アキラとあきら (徳間文庫)

  • 1298人登録
  • 4.21評価
    • (165)
    • (197)
    • (66)
    • (2)
    • (1)
  • 165レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 徳間書店 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (720ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198942304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アキラとあきら (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

  • 父の代からの運命や宿命を背負ったアキラとあきら。二人の主人公が自分のやるべきことに集中して最後まであきらめない姿が気持ちが良い。

  • 今までの池井戸作品とは違う面白さ。二人の攻防は三国志の軍略戦のように胸が高鳴った。終盤はその二人がタッグを組んで逆境に立ち向うのだから興奮MAX。TVドラマ化決定のようなのでそちらも期待したい。
    あらすじ(背表紙より)
    零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

  • 池井戸さんの本好きとしては、待望の新刊、しかもいきなりの文庫で。


    さらにWOWOWでのドラマ化が決まっているということで

    買わない理由なし。アマゾンで予約購入したので販売直読みできました。





    池井戸さんの作品なので、個人的にかなりおもしろハードルが高いですが

    楽々と超えていくような内容。

    おもしろ過ぎて、休み一日で一気読みでした。

    二人のあきらの少年期から青年期、そして就職後の交錯する展開まで

    とにかくその時々がおもしろくさらにラストへ向けての伏線もいっぱいあり

    これはまたドラマを見るのも楽しみになります。

    さすが池井戸さん、というストーリーでたっぷり楽しめました。

  • 零細企業と大企業の社長息子として生まれた二人の”あきら”の宿命story。
    共に親の生き方に人生を左右される。
    一旦は同じバンカーとして切磋琢磨するが、やがて一人は宿命を背負い社長として会社経営の難局を乗り越えなくてはならなくなる。
    一人はそれをバンカーとして何とか支えようとする。
    経営者とバンカーお互いが知恵を絞りあい、乗り越えてゆく様に、社長、バンカーの醍醐味を十分に堪能した。

  • アキラとあきら、読む前は二人のアキラあきらが入れ替わる話だと勝手に思ってた。笑
    読み始めて入れ替わりじゃなくて、ライバル同士競い合う話かーっと思ってたら、それもちょっと違ってた。笑
    とにかくイッキ読み、おもしろかったです!
    池井戸作品はいろいろあるけど、やっぱりバンカーの話が一番かも。

    彬のほうの二人の叔父には本当イライラさせられた。。(´-_ゝ-`)
    でも池井戸作品にはこういう邪魔する奴が必ずでできて、ずーっと読者をイライラさせてくれるから最後のスカッと感がたまらんのです。

    私の中での主役は瑛のほうかな。
    瑛のロザリオの章、アメリカから届いた手紙には泣けたー。((>ω<。))

  • 見せてもらおうか、千円オーバーの文庫本の実力とやらを。

    ・・・
    ・・・・・
    ・・・・・・・読み応えモリモリでスゲぇ。

    経済のことはよくわからぬが、こりゃ売れるわけだ。

  • 山崎瑛 と 階堂彬 生まれも育ちも正反対の2人のアキラの話!

    それぞれの少年時代の前半!
    大学を卒業して同じ産業中央銀行のバンカーとしての中盤!
    バンカーと社長として難局を乗り切る後半!
    それぞれでドラマが有り熱くなる。 これこそ池井戸潤‼︎

    最後の一言が良かった
    『いい稟議だった』

  • ドラマが始まるという事でしたが、あいにくうちでは観ることができない為本を購入してみました。
    やはり池井戸潤さん!間違いなしですね〜!ウチは中小企業経営をしており、それだけに池井戸潤さん時描く世界は現実味があり、瑛のようなバンカーとの出会いがあったらどんなに良いだろうとつくづく思いました。

  • 2人の主人公、長い歴史観、これまでの池井戸作品にはない魅力を感じつつも、しっかりと後半はワールド全開。引き込まれてあっという間に読破してしまいました。

  • 面白くて、一気に読みました!

  • アキラとあきら  
    2017/5/17 著:池井戸潤

    零細企業の町工場の息子である「瑛」
    海運会社の御曹司である「彬」

    二人の「あきら」
    の幼少期からの30年の月日を
    705頁という圧巻のボリュームで
    ギュギュっと集約された秀作。

    並走される「あきら」の物語
    カルピスの原液のように濃い二人の物語には
    その他でまとめられない
    登場人物と物語が関わっている。

    並走される二人の物語が
    交差した瞬間、はじける様にその物語は
    強く絡まり爆発的に物語の世界は拡大する。
    ちりばめられた伏線もしっかりと
    回収される職人技のような緻密な構成。

    心のどこかで知っているような風景
    心のどこかで知っているような時代背景
    家族との関わり
    友人との関わり
    ほっとする情景や環境とは裏腹に
    飛び込んでくる
    人のいやらしさや厳しさ
    その全てがぐるぐると掻き混ざり
    集約されている。

    ポロリと見えそうで見えない
    人の本質。
    本作はまさに
    「アキラ100%」
    いや 
    「アキラとあきら」100点である。

  • 育った環境も境遇も違う、二人の「あきら」。
    「瑛」は子供の頃に、そして「彬」は大人になってから、人生の岐路に立たされる。

    この物語の主人公は、「瑛」なのかな?

