アキラとあきら (徳間文庫)

  • 807人登録
  • 4.32評価
    • (70)
    • (76)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 67レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 徳間書店 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (720ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198942304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アキラとあきら (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今までの池井戸作品とは違う面白さ。二人の攻防は三国志の軍略戦のように胸が高鳴った。終盤はその二人がタッグを組んで逆境に立ち向うのだから興奮MAX。TVドラマ化決定のようなのでそちらも期待したい。
    あらすじ(背表紙より)
    零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

  • 2人のあきらの青春を描いたお仕事小説。
    冒頭が小学生時代からかなので、先は長いなと思ったが読み始めるとそんなことが気にならないほどドンドン進んでいく。2人の運命が交錯するシーンは対照的で、関係する人たちの登場の仕方も絶妙だ。
    一番好きなのは新人研修のエピソード。2人して伝説を残すってのがニクい演出だ。一級品のエンタメ小説として堪能させてもらった。

  • 【2017年8冊目】
    文句なしに面白かった!毎回銀行をテーマにした同じような話なのになぜか飽きない…池井戸マジックの集大成ともいうべき作品でした(°▽°)

    濃密な700ページをありがとうございました!

  • 空飛ぶロケット以来、久しぶりの池井戸氏の文庫作品。
    お互い社長の息子なれど、全く境遇の異なるアキラとあきら。
    冒頭から夜逃げ同然のアキラの境遇に涙。
    そこから二人のあきらが交差し、二人は同じ銀行へ就職。
    研修での二人の対決?が、読者に見せる初共演でちょっとドキドキ。
    後半は大きな会社社長息子のあきらを中心に、親族経営お約束の僻みやっかみからの倒産寸前劇。ここから、どうアキラとあきらが立ち向かうのか。

    もう、最初から最後まで読ませます。
    何度も窮地に陥るんだけど、あきらめない、立ち向かう姿がかっこいいし、読後はすがすがしい。
    これは是非人におすすめしたい。

  • テンポも良く二人のアキラの人生を描いた作品で、銀行マンとして二人は出会う。そこでも二人は相手を尊重し良きライバルであり秀才でもある。生き方はかなり違ったのだが、バンカーとして最高の知恵を絞り常識破りの方法で解決に導くのは凄かった。分厚い本でしたが面白くて一気に読めました。WOWOWにてドラマ化が決まってるらしく、いづれそのドラマを見たいと思います。

  • とっても面白かった。彬の頭の良さ、瑛の情の深さ、どちらも好きだ。どちらかというと、瑛の情のほうが好きだ。でも、彬中心の話の方が多かった。面白かった。

  • 町工場の息子の瑛と大会社の御曹司の彬の出自の違う二人の「あきら」が互いの運命を背負い成長し、やがて二人が交わり逆境に立ち向かっていく、互いの宿命を越えていくストーリー。
    全く生まれも育ちの違う二人が成長していく姿がしっかり描かれていて、また欲に駆られた人間の汚さも描かれていて読みごたえがあり、さすが池井戸潤と思える作品だった。

  • とても構成が良く練られた小説。秀逸なストーリー展開。主人公二人の成長が追えることで、物語が更に深まる。

  • 内容的には、金融業界からの視点を持った、ザ・池井戸な作品だけど、主人公が二人いるのが印象的。
    同じ社長の息子でも全く違う境遇。それぞれの悩み。それぞれの幸せ。交わる人生。捨てる神あれば拾う神あり。
    久々にここまで一気に読めてしまう、読みたくなる作品でした。
    にしても実は結構前の作品なのね。バブル期まで遡るとは思わなかった。

  • 著者の最新作。生まれも育ちも違う二人が主人公。運命に従うのか、抗うのかがテーマではあるが、自分が勝手にタイトルから想像した展開にならず、スピード感をもって読了した。運命に翻弄された挙句に、現実を受けいる場面は読みごたえがあった。本筋を見通せる人間と、他人の思惑に動かされる人間を対照的に描いており、現実の社会もそうなのだと再認識した。

  • 気になりつつも、数字・お金・計算への拒否感が銀行ものへの抵抗になってしまい手を出していなかった池井戸潤。初読みです。

    結果、面白かった。
    アキラもあきらも素敵すぎて。

    境遇が大きく違っても、それぞれがそれぞれの矜持をもって自分の世界で戦い抜いていくのが爽快です。
    個人的には工藤さんに胸アツでした。大体の子どもにとっていちばん大きな指針は親なんだと思いますが、赤の他人であっても一人の人間の道標となることは現実でもありえるんだと思います。

    工藤さんがいなければこの物語の終着点にいる瑛は存在せず、結果、彬や彬が率いる大勢の人間の終着点もまた違ったものになっていたかもしれないわけで。

    もしも的な妄想にすらのぼらない職業ですが、「社長」というものの苦悩も具体的かつ、わかりやすく見せてくれたと思います。
    人の命に関わる職業を筆頭にずらりと並ぶ「自分には務まらない職業ランキング」に新たな肩書きが追加されました。


    物理的な本の厚みを一切感じさせない、良い人間ドラマを味わえた一冊です。
    7月のドラマが楽しみです。

  • 結構、良かった。 どちらのアキラもお金持ちにはお金持ちの問題、貧乏な人は貧乏な人の問題が有るが、どちらも、優秀で最後は同じ銀行へ。片方のお金持ちのアキラは自分の家の会社へ。 そこで叔父達の後始末で悪戦苦闘。最後は別のアキラと共になんとか、立ち直す。結構元銀行家であっただけにこの辺りは良く書けているので迫力有り。だいぶ前に書かれた本らしいが良かった。

