生きるぼくら (徳間文庫)

  • 1463人登録
  • 4.09評価
    • (151)
    • (204)
    • (93)
    • (8)
    • (1)
  • 172レビュー
著者 : 原田マハ
  • 徳間書店 (2015年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198940140

生きるぼくら (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終わってから表紙を改めて見ると、じんと胸に響くものがある「生きるぼくら」というこの小説。
    何がいいって、自然や大地の力強さと、人の温かさや優しさ。生きるって、すごい。いい。素直にそう思えます。

    壮絶ないじめ、心荒む引きこもりの日々。
    認知症の孤独。対人恐怖。
    就活の失敗。
    もしかしたら、一生縁のない人もいるかもしれないけど、生きていればしんどいなあと逃げ出したくなるようなことがあります。
    どん底に落ちている時は何も気付かないかもしれないけど、浮上していくにつれ、見える景色が変わってくるのが感じられます。

    私がこの本の中で好きなのは、おにぎりの話。
    「おにぎりって、なんかこう、実にいいかたちをしてると思わない?」
    「どうしていいかたちかっていうとね。人の手で結ばれたかたちをしているからだよ」
    ふたつの手と手を合わせて、ほっこりと握る。それがおにぎりのかたち。これを食べる人が健康でいっぱいご飯を食べられますようにっていう、作った人の祈りのかたちなんだよな。

    おばあちゃんが田んぼで丹精込めて作ったお米で握ったおにぎりは、何にも勝るごちそうですよね。

    登場人物はみな、人間味溢れている。
    頑張って頑張って折れてしまうことも、逃げ出してしまうことも、あるいは、新しい道を歩み始めることも、全部を受容してくれるかのような懐の深さを感じました。
    舞台が自然豊かな蓼科だというのもポイントですね。

    人生が元気になるにつれて、同調して自分までパワーチャージされたような、そんな気分です。

  • 良い小説を読んだ後の、心に灯がともるような心地よい充足感。この作品も、そんなひとときを与えてくれる。
    引きこもりやいじめの話かと思いきや、認知症問題も絡んで、最後はコメ作り。
    読み進むにつれて、読み手の心がだんだん温かく膨らんでゆく、そんな物語。
    『生きるぼくら』とは、けっして人間だけではなく、「自然と、米と、人間とーぼくらは、みんな、一緒に生きているんだ」と、題名に著者の思いが込められている。
    そして、困難な局面に立たされたとき、「・・・具体的で、現実的な希望を一つでも持つことが大切なんだ。どんな小さなことでもいい。」と、著者は作中人物に言わせている。
    原田マハのこの小説は、『風のマジム』とともに、人生の入り口に戸惑っている人への応援歌と言ってもいい。

  • 最初は、なかなか苦しい小説だなあと思った。
    イジメに遭い、引きこもりとなった人生に、母が告げた別れの言葉。

    それだけ母を追い詰めてたんだから、当然だろうって思ってしまう私は、向こう側の人間なのかもしれない。

    やぶれかぶれで蓼科に向かい、彼の祖母マーサと、血の繋がらない妹との出会いから少しずつ上昇するかと思いきや、そうはならない。
    マーサおばあちゃんが認知症を患うのだった。

    時間が経つことを切実に読ませるストーリーだった。

    人生の生きる苦しみは、ほんとうなら抱える人が増えるほど、多様な重みを増したはずだ。
    けれど、そうではなかった。
    それが、人生の強さだと思う。

    桂南光さんと、原田マハさんの意外な接点。
    解説もあたたかかった。

  • 原田マハ、最近のは全然読んでなかったんだけど
    文庫本のカバーに惹かれて。
    お米って、いいなあー!
    ひと粒ひと粒に、作ったひとの愛情がこもってるんだなあ。
    若者が農業に取り組むのってステキなことだし、
    町おこしとか村おこしになりそう!
    松本、茅野、蓼科となじみのある地名がたくさん出てきたのもうれしい!

  • 引きこもりの青年が米作りに挑戦をして再生へと導くサクセスストーリー。
    サクセスストリーはいくつもありますが、
    米作りからというのは今まには無かったので想像がつきにくかったです。

    青年がひきこもりになってしまったそれまでのいきさつを読むと
    心が折れてしまい挫折してしまいそうな気持になってしまい
    途方に暮れてしまったのも仕方ないかとも思えてしまいました。
    けれど母が失踪して一枚の年賀状をきっかけに人生ががらりと変わり、
    今までに経験のないことに挑み、一つ一つの事を正面から乗り越えていき
    そしていつの間にか成長をしていくというのが
    読んでいてとても心地良かったです。

    優しく包み込むおばあちゃんのぬくもり、自然との触れ合い、
    そして応援してくれる近所の人々、
    色々な人との繋がりによって人を成長させてくれて
    人とのめぐり会いと触れ合いは良いものだなと思えました。

    なんといっても「カッコイイ大人」という存在が良くて、
    分からないことはきちんと教えてくれて、
    ダメなことにはきちんとダメだと叱ってくれたりしてくれる
    いわるゆる頼れる「カッコイイ大人」の存在が
    ここでは光っていて現代ではなかなかこうゆう人と巡り合えないので
    こんな大人になれたり、生きられたら素敵だなと思いました。

