孤鷹の天 下 (徳間文庫)

  • 40人登録
  • 4.10評価
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 澤田瞳子
  • 徳間書店 (2013年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198937423

孤鷹の天 下 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • http://wp.me/p7ihpL-pa


    賀陽豊年は実在の人物。
    作中でも早くから漢詩の才能があると言われている彼だが、後年文章博士にまでなったというから、学生の立場から教える方になったわけだ。
    漢詩に限らず、学者としての才能があったのだろう。
    この本の中で、自分に一番影響があったのがこの牡鹿嶋足。
    蝦夷生まれの生粋の武官であり、物事の考え方もいたってシンプル。腹芸のできない人物として描かれる。東北の歴史に少し興味が出てきているので道嶋嶋足としての嶋足も読みたい。

  • 澤田瞳子の歴史小説オモロいよ、という評判を聞いたので読んでみた。
    評判にたがわず読み応えのある良い作品、しかも、これデビュー作らしいが、そうとは思えない手慣れた筆さばきで、飽きさせない。これ以降の作品も大いに期待できそうである。

    日本史選択の人なら知ってるだろう「藤原仲麻呂の乱」というマイナーな事件を背景にしているところが通好み。ちなみに俺は世界史選択で、この事件はどっか(多分高校で日本史授業の時居眠りしながら)聞いたことある程度だったのだが、特に違和感なくグイグイ読めた。だから設定は通好みでも大丈夫です、念のため。

    融通が利かず、権力におもねり、過大な税金を搾取し、それを無駄遣いする、時には悪徳商人からワイロをもらい、一般人の貧困な生活を振り返らずに絢爛豪華かつ権謀術数の毎日を送る悪人ども…。世の中の官僚に対するイメージってのはこんな感じ、俺もそんな風に思っている。

    しかし、この小説に出てくる官僚は、こういう典型的なんではない。新羅(この小説の少し前に日本は壬申の乱で敗れている)や大唐に負けない強いて良い国体を作るために、彼らなりの考え方で学び仕事し努力研鑽する人々がほとんどである。それでも世の中は乱れて行くし、政治は混乱するし、内乱が発生する。

    官僚も、政治家も、君主も、自分が正しいと思う方向で国を導こうとする。しかし、そこに妙なベクトルがかかって歪んでいく。権力の誘惑というのは相当に強く甘いものなのだろう。権力を行使するには権力を制御できるだけの忍耐力と自制心が必要なんだけど、学問や心身の鍛練を相当に積みこんでも、それが身につかず煩悶し葛藤する人々の姿が、この小説では浮き彫りになる。

    目指すところは一緒でもその道筋が違う。自分の道筋を主張するあまり、他の考えと対立する。そこに権力の甘い魔力が加わり、争いを起こす。理想からかけ離れて行く常道だと分かっていても、有史以来人間はひたすらこれを繰り返してきた。

    理想の国家を目指す心意気はよし、ある程度であれば国民の義務が増えるのも我慢しよう。しかし、自らの理想国家に固執して、国を…もっとベタに言えば俺たちの平穏な生活をおびやかすようであれば、その政治はダメである。その政治家や官僚は道を誤っている。今の日本は道を踏み誤ろうとしていないだろうか…。

  • 澤田瞳子のデビュー作。
    藤原仲麻呂権勢、阿部上皇(孝謙天皇)の時代。遣唐使をめざして大学寮に学ぶ少年、奴隷の青年との友情と離反など。

    身分格差の問題は『満つる月の如し』にもあったが、時代劇学園物だった上巻の後半、きなくさい政争に巻き込まれて、大学寮の自治が危ぶまれる。

    全共闘世代の大学紛争や、昨今の高学歴での就職難などがオーバーラップする。著者が院卒だからこそ書ける話。

    登場人物の凡ては決して善人ではなく、それぞれが過ちを犯しつつ、最後に義のために戦う。ある者は武力で、ある者は知恵で。

    斐麻呂の初志が潰えたかに思えたところで、あのラスト。友の志を継いだ赤土の姿に涙する。

    此の作家はまるで,その時代にまぎれこんだかのような描写がたくみ。そして群像劇がうまい。一気読みした。

全3件中 1 - 3件を表示

孤鷹の天 下 (徳間文庫)のその他の作品

澤田瞳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
朝井 まかて
恩田 陸
宮部 みゆき
澤田 瞳子
有効な右矢印 無効な右矢印

孤鷹の天 下 (徳間文庫)はこんな本です

孤鷹の天 下 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

孤鷹の天 下 (徳間文庫)の作品紹介

若者たちの不安を煽るように、仏教推進の阿部上皇派が大学寮出身者を排斥し始め、儒教推進派の今上天皇・大炊帝との対立は激化していった。斐麻呂が尊敬する桑原雄依は、儒学派から崇仏派に寝返った高向比良麻呂を襲撃し、斬刑に処された。雄依の無二の親友で弓の名手であった佐伯上信は、義に殉じた雄依の心を胸に、大炊帝とともに最後の戦に臨む。権力や理不尽の中で生命を賭して「義」を貫こうとする大学寮の学生たち。彼らの思いはどこへ向かう?

ツイートする