追い風ライダー (徳間文庫)

  • 63人登録
  • 4.21評価
    • (11)
    • (7)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 米津一成
  • 徳間書店 (2015年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198939519

追い風ライダー (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自転車に乗りたい‼︎と思えた一冊

  • 著者4冊目。畜生もうこの人の本は読まないって思ってたのに意外と良書だった。
    これまでのエッセイ?的な本ではなく、短編のふんわりした雰囲気の小説。
    個人的には、夫婦でロードバイクに乗っていたが、夫が事故で亡くなってしまった女性のそれからの話はストーリー的にも良かったと思う。
    基本的に登場人物みんなが優しい空気を持っており、少し物足りないところもあるが、良いと思う。

  • 期待感が少なかった分、意外に読めた。ここまで美化しなくていいと思うけど、涼しいお天気の日に風を切って走れば気持ちいいだろうな。でも、美味しいビールのため、美味しいビールのためって、お酒を飲めない私はどうすればいいの?

  • 142

  • 遠く行きたいシリーズの方がいいな

  • 泣けてびっくりした。自転車は速くて楽しい、遠くに行けて嬉しい。そのことがシンプルに幸せ。複雑な世の中であるが、仕事は大変であるが、ロードバイクはとてもシンプル。

  • 乗る人も乗らない人も乗りたくなる、かな。

  • 自転車のロードレーサー乗りたちを題材とした短編集。一見別々のストーリーが最後の最後で人間関係が絡み合っていくのが面白い。自転車乗りには共感できるし、サイクリングがしたくなるような作品だった。

  • 表紙がよい。ジロデイタリアのマリアローザというチョイスもよい。
    ロードバイクにまつわるエピソードが最後に集約していき、自転車に乗った時のような爽やかな読後感。その爽やかさを味わうために明日もロードバイクに乗るのでしょう。

全10件中 1 - 10件を表示

追い風ライダー (徳間文庫)のその他の作品

追い風ライダー 単行本 追い風ライダー 米津一成

米津一成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
近藤 史恵
羽田 圭介
近藤 史恵
有効な右矢印 無効な右矢印

追い風ライダー (徳間文庫)はこんな本です

追い風ライダー (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

追い風ライダー (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

追い風ライダー (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

追い風ライダー (徳間文庫)の作品紹介

若き未亡人、商社勤めのOL、くたびれたサラリーマン、サイクリングイベントのコース作りに挑戦する男性、沖縄出身のおミズの女の子――。別れと出会い、思い出、勇気、そして恋……。自転車を通じて軽やかに繋がるそれぞれの物語。自転車は人生までも遠くへ連れていく。多くの人を新たに自転車のとりこにした人気エッセイストの初のロードバイク小説。プレミアム加筆で文庫化!

ツイートする