アパルトマンの王子 (キャラ文庫)

  • 201人登録
  • 3.33評価
    • (10)
    • (27)
    • (48)
    • (11)
    • (2)
  • 19レビュー
著者 : 榎田尤利
制作 : 緋色 れーいち 
  • 徳間書店 (2007年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199004629

アパルトマンの王子 (キャラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「家賃の予算三万円で庶民の暮らしを学びたい」と親の代から続く不動産屋を継いだ優一の元に現れたセレブな御曹司・世羅。

    世羅は、金髪にゴージャスでタキシードで明らかに周囲から浮いている格好の通りに、世間常識もあまりよくわかってないようだった。
    成り行き上、世羅の世話をすることになった優一だったけれど、世羅は、少々ずれているところもあるけれど、基本的にはまっすぐで、優一のいうことも素直に聞く。
    おまけに、優一の家族にもすっかり気に入られてしまい、優一の家に入り浸りに……。

    というちょっとした身分違いの恋。
    見た目よし! 性格良し! おまけに自分のことを好きだ、と言って慕ってくれる……となれば、好きにならない方がおかしい。
    そんな感じで、ゆっくりとした恋愛物語が好きな方にオススメです。

  • 胸キュンも、盛り上がりもなんもなかったな。

  • あんまり好みの題材じゃなかったんでだいぶつんでました。
    読んでみたらすっごくよかった。
    家族物はどうしたって泣いちゃう。。。
    恋愛面は甘甘でした。

  • 金持ち攻×苦労人受。感情や葛藤するさまの表現が素晴らしい。受はなぜそこまで我慢するんだ?!と思いつつ、心情がわかってしまうから切ない。BLとしてはぬるいのかもしれないが、一冊の本として十分楽しめる。

  • 交渉人、榎田尤利の流れで読んでみる。イマイチ。ストーリーもイラストも好みじゃない。

  • 家族愛の話でした。長男の苦労や、手のかかる弟だと思っていたら、意外と長男のことを理解してたり。そんな話でした。タイトルにある王子より、5人兄妹のほうがインパクト強かったかな。

  • 御曹司X不動産屋 甘すぎて△

  • 貧乏生活を味わいにきた王子様×貧乏生活を手助けする不動産屋さん(5人兄弟の長男)のお話。
    一人暮らしをしたことがないのでわかりませんがちょっと勉強になったり。王子様が突拍子もなくて楽しいです。これって海外いてもわかるんじゃない、と思ったり。それも作戦ですかね。家族に囲まれてる感じがします。これを読んだあと、なぜかMIND SCREEN〈6〉を読みたくなってしまいました。

  • 『ゆっくり走ろう』
    『歯科医の憂鬱』
    『ギャルソンの躾け方』
    ⇒『アパルトマンの王子』
    『理髪師の些か変わったお気に入り』

  • 萌えは少なかったけど、けっこう 泣きました。
    BLシンデレラ、って感じかな??

全19件中 1 - 10件を表示

榎田尤利の作品

アパルトマンの王子 (キャラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アパルトマンの王子 (キャラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アパルトマンの王子 (キャラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アパルトマンの王子 (キャラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アパルトマンの王子 (キャラ文庫)のKindle版

ツイートする