なぜ泣くの (徳間文庫)

  • 13人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小手鞠るい
  • 徳間書店 (2014年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198938659

なぜ泣くの (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生活に疲れた主婦が若い男性の元へ通う。
    女性しか愛せない。
    そんな普通ではない恋愛が官能的に描かれている。

    2017.8.31

全1件中 1 - 1件を表示

なぜ泣くの (徳間文庫)のその他の作品

なぜ泣くの (徳間文庫) Kindle版 なぜ泣くの (徳間文庫) 小手鞠るい

小手鞠るいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山田 詠美
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ泣くの (徳間文庫)はこんな本です

なぜ泣くの (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ泣くの (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ泣くの (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ泣くの (徳間文庫)の作品紹介

恋愛小説の新女王・小手鞠るいが放つ新しい官能の形。郊外に建つログハウス風のアパート「かすみハイツ」を舞台に斬新な官能描写と、ほろ苦く甘やかな人生が交錯する。全7話収録。
 最初の30分は「仕事」残りの30分は「物語」。会社勤めのあと、声をかけてくれる男を待つスーツ姿のOL。見知らぬ男に身を預け、愉楽の波間を漂いながら泣く。「俺の話聞いてくれる?」やがて客は私の胸に顔を埋める。夜ごと、繰り返されるそれぞれの恋。

ツイートする