    私は、どちらかというと「彬」の方に魅力を感じた。
    強く・しなやかで・清廉。
    とても魅力的な人物でした♪

  • さすがの池井戸潤らしい大作で非常に面白かったです!
    生まれも育ちも全く違う2人の同じ歳のアキラが主人公で、順風満帆の子供時代を過ごしてきた大会社の御曹司の彬と零細工場の子供で過酷な幼少期を過ごした瑛が、それぞれの境遇を乗り越えて社会人となり、同じ大学、同じ銀行に入行した後、そこでの経験を踏まえ、大会社の社長に就任することになった彬と融資担当者として支えることになった瑛の2人がともに難局を乗り越えていく姿が素晴らしかったです!
    また、これまでの池井戸作品では、意図的にか?銀行員を悪者的に描いているものが多かったのに、本作では逆に融資する銀行員の心意気的な姿を描いており、新鮮で、これもアリだなと思ってしまうのでした!
    やはり池井戸潤は、サラリーマンが、はまる作品を描かせたら天下一品ですね!

  • さすが。ドラマ化も納得。あんなに分厚いのに読む手が止まらない。解説を読んで、この作品は半沢直樹がドラマ化される全然前に連載されてたのを知った。(一カ所だけ彬と瑛の入れ違い誤植があって、??ってなった

  • 「下町ロケット」より前に書かれていた作品と知り驚いた。700ページを越える長編だったがまったく長さを感じさせず、読み終えるのが惜しいと思った。
    小さな町工場の長男山崎瑛と、大企業東海郵船の御曹司である海堂彬。とにかくふたりがカッコイイ!!そして涙腺を刺激されることしばしばあり。
    生まれも育った境遇も違うふたりのあきらは、同じ大学に進み、共に産業中央銀行のバンカーとなった。新人研修の「融資一刀両断」では、後に語りぐさとなったという"粉飾決算"と"融資見送り"を演じる。その時の羽根田融資部長の言葉が「相手を見て生きた金を貸すのがバンカーだ。金は人のために貸せ。」これまたカッコイイ!
    その後、東海郵船社長となった彬と営業本部融資担当の瑛が手を組み、難局に挑み危機を乗り越えていく。
    終盤での瑛とガシャポンの再会、さらにクラスメートだった亜衣とのうれしいエンディングに拍手!
    たくさんの思いが詰め込まれているこの池井戸作品。山崎瑛(上巻)、海堂彬(中巻)、アキラとあきら(下巻)の三部作だったらよかったのに。
    今年銀行に就職した甥っ子に読んでもらいたいな~

  • おもしろかった。半沢直樹シリーズよりこちらのほうが好みかな。
    直木賞やらドラマ化やら、の原作より先に発表されていたのですね。最近のは面白いけどあっさり、と感じていたから長いけどこれはこれでよかったと思う。
    二人の「アキラ」がお互いに認め合う過程に何かエピソードがあったのではないか・・・?と思うので(大学時代の)その下りはあってもよかったのかも。。。

  • 幼少期に家業の倒産、母の故郷へ逃げ帰る辛酸をなめた瑛。裕福な実業家の御曹司として不自由なく育てられた彬。二人のアキラが成長していく過程で選んだ道がバンカーだった。なるほど、そこに銀行を舞台とした物語が作られるのは、まさに著者の真骨頂である。初代である祖父が築き上げた同族会社だが、長男と二人の弟の確執と、バブル景気に踊らされた時代が、この物語に幅と奥行を与えている。読み手である自分はバブル時代に就職し、バブル崩壊までを実体験しているだけに、この物語の着地点に清々しさを感じずにはいられなかった。

  • 最初重たい小説なのかと思ったけど、読み始めたら止まらなくなった…!久しぶりに読みきるのが惜しいと感じた本。

  • 評価は5

    内容(BOOKデーターベース)
    零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

    作者の昔の作品らしいが、読む手が止まらなかった。相変わらず安定感があって安心して読める。

    しっかしダメな叔父達だわ。こんな人が社長やってる会社の社員が気の毒だ。お坊ちゃんってこんなもんなのかな?
    そんな環境の中立派な三代目ってのは少々出来過ぎだとは思うが小説だしありかな。存分に楽しめた。

  • 貧乏アキラと金持ちアキラの因縁対決かと思いきや、視点の違う2人が才能を発揮して、難しい状況を打破していくのは、爽快でもあり感動でもあり、分厚い本だがどんどん読み進む。

  • 期待して読んだが、やはり良かった。
    途中何度も展開を想像したが、違った。
    長さは気にならない。
    続編が出てほしいくらい。

  • またまた池井戸ワールドにどっぷり浸かってしまった。やっぱり面白い!

  • 緻密で大胆、そしてスリリング。まさに傑作。

  • 濃かった。でも一気に読んでしまった。

アキラとあきら (徳間文庫)のKindle版

ツイートする