大江戸猫三昧: 時代小説アンソロジー 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 11人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 澤田瞳子 
  • 徳間書店 (2017年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198942045

大江戸猫三昧: 時代小説アンソロジー 〈新装版〉 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2004年11月徳間文庫刊。2017年2月新装版徳間文庫刊。大御所作家達の猫の短編が、懐かしいテンポで、展開するのが心地良かった。
    岡本綺堂「猫騒動」古川薫「黒兵衛行きなさい」森村誠一「猫のご落胤」池波正太郎「おしろい猫」島村洋子「猫姫」光瀬龍「化猫武蔵」海野弘「大工と猫」高橋克彦「猫清」小松重男「野良猫侍」平岩弓枝「薬研堀の猫」澤田瞳子(解説)「文学における猫の位置づけ」

全1件中 1 - 1件を表示

大江戸猫三昧: 時代小説アンソロジー 〈新装版〉 (徳間文庫)はこんな本です

大江戸猫三昧: 時代小説アンソロジー 〈新装版〉 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

大江戸猫三昧: 時代小説アンソロジー 〈新装版〉 (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大江戸猫三昧: 時代小説アンソロジー 〈新装版〉 (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大江戸猫三昧: 時代小説アンソロジー 〈新装版〉 (徳間文庫)の作品紹介

猫をテーマにした時代小説の傑作を、いま最も注目される歴史小説家・澤田瞳子が厳選。朝日新聞書評欄で絶賛された巻末の解説にも注目。
【収録作品】池波正太郎「おもしろい猫」海野弘「大工と猫」岡本綺堂「猫騒動」小松重男「野良猫侍」島村洋子「猫姫」高橋克彦「猫清」平岩弓枝「薬研堀の猫」古川薫「黒兵衛行きなさい」光瀬龍「化猫武蔵」森村誠一「猫のご落胤」

ツイートする