地味カレ (キャラ文庫)

  • 66人登録
  • 3.04評価
    • (1)
    • (5)
    • (14)
    • (6)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 榊花月
制作 : 新藤まゆり 
  • 徳間書店 (2009年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199005510

地味カレ (キャラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこが地味?wwwまぁいいんだけどw 
    途中、登場人物が多すぎて読んでるのがめんどくさくなってきたんですがwww

  • うーんなんか恋愛までに時間かかるっていうか~。
    最初の方はもう普通に新社会人のお話。って感じ。
    新入社員でキツイ先輩がいて、閑職で。グチグチやってるときに派手な社長の秘書である穂神と知り合って。地味な人だと思っていたけど、良い先輩で・・・。
    って感じなんですけど。
    なんかなー。イマイチ恋愛が盛り上がらないっていうか。
    最後にバタバタ締めくくった感があってなんだかなぁ。ってところでしょうか。ま、イキナリくっついてもおかしいわけだが。
    妙に盛り上がらない話だったわ。

  • 「地味カレ」と言いつつ、そんなに地味でもなくて、むしろストーリー自体が地味な感じでした。なんだか回りくどい話の進め方と思ってしまった。

  • あらすじを読み、どんな地味なお相手が?!と楽しみにしていたけれど
    全然地味じゃなくて、ちょっぴり肩透かし。
    地味カレは、攻めの社長秘書のことを言っていると思うのだけど
    彼、社長が華やかで豪傑なのに比べて、もの静かで仕事ができて、ってだけで
    スマートエリートさんでしたよ。主人公(受け)の方がよほど地味かと。

    地味キャラ=パッとしないけど、スイッチが入るとむふふ☆とか
    仕事の場では存在感ないんだけど、オフタイムに豹変するの☆とか
    そういうのを期待してしまうんです。タイトルの不一致(苦笑。

    お話自体は、仕事する男、悪戦苦闘しながら成長する若手の様子などが
    きちんと書かれていて結構楽しく読めました。萌えとエロは薄目ですけどね。

  • 定価で買わなくってもよかったかも・・・。

  • [社長秘書×新入社員]

    文章を読んでいるのがとても心地よい作品でした。
    楽しく読めましたが、このカップルがお似合いに見えない・・・ナゼ?
    濡れ場は必要なかったのでは?と思うくらい普通なお話。
    無理矢理一冊に詰め込んだ感がありました。
    もう少し長くても楽しく読めただろうなと思いました。

    ☆あらすじ☆
    新卒フレッシュ社員・池後一意の初仕事。それは、社内報を作るため、社長に密着取材をすること!一代で会社を築いた若き帝王は、自由奔放やヤリ手のイケメン。そんな社長の背後にひっそり佇む秘書・穂神壮。仕事はデキるけど、なんだか地味でパッとしない。一見したら生真面目メガネの堅物系?でも、なぜか一意は彼が気になって仕方がない。そんな矢先、穂神に突然告白されて…。

全6件中 1 - 6件を表示

榊花月の作品

地味カレ (キャラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

地味カレ (キャラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地味カレ (キャラ文庫)のKindle版

ツイートする