他人同士2 (キャラ文庫)

  • 197人登録
  • 3.71評価
    • (16)
    • (42)
    • (41)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 秀香穂里
制作 : 新藤 まゆり 
  • 徳間書店 (2008年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199004957

他人同士2 (キャラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 諒一の過去の恋愛話の回想が半分、
    その後元恋人と再会してからが半分。

    う~わ~タチ悪い男と付き合ってたんだなぁ…。
    初々しい諒一の恋愛は1巻を読んで別れてることが
    分かっているのでハラハラしながら読みました。
    ある程度覚悟してたけど、やさしそうな人が
    きついって堪えますね…。

    でも今は暁がいるから幸せ、って思ったのに
    またオビさんと再会して絡みだすから
    更にハラハラしました。

    帯の紹介で有名カメラマン(横暴)のアシスタントになる暁。
    言っても小説なんで、ありえない前向き精神で
    過酷な状況も乗り切っちゃうのかなと思ったら
    暁も普通にへこんでしかもクビになってきつい展開…。

    ほんとにオビさんは悪魔!
    って思ってるのに何で寝ちゃうかな~諒一は!
    と、ヤキモキした2巻でした。
    面白かったので一気に読めました。」

    諒一の攻めも受けも楽しめるのはなかなか良かったですw

  • 帯がうざすぎて奈落の底に叩き落としたい♡

  • キャラクターの台詞と行動が私の中でグサリとくるものがあって、衝撃を受けました。
    また、凄く期待していたのですが、期待以上の読み応え。1巻よりもさらに深く楽しませていただきました。
    さぁ、3巻を読むぞ!

  • なんか痛すぎる、なにもかもが痛すぎる。受けなのか攻めなのかわからない主人公?が意味不明。この人をこんなんにした受けも途中まではわからないでもない感じだったけどもう最後は年寄りだまれ。主人公の相手の攻めがかわいそうすぎる。もう★2にしようと思ったけど、続けて3を読んだ結果おまけで★3

  • 受(あくまで攻め希望)の歪んだ恋愛観が形成された過去をのぞかせつつ、現在進行形の発展しそうでしない恋。 
    もう心が寄り添ってるのに、とらわれた過去ゆえに近づけないもどかしさ…久々に涙しちゃったわよ。
    1があんな感じで終わったから1話(冊)完結で進んでいくものだと勝手に思い違い。なんてところで切れるのよ!これから3巻を買いに行くわよっ!!

  • 2013年8月

  • 前半は諒一の過去のお話。
    魔性の年上受けに翻弄されて別れを告げられる場面は何とも胸が痛い。
    あまりにドライでリアルな帯の言葉は恋に溺れる相手にはトラウマにもなるわな。
    若かりし諒一が微笑ましい…と親目線ww
    後半は現在に戻り再会の展開になりますが、そこでも一波乱あり…。
    必ず最終巻を揃えて読むことをオススメします。

  • ★2.0。シリーズ2巻。前半の受の過去話が面白かった。今でこそドライな受が、年下攻として魔性の年上に弄ばれている様子が意外で可愛い。ただ、それ以降は受が1巻と同じようにひたすらプライドでグルグルするばかりで、攻との進展もなく残念。何よりまさかわざわざ帯に連絡した上、会いに行って抱くとは…。いくら帯の罠とは言え、結局は受自身の意思で流されてしまったわけで。意思がなきゃ抱けないし。そんな自分の弱さと狡さを認めず、一方的に腐って暁を傷付けてしまう受のダメンズさにイラッ。理解出来るも共感は出来ず。

  • そ、そこで終わる?! と思ってしまいました。大人買いしておいてよかった。

  • 『他人同士1』
    ⇒『他人同士2』
    『他人同士3』
    『大人同士』 スピンオフ
    『恋人同士~大人同士2』スピンオフ

全23件中 1 - 10件を表示

秀香穂里の作品

他人同士2 (キャラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

他人同士2 (キャラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

他人同士2 (キャラ文庫)のKindle版

ツイートする