アキラとあきら (徳間文庫)

  • 1571人登録
  • 4.23評価
    • (224)
    • (263)
    • (84)
    • (2)
    • (1)
  • 211レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 徳間書店 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (720ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198942304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
西 加奈子
東野 圭吾
東野 圭吾
池井戸 潤
宮下 奈都
又吉 直樹
池井戸 潤
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

アキラとあきら (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

  • 父の代からの運命や宿命を背負ったアキラとあきら。二人の主人公が自分のやるべきことに集中して最後まであきらめない姿が気持ちが良い。

  • ドキドキしながら、ページをめくりました。どの章もドラマチックでいろんな感情を揺すぶられます。最終章は勿論のこと、成長過程のストーリー、伝説となった新人研修が特に好きでした。 池井戸さんの作品でバンカーのイメージがどんどん変わるのも楽しみです。

  • 今までの池井戸作品とは違う面白さ。二人の攻防は三国志の軍略戦のように胸が高鳴った。終盤はその二人がタッグを組んで逆境に立ち向うのだから興奮MAX。TVドラマ化決定のようなのでそちらも期待したい。
    あらすじ(背表紙より)
    零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

  • 池井戸さんの本好きとしては、待望の新刊、しかもいきなりの文庫で。


    さらにWOWOWでのドラマ化が決まっているということで

    買わない理由なし。アマゾンで予約購入したので販売直読みできました。





    池井戸さんの作品なので、個人的にかなりおもしろハードルが高いですが

    楽々と超えていくような内容。

    おもしろ過ぎて、休み一日で一気読みでした。

    二人のあきらの少年期から青年期、そして就職後の交錯する展開まで

    とにかくその時々がおもしろくさらにラストへ向けての伏線もいっぱいあり

    これはまたドラマを見るのも楽しみになります。

    さすが池井戸さん、というストーリーでたっぷり楽しめました。

  • 零細企業と大企業の社長息子として生まれた二人の”あきら”の宿命story。
    共に親の生き方に人生を左右される。
    一旦は同じバンカーとして切磋琢磨するが、やがて一人は宿命を背負い社長として会社経営の難局を乗り越えなくてはならなくなる。
    一人はそれをバンカーとして何とか支えようとする。
    経営者とバンカーお互いが知恵を絞りあい、乗り越えてゆく様に、社長、バンカーの醍醐味を十分に堪能した。

  • 図書館で。圧倒。圧巻。アキラとあきら。2人ともかっこよかった。一生懸命に生きること。2人と一緒にドキドキハラハラしながら700頁を超える物語を追うことが出来ました。

  • アキラとあきら、読む前は二人のアキラあきらが入れ替わる話だと勝手に思ってた。笑
    読み始めて入れ替わりじゃなくて、ライバル同士競い合う話かーっと思ってたら、それもちょっと違ってた。笑
    とにかくイッキ読み、おもしろかったです!
    池井戸作品はいろいろあるけど、やっぱりバンカーの話が一番かも。

    彬のほうの二人の叔父には本当イライラさせられた。。(´-_ゝ-`)
    でも池井戸作品にはこういう邪魔する奴が必ずでできて、ずーっと読者をイライラさせてくれるから最後のスカッと感がたまらんのです。

    私の中での主役は瑛のほうかな。
    瑛のロザリオの章、アメリカから届いた手紙には泣けたー。((>ω<。))

  • 見せてもらおうか、千円オーバーの文庫本の実力とやらを。

    ・・・
    ・・・・・
    ・・・・・・・読み応えモリモリでスゲぇ。

    経済のことはよくわからぬが、こりゃ売れるわけだ。

  • 山崎瑛 と 階堂彬 生まれも育ちも正反対の2人のアキラの話!

    それぞれの少年時代の前半!
    大学を卒業して同じ産業中央銀行のバンカーとしての中盤!
    バンカーと社長として難局を乗り切る後半!
    それぞれでドラマが有り熱くなる。 これこそ池井戸潤‼︎

    最後の一言が良かった
    『いい稟議だった』

  • ドラマが始まるという事でしたが、あいにくうちでは観ることができない為本を購入してみました。
    やはり池井戸潤さん!間違いなしですね〜!ウチは中小企業経営をしており、それだけに池井戸潤さん時描く世界は現実味があり、瑛のようなバンカーとの出会いがあったらどんなに良いだろうとつくづく思いました。

  • 2人の主人公、長い歴史観、これまでの池井戸作品にはない魅力を感じつつも、しっかりと後半はワールド全開。引き込まれてあっという間に読破してしまいました。

  • 面白くて、一気に読みました!

