王朝春宵ロマンセ (キャラ文庫)

  • 192人登録
  • 3.48評価
    • (13)
    • (21)
    • (55)
    • (3)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 秋月こお
制作 : 唯月 一 
  • 徳間書店 (2002年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199002298

王朝春宵ロマンセ (キャラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 親戚一押しのBL本。
    押すだけあって面白かったヾ(≧▽≦)ノ 
    平安物で主従モノの王道。

    意外と時代背景がしっかり書かれていて
    当時の暮らしぶりが垣間見える。

    如意輪寺で門主・慈円阿闍梨に仕えていた稚児の千寿丸。
    寺の賓客・拓尊阿闍梨は
    千寿丸の見目麗しさに身分ある訳ありの捨て子と睨み
    自分の権勢欲の道具にと手に入れようとするが危機一髪!!
    千寿丸は寺を逃げ出し在原業平と藤原諸兄に助けられる。
    助けられた恩返しにと千寿は諸兄に仕えるが……
    堅物で朴念仁の諸兄と千寿丸の恋と
    千寿丸に迫る魔の手!!
    ハラハラドキドキの展開

  • <2011.8.7>
    千寿の最初の方の話ってこんなんだったんだ、と改めて思った…。
    千寿と拓尊が云々…ってぐらいしか覚えてなかった。

  • ロマンセシリーズを読み返しました^^
    内容はとにもかくにも、この時代が生き生きと書かれているのは
    嬉しいです。
    しかもそれがBLで読める幸せ!

    生き生き感があってなおかつ
    時代考証の参考になるものとしては、
    「桃尻語訳枕草子」を重宝して使っていました^^

  • 主人公たちもいいけど、ほかのカプが好きなんです(笑)
    なので、番外がスキです。
    漫画は1巻しか読んでない。

  • 秋月名義を初めて読みましたが、あらすじから雰囲気が違うなと。

  • 平安王朝絵巻の豪華絢爛BL版が楽しめます!

    第一巻は稚児の千寿丸が寺から逃げ出し、
    貴族の藤原諸兄に助けられラブラブになるまでのお話。
    陰謀うずまく宮廷の華やかな平安貴族生活に浸れます。

    日本史好きな方は必読です。

  • このシリーズを読んでBL小説への認識が根底から覆された。

  • 歴史モノも結構好き・v・

  • まんがです。

  • 利発で愛らしい千寿丸は、大寺で働く捨て子の稚児。でも実は、高貴な家柄のご落胤らしい!?出生の秘密を巡って僧達に狙われ、ある晩ついに寺を出奔!!京を目指して逃げる途中、藤原諸兄に拾われる。有能な若き蔵人の諸兄は、帝の側仕えの秘書官で、藤原一門の御曹司。一見無愛想な諸兄に惹かれ、千寿は世話係として仕えることに!?京の都で花咲ける、恋と野望の平安絵巻。

全17件中 1 - 10件を表示

秋月こおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

王朝春宵ロマンセ (キャラ文庫)に関連する談話室の質問

王朝春宵ロマンセ (キャラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王朝春宵ロマンセ (キャラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王朝春宵ロマンセ (キャラ文庫)の作品紹介

利発で愛らしい千寿丸は、大寺で働く捨て子の稚児。でも実は、高貴な家柄のご落胤らしい!?出生の秘密を巡って僧達に狙われ、ある晩ついに寺を出奔!!京を目指して逃げる途中、藤原諸兄に拾われる。有能な若き蔵人の諸兄は、帝の側仕えの秘書官で、藤原一門の御曹司。一見無愛想な諸兄に惹かれ、千寿は世話係として仕えることに!?京の都で花咲ける、恋と野望の平安絵巻。

王朝春宵ロマンセ (キャラ文庫)のKindle版

ツイートする