    人間長く生きていれば必ず何かがある。
    そんな時に家族の支えが必要になる、
    元気な時には気が付かないけれど、
    支える方も、支えられる方も、
    病気になればお互いのありがたさが身にしみる、
    そして失ってみると、
    その存在の大きさがしみじみわかるものなのだと。
    誰もが通る道をこんな風にまた教えてくれると
    普段口にしては言えないことを
    何かここから目に見えない大切なものを
    教えてくれたような気がしました。
    こんな風の教えられたら家族の介護というのも
    形が変わるような気がします。

    ラストは何となく想像できる結末ですが、
    これがまた名文で心にジーンときて目頭が熱くなってしまいました。
    ほっと出来たラストでもありました。

    お米を通してみんな生きているんだと。
    生きていることをやめない力を持っているんだと。
    この力強いフレーズも印象的でパワーをもらえて、
    改めてお米としてのパワーとお米を食べて元気になろうという
    パワーを貰えた気がします。
    やはり日本人は古来からお米を食べていたので、
    お米が一番身体に合っているのだとつくづく思わされました。

    お米が愛おしくなりスローライフも良いなと思いました。
    自然と人との繋がりを通して改めて生きている実感を
    味わえる感じがします。
    何か力が湧いてきて清々しい気分になります。
    明日への活力に導かれた気持ちにもなれてとても良かったです。

    引きこもり、認知症、米作り、介護施設などと現代の社会問題と
    されているテーマをさりげなく盛り込んでいますが、
    あまり重くなくさらりと書かれていて読みやすくなっています。

    とにかくこの本を読んだ後には梅干し入りのおにぎりが
    食べたくなってしまいます。

  • 何度も泣けてしまった・・

    人生のつまずきや
    家族を失った孤独
    大切な人を失うことの怖さ
    人生への不安

    自分の中にもある気持ちが
    いろんなところでシンクロ

    物語だから
    周りに優しい人達が沢山いて
    出来過ぎなのかもしれないけど

    それでも
    どんなことがあっても、
    どんな場所でも
    優しい人たちはいっぱいいて
    幸せを感じる事ができるんだな

    って思う
    読後感です。

  • 原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」がどストライクだったので、他のも読んでみたくなって買いました。

    あらすじや帯では米作りがアピールされてたので、農業の話?どんな話??という感じだったのですが。。。
    読んでみたらこれまたどストライクな話で、ガンガン読み進めてしまいました。

    途中、電車の中なのに、ちょっと泣いてしまったり。。。

    やっぱり、主人公がいろんな人に助けられながら、変わっていく話が好きなんだなぁと再実感。
    いい人ばかり出てくる話がやっぱり好きです。

    読み終わった後、心があったまりました。

  • 引きこもりの麻生人生が母親の家出をきっかけに祖母のいる蓼科で生活するようになる。祖母を中心とし、腹違いの妹のつぼみと人生の生活が始まり、機械に頼らない手作業の米作りを始めるようになる。家族の繋がりが各々の孤独を癒やし、その温かさが読み手を感動させる。

  • 小学校6年の時に親の離婚で母子家庭となり、学校での壮烈ないじめにあったのが原因で引きこもりになった主人公の麻生人生、24歳。その彼が母親から突き放され、蓼科の祖母を頼って行くことから始まる感動の人生再生物語。色々な人との出会いや出来事、そして米作りが彼を成長させる。
    同じような理由で祖母の元へ来ていた血の繋がらない妹と一緒に祖母の認知症と向き合うことになり、少々重い話になりかけるが村の人達にも助けられ、また助言も有って、最後はちゃんと明るい結末になるのが原田マハさんの小説の好きなところだ。
    原田マハ氏の小説は、「旅屋おかえり」「本日は、お日柄もよく」「風のマジム」「キネマの神様」に続いて5冊目だか、どれも心温まる感動の小説。そしてどれも困難を克服して成功する展開は、スカッとして幸せな気分になる。

  • 原田マハさん、初めて読みました。
    久し振りに、読み終わった後、心の底から良かったなぁと思えた、読後感の清々しい本だった。

    優しさに溢れた本です。
    家族の・仲間の優しさ、自然の優しさ。
    心があったかくなりました。

    数年前に亡くなった自分の祖母に、すごくすごく会いたくなったなぁ。会いたいなぁ。

全172件中 1 - 10件を表示

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

生きるぼくら (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

生きるぼくら (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生きるぼくら (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生きるぼくら (徳間文庫)の作品紹介

いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に一枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えますように。私の命が、あるうちに」マーサばあちゃんから? 人生は四年ぶりに外へ! 祖母のいる蓼科へ向かうと、予想を覆す状況が待っていた????。人の温もりにふれ、米づくりから、大きく人生が変わっていく。

生きるぼくら (徳間文庫)のKindle版

生きるぼくら (徳間文庫)の単行本

ツイートする