アキラとあきら (徳間文庫)

  • 1775人登録
  • 4.24評価
    • (267)
    • (308)
    • (94)
    • (3)
    • (1)
  • 247レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 徳間書店 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (720ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198942304

アキラとあきら (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 人生初の池井戸潤作品、ということで、知人から借りて読んでみました。かなりの分厚さですが、文体は読みやすく、サクサクと読み進められました。綺麗で読みやすい文章、という印象です。

    で、すみません、肝心の内容なのですが、、、うーむ、すみません、あまり、そこまで、ハマれませんでした、、、単純に、好みではないなあ、という感じでございました。ごめんなさい、、、うう、肌に合わなかった、ということだと思います。

    「アキラとあきら」というタイトル通り、山崎 瑛(やまざき あきら)、階堂 彬(かいどう あきら)という二人の、同じ名前の人物が主人公でして、物語の最初と最後には瑛の方の描写なので、どっちかゆうたら、ホンマのところは、瑛の方が主役、と、池井戸さんは考えていたのかなあ?とか思いましたが、

    なんというか、どっちかゆうたら、彬の方が物語のメイン?というか、東海郵船グループ企業?の話がメイン?というか、なんだか、焦点が、よお分からん、、、銀行モノなのか?どうなのか?企業モノ?むう、なんだか、ちょっと、焦点がわからない、、、感じでした。個人的には。まあ、人間ドラマ、ということなのでしょうかね、うん。

    登場人物が、ちょっと、紋切り型かなあ?という感じは、しました。悪役は悪役だし、主人公たちは頑張りタイプだし、女性キャラは、、、あんまり目立たない?感じ?分かりやすくて良い感じもしますが、ごめんなさい、そこまで、こう、魅力的に感じられる人物が、、、いなかった、、、単に自分の好みの問題なのだと思います。

    瑛と、マドンナ?的存在の亜衣の関係も、なんだかよお、わからんかった、、、いきなり最終章で結婚しとるがな。どこで再会してたんだ?あと、ガシャポンの再登場も、なんだか唐突だね、みたいな。あと、もと工場で働いてて、その後神父さんになっていた?保原のお兄ちゃん?も、なんだかもっと出番あってもええんでは?とか思ったり。

    うーん、という感じというか、どういう感じだ?という感じですが、あんまり自分には合わなかった。池井戸さん、ごめんなさい、、、という感じの小説でした。好みって、難しいですね。

  • 文章は軽く明快ですいすい読めちゃう感じ。

    池井戸さんらしく、重たくなりがちな経営や金融の流れをわかりやすく、くどくなくストーリーが理解できるよう話を進めてるのはさすが。

    ただ、タイトルと設定の回収が甘すぎる。ページの割に最後を巻きすぎたせいか物足りなさが半端ないな。。

    続編を構想してるのか?もしくは、タイトルの期待が過ぎたか。

    あきらとアキラの掛け合いや触れ合いが少なかったことが残念。

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アキラとあきら (徳間文庫)のKindle版

ツイートする