  • アキラとあきら  
    2017/5/17 著:池井戸潤

    零細企業の町工場の息子である「瑛」
    海運会社の御曹司である「彬」

    二人の「あきら」
    の幼少期からの30年の月日を
    705頁という圧巻のボリュームで
    ギュギュっと集約された秀作。

    並走される「あきら」の物語
    カルピスの原液のように濃い二人の物語には
    その他でまとめられない
    登場人物と物語が関わっている。

    並走される二人の物語が
    交差した瞬間、はじける様にその物語は
    強く絡まり爆発的に物語の世界は拡大する。
    ちりばめられた伏線もしっかりと
    回収される職人技のような緻密な構成。

    心のどこかで知っているような風景
    心のどこかで知っているような時代背景
    家族との関わり
    友人との関わり
    ほっとする情景や環境とは裏腹に
    飛び込んでくる
    人のいやらしさや厳しさ
    その全てがぐるぐると掻き混ざり
    集約されている。

    ポロリと見えそうで見えない
    人の本質。
    本作はまさに
    「アキラ100%」
    いや 
    「アキラとあきら」100点である。

  • 面白かったーー!
    最初の方のチビのシーンは泣けた
    大人になった2人は流石の一言!

  • 面白かった!!
    最後の最後まで楽しめた♪
    池井戸作品の中でも上位にランクインしそう。

    すごい熱い話だったなー。

  • 安易にドラマ化してほしくない。そのくらい、読後の清々しい余韻がある。

  • 面白かったです。銀行や経済の話しなのでさすが池井戸潤さんでした。でも、読みやすかったです。途中でバブル期の話しなの?って思いました。
    彬と瑛が出会った時、ついに来たかと思いました。ドラマも機会があったらみたいです。瑛が呟いた『乗り越えなきゃいけない宿命ってのも、あるんだよな』言葉が響きました。
    彬も魅力だけど瑛の方が私は好きかな笑
    彬の銀行マンになり、もっていた信念にも涙しました。分厚い本ですが読み応えあります。

  • 本の厚みに、おののいたし、ブックカバーがパツパツになったけれど、
    読み始めると、どんどん読めました。

    銀行絡みのお話だけれども、いままで読んだ池井戸さんの小説とは様子が違いました。
    2人の境遇の違う、同じ年のあきらさんの少年時代から中堅社員(?)まで、だいたい交互に語られていきました。
    後半は、御曹司だった方のあきらさんの比重が高かったし
    あきらさんとあきらさんの絡みも、もっとあってもよかったと思いました。

    こうまで足を引っ張る人が沢山いると、現実だったらめげてしまいそう。
    最後はすっきりするに違いない、と思って読み進められましたが。

  • 町工場の社長の息子である山崎瑛と海運会社経営者一族の御曹司である海堂彬の2人は銀行に入行。その後銀行員、経営者として会うことになる。
    池井戸潤らしく、最後はハッピーエンド。700ページを超える長い小説だが、一気に読んでしまった。
    新入生のときの研修での2人の応酬は読み応えがあった。

  • 池井戸潤さんの本は本当に外れがない、必ず最後すっきりさせてくれるということで、700ページも苦にせず読み終えられました。優秀な二人の助け合い、すごかったです。そして最後に瑛の結婚相手は亜衣だったのがなんか嬉しくなりました。

  • 半沢直樹超えました。
    幼少期から始まる二人のアキラの物語。
    予期せぬ試練が次々と降りかかるが瑛と彬の頭脳明晰なシビれる展開で爽快感も抜群 二人を取り巻く登場人物もまたイイ!

  • 久しぶりに池井戸氏の作品を読んだ。相変わらずストーリ―展開が読み手を引き込ませる。過去に読んだ作品とひている部分もあるような気がするけれど、読んで面白ければいいと思う。この主人公二人の続編に期待したい。

  • 700頁越えにビックリしたが、一気読みだった。10年以上前に書いていた作品らしい。ドラマも期待を裏切らなかった。

  • 700頁オーバー!?本の厚さから持つ手が震えたが、読み始めたら止まらない。すごく読み易く、ガンガン引き込まれる作品。

アキラとあきら (徳間文庫)のKindle版

ツイートする