十億のプライド (キャラ文庫)

  • 62人登録
  • 2.82評価
    • (2)
    • (3)
    • (23)
    • (8)
    • (3)
  • 9レビュー
著者 : 愁堂れな
制作 : 汞 りょう 
  • 徳間書店 (2004年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199003288

十億のプライド (キャラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★2.5。王子タイプの攻がいい人過ぎたり、受が恋愛的な意味でほだされるのがちょっと急な気がしたり、BLとしての萌えはあまりなかったですが、親子愛エピソードを持ち出されるとウルウルせざるを得ない…。

  • カミングアウト済みのリーマン・木村×同期で営業マントップ・逢坂のカップリングです。
    体と交換!みたいな感じで、逢坂に
    10億円規模の契約のお話が・・・
    それをカミングアウト済みだったので、木村に質問をして・・・
    感じで、お話が進んできます。
    契約のオファーを出した社長が、結構あっさりと逢坂をあきらめたところが
    あんまりしっくりきませんでした。
    その点がちょっと物足りなく感じました(;一_一)

  • 2009/04/28

  • あらすじ:「十億の契約の条件は、君が愛人になることだ」。取引先の青年社長からそう口説かれてしまった逢坂。トップ営業マンのプライドにかけて、この契約は逃せない…!!ところが、それを知った同期の木村に強く制止される。そのうえ木村は、「男に抱かれるということを教えてやるよ」と逢坂を抱きしめてきた!!昼間は温厚で優しい木村が、なぜかその夜は貪るように逢坂を貫いて…。

  • 一途な愛を貫くのも良いのですが、どうせなら十億で
    プライド売ってからの話が読みたいと思ってしまう
    キチク読者です…腐っててスミマセン…

  • ボツになったというタイトルで出版されてたら、私の目にはとまらなかったかも・・・。いや、時代物なのかと誤解して逆に購入後「違うじゃん!」と一人ツッコミをかましてたかも。

  • (イラスト:汞りょう)十億円はプライドの値段としては安いんでしょうか高いんでしょうか。ゲイの研究員Xトップセールス営業マンのリーマンラブです。「太鼓持ち営業」って言うかなぁ。「枕セールス」とかって聞いたことはあるけど。どっちにしろ、愛人契約の見返りに10億の商談を持ちかけられた野心家なノンケの受け君は同期でゲイである事をカミングアウトしている攻め君に相談します。

  • あまりにも挿絵が素敵で、近衛社長[悪役・・・(笑)]を憎めなかった。秘書の安東さんとなにかあるでしょう(笑)。お金の有る無し、肉親の愛情、同僚のやっかみ。「愛する人のすることはなんでも許す」という言葉はすごいなぁ。

  • 十億の契約の条件として愛人契約を申し出られた主人公(受)。絵にかいたような(笑)鬼畜契約主との絡みが結構生々しいので、ファンタジー路線に飽きた方はぜひドウゾ(笑)。
    家庭環境で心にキズを持つ二人が待ちわびていたのは「許し」。最後にはちょっぴり泣けてしまいました。

全9件中 1 - 9件を表示

愁堂れなの作品

十億のプライド (キャラ文庫)を本棚に登録しているひと

十億のプライド (キャラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十億のプライド (キャラ文庫)のKindle版

ツイートする