  • 分厚い本がありがたく思えてくる。
    読み応え抜群。
    感動して思わず涙する場面も。
    そしてまたも出てきた白水銀行。
    面白かったです。

    映像化されるらしいですね。
    楽しみですね。

  • 「ベストセラー作家・池井戸潤の幻の青春巨篇がいきなり文庫で登場! !」との触れ込みに思わず購入。
    瑛と彬の生い立ちから バンカーになりすごしていく人生。二人のキレのある頭の回転がとても爽快だった。もっともっと先が読みたいと思った。

  • 小さな町工場を経営している家に生まれた山崎瑛と、海運業大手企業グループを経営する家に生まれた階堂彬。同い年の二人は全く異なる世界で成長しますが、就職先の産業中央銀行で出会います。強烈な才能で存在感を増してゆく二人に降りかかるドラマを様々な人との出会いや別れを通じて描きます。
    2人の主人公の生い立ちを追う小説なら他にもたくさんありますが、そこはさすが池井戸氏。銀行や企業経営の現場のリアルな描写や、緻密なやり取りがストーリーに厚みとスピード感も与えて、文庫本700ページの長編ですが、どんどん引き込まれて行きました。
    主人公の二人の「あきら」が、規模は違えど経営者の父を持つ立場であることが、私にとっても感情移入しやすい理由の一つであったように思います。池井戸氏の新作と聞いて期待して読みましたが、期待以上でした。

  • ドラマが始まるという事でしたが、あいにくうちでは観ることができない為本を購入してみました。
    やはり池井戸潤さん!間違いなしですね〜!ウチは中小企業経営をしており、それだけに池井戸潤さん時描く世界は現実味があり、瑛のようなバンカーとの出会いがあったらどんなに良いだろうとつくづく思いました。

  • 2人の主人公、長い歴史観、これまでの池井戸作品にはない魅力を感じつつも、しっかりと後半はワールド全開。引き込まれてあっという間に読破してしまいました。

  • 読みごたえ十分。引き込まれるよう読んでしまった。
    タイトルや表紙からライトな感じかと思っていたが、なかなか重厚な内容。
    話の展開などもいい感じであった。
    多くのヒット作を出しているのに、まだこんなに面白い本がかけるのか!!と驚いてしまう。
    著者の本はそこそこ読んだが、これが今のところ私の中でのナンバー1である。

  • 2017年05月28日読了。

  • 久々の池井戸作品。変わらず、厳しい状況を乗り越え明るい未来に導く。二人の主人公が織り成す世界。瑛が中盤出なくなり、気になった。前半に登場したxxがいい形で出現したり、佳境のときにxxやxxが出てきたり、最後にxxが出て来て暖かな空気が流れると共に幸せな未来を感じた。

  • 池井戸さんの本好きとしては、待望の新刊、しかもいきなりの文庫で。


    さらにWOWOWでのドラマ化が決まっているということで

    買わない理由なし。アマゾンで予約購入したので販売直読みできました。





    池井戸さんの作品なので、個人的にかなりおもしろハードルが高いですが

    楽々と超えていくような内容。

    おもしろ過ぎて、休み一日で一気読みでした。

    二人のあきらの少年期から青年期、そして就職後の交錯する展開まで

    とにかくその時々がおもしろくさらにラストへ向けての伏線もいっぱいあり

    これはまたドラマを見るのも楽しみになります。

    さすが池井戸さん、というストーリーでたっぷり楽しめました。

  • 父の代からの運命や宿命を背負ったアキラとあきら。二人の主人公が自分のやるべきことに集中して最後まであきらめない姿が気持ちが良い。

  • 零細企業と大企業の社長息子として生まれた二人の”あきら”の宿命story。
    共に親の生き方に人生を左右される。
    一旦は同じバンカーとして切磋琢磨するが、やがて一人は宿命を背負い社長として会社経営の難局を乗り越えなくてはならなくなる。
    一人はそれをバンカーとして何とか支えようとする。
    経営者とバンカーお互いが知恵を絞りあい、乗り越えてゆく様に、社長、バンカーの醍醐味を十分に堪能した。

  • アキラとあきら  
    2017/5/17 著:池井戸潤

    零細企業の町工場の息子である「瑛」
    海運会社の御曹司である「彬」

    二人の「あきら」
    の幼少期からの30年の月日を
    705頁という圧巻のボリュームで
    ギュギュっと集約された秀作。

    並走される「あきら」の物語
    カルピスの原液のように濃い二人の物語には
    その他でまとめられない
    登場人物と物語が関わっている。

    並走される二人の物語が
    交差した瞬間、はじける様にその物語は
    強く絡まり爆発的に物語の世界は拡大する。
    ちりばめられた伏線もしっかりと
    回収される職人技のような緻密な構成。

    心のどこかで知っているような風景
    心のどこかで知っているような時代背景
    家族との関わり
    友人との関わり
    ほっとする情景や環境とは裏腹に
    飛び込んでくる
    人のいやらしさや厳しさ
    その全てがぐるぐると掻き混ざり
    集約されている。

    ポロリと見えそうで見えない
    人の本質。
    本作はまさに
    「アキラ100%」
    いや 
    「アキラとあきら」100点である。

アキラとあきら (徳間文庫)のKindle版

ツイートする