背水: 将軍の影法師 葵慎之助 (徳間時代小説文庫)

  • 7人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 麻倉一矢
  • 徳間書店 (2017年3月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198942083

背水: 将軍の影法師 葵慎之助 (徳間時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第三弾
    今度は元海賊大名による利権争いと二卿の陰謀
    塩飽水軍と丸亀藩対高松藩と水戸藩、これに幕府の船手奉行向井と三浦水軍が係わった陰謀
    次期将軍の地位を目指しての争い

全1件中 1 - 1件を表示

麻倉一矢の作品

背水: 将軍の影法師 葵慎之助 (徳間時代小説文庫)はこんな本です

背水: 将軍の影法師 葵慎之助 (徳間時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

背水: 将軍の影法師 葵慎之助 (徳間時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

背水: 将軍の影法師 葵慎之助 (徳間時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

背水: 将軍の影法師 葵慎之助 (徳間時代小説文庫)の作品紹介

町火消し朝沼頭取の愛犬が伊勢参りを済ませて江戸へ帰ってきた――妙なことに、金刀比羅宮を仰ぎ見る瀬戸内の塩飽衆の元吉と奈々と名乗る、見知らぬふたりも一緒だった。事情を訊けば、彼らに自治の特権を与えた徳川家康の朱印状が狙われているという。朱印状は讃岐丸亀藩京極家の協力で仁清の壺に入れられ、船便で江戸に送られることとなったが、その途中、荒くれ者の船子がこれを奪って逃げ去った。無事に取り戻せるのか? 慎之助の剣が一閃する!

背水: 将軍の影法師 葵慎之助 (徳間時代小説文庫)のKindle版

ツイートする