アキラとあきら (徳間文庫)

  • 806人登録
  • 4.31評価
    • (68)
    • (76)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 66レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 徳間書店 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (720ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198942304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アキラとあきら (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

  • アキラとあきらがもっと深い絆で結ばれてるような話かと思ったら、わりとそのへんが薄かった。

    ルーズヴェルト・ゲーム、下町ロケット、陸王のような、
    ワクワク感はほとんどなかったですね。

    池井戸作品にしては平凡だと思います。

  • 同じ銀行から見た企業経営でもいつも池井戸潤とは視点が違い面白かった。ビジネスの根底にハートがないといけないということを改めて認識。主人公の幼少期のエピソードもよかった。こういう池井戸潤もいいね!

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

アキラとあきら (徳間文庫)のKindle版

ツイートする