!!期待通り面白かった~♪

    OLの二ノ宮こと葉がスピーチライターに弟子入り。
    そして、選挙のスピーチライターに大抜擢!!
    スピーチライターという職業にもとても興味がわきました。

    前半に出てくる結婚式のスピーチ。
    なるほど・・・。人の心をつかむスピーチってすごいのね!と、ちょっと感動。
    でも、こんなスピーチ、聴いたことないぞ!と思ったり。
    後半の選挙で人の心を動かすスピーチもすごいなぁ・・・と思いながら読んでいたところ、
    参議院選挙公示により、TV画面には各党党首が勢ぞろい。
    なんてタイミングでしょ!!
    で、安倍首相のスピーチを聞いてみたけれど、言葉が右の耳から左の耳へと通り過ぎていきました。
    ふと、思った。
    各党党首のみなさんにもスピーチライターがいらっしゃるんでしょうね・・・

    当たり前のことに今更ですが、「ことば」ってすごいねぇ~!!

    この本から
    「困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。
    三時間後の君、涙がとまっている。二十四時間後の君、涙は乾いている。二日後の君、顔を上げている。三日後の君、歩きだしている。
    どうだい?そんなに難しいことじゃないだろ?だって人間はそういうふうにできているんだ。
    とまらない涙はない。乾かない涙もない。顔は下ばかり向いているわけにもいかない。歩き出すために足があるんだよ。」

  • スピーチライターを主題にした小説だが、作品中に出てくるスピーチはあまり感動的なものがなく、主人公とともに心動かされることはなかった。評価できる点は、スピーチライターという点に焦点を当てて話が進んでいく点である。不必要に恋の要素が入ってきたりして興ざめする作品が多いが、この小説は恋関係は最小限に抑えられていて、主題が散在しないちょうどいい塩梅で抑えられている点が巧みであった。

  • 今となっては、政党の交代の部分が色褪せてしまっているが、作者がスピーチライター見習いのこと葉やその師匠の久美に託した「言葉への思い」がよく伝わる一冊。

全749件中 1 - 25件を表示

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)に関連する談話室の質問

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)に関連するまとめ

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)の作品紹介

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)の単行本(ソフトカバー)

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)のKindle版

ツイートする