【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)

  • 71人登録
  • 4.56評価
    • (16)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 凪良ゆう
制作 : 葛西リカコ 
  • 徳間書店 (2014年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784199007811

【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吃音症の為無口で友達もいない・平良✕人気者だけどクール・清居。彼らの高校時代はちょっと読んでいて気分が良いものではなかったけど、ここまで清居への信仰心というか崇拝している平良の突き抜けてる感が、キモい通り越して感心するほど… これでどうやって恋愛にいくんだろうと思っていたけど清居視点の『あまくて、にがい』でこう来るのかぁと、さすが凪良さんと思った。咬み合わない2人に思わず清居、頑張れ!って思っちゃいました。ネガティブ俺様になるほどな…と。とても面白かったです。

  • 凪良さんのご趣味全開とのこと、自分も超どツボです【前半】平良が、美しい清居を自分のキングと想うまでの心の流れが秀逸。とはいえ平良も実はカッコ良く性格も良いという設定も好み(個人的にBL的鉄板)【後半】清居視点は、平良視点でのあれこれをことごとく覆し、前半脳内でクラッカーが弾けた「そいつと俺と、どっちが好きなんだよ(清居)」の台詞は唐突でもなんでもなかったんだとニヤニヤしっぱなし。前半は眉間に、後半は目尻に皺を増やしてくれてどうしてくれようと半泣きで読了★葛西さんのイラストで読めたことも幸せでした◎

  • 前半の高校生時代、いじめ(パシリ)のシーンは読んでいて胸糞悪くなるけれど、どんな状況でも平良の気持ちは怖いほどブレなくまっすぐ清居に向けられて、その清居も自分のスタンスを変えないところが救いだった。
    数少ない二人きりのシーンは暴言が降ってきながらも穏やかな雰囲気が流れていて良かった。
    卒業式後ではおおおっ!?となり後半は清居が思ってたよりも感情の起伏が激しくころころと感情が変わっているのが可愛かった。どこまでもネガティブな平良に振り回されながら必死に彼との距離を縮めようとする清居になんども頑張れ、と応援してしまった。
    ただ気持ち悪い人は嫌だけどここまでピュアだと読んでいて可愛く思えてしまう…きもピュア攻いいですね。

    読む前と読んだあとだと表紙の清居の表情が全く違うものに見えて。ごちそうさま!と言いたくなります。

  • 吃音のせいで、ピラミッドの底辺にいる攻めと、攻めをパシリに使いながら誰に媚びることもしないキングである受け。

    凪良先生は小道具使いが上手いですね…攻めが心の中でアヒル隊長に呼びかける所とか切なすぎる。
    受けを崇拝しすぎて、キモい、ストーカーと言われる始末だけど、そんなに気持ち悪いほどの執着ではなかった。

    そんな攻めが違う意味で孤高な受けに惹かれていくのは充分共感できた。でもやっぱり受けの行動は快く思えないし、どういうつもりでパシリにさせたのかよく分からなかった。後半の受け目線の話からは、案外受けが普通の思考の持ち主だと分かってからは余計にそう思う。もっと浮き世離れした人だと思ってたから…。でも、崇拝され過ぎて恋愛に発展しないすれ違いは切なかった。

    どうでもいいことですが、なぜエロ事に関しては攻めは落ち着いててイニシアチブ握っているっぽいのだろう(笑)ちょっとそこを攻め目線で読みたかった。

  • 吃音があり周りとは馴染めずにいた平良。高校二年で清居と出会い世界が変わる。美しい清居。清居のためなら、清居のために、清居ごいるから。絶対的な清居への想いは信仰に近いものがあるようにも思える。
    そして清居自身も、平良を周りの一人、から違う存在へとなっていつて。


    読んでいて辛い場面もありました。
    一見傲慢な王様然としているだけの美しい清居。まるで御釈迦様ですよね。
    でも読み進めて行くうちに、特に清居目線の話になってから、清居への感じ方がほぼ180度変わりました。

    ほっこりするような話でもなく、受けの健気さ儚さといった話でもないのですが、よくありがちな出来た人間、優秀な人というのでなく、失敗も喪失も乗り越えていく人の内面、成長過程がとてもよく描かれています。


    まあ平良は変わってはいますけどね。

    二人が幸せならそれでいい。


    平良のご両親もびっくりしながらも二人を受け入れてくれて、お母さんは海老コロッケ山程揚げてくれるんだろうね。



    Amazonでもらったおまけペーパーはまた違った意味で良かった。
    平良のすることは唐突過ぎて引くよね、やっぱり。でも引くのと嫌いになるのは違います。
    愛情の絆はどんどん深くなっていくと、そう思いたい。


    ただ美しいだけでなく凛とあれ、清居くん!

  • ストーリー的には悲壮感たっぷり重いストーリーととらえてたけど清居のオレ様なのにピュアなとこになんか憎めず、平良の意外と男っぽいとこになんか救われたかんじで読んだ後はあっ、もう、こいつらって思わず笑ってしまった。もう、勝手にして!って感じ(〃艸〃)

  • 元いじめられっ子で下僕のストーカー×美形、つまり根暗でオタクっぽくて昔も今もキモイあいつを俺はなんで好きになったんだ!?という部分が非常に良かったし、大好きで、良かった。良かった(大事なことなので2回)。こういう、美人で、高慢で、寂しがりの受けはぜひ立花慎之介の声を与えたい。
    凪良ゆう作品のキャラクターはどれも活き活きしているところが好きなのだけど、これも葛西リカコ画の美術的な美しさに凪良要素が加わって、間違いなく今年最後の名作だった…。

  • きもウザ攻×強気美人受。
    凪良センセは、こういうタイプの攻を描いたら異常に上手いとつくづく思いました。あの「恋愛犯」以来の突き抜けた感ある、アブナイ困った攻ですw
    平良は、「恋愛犯」の日永みたいにここまでやるかという執着ストーカー型のDT攻という共通点はあるけど、陰湿感がうすく、どちらかというとアイドルの追っかけファン気質みたいなものを感じました。神を穢しちゃいけない、という思考が分かりすぎて辛かったです…w
    熱烈な信者、崇拝系で、平良の清居に対する気持ちには苦笑しながらも圧倒されました。
    一兵卒とか、アヒル隊長にもうけまくりました!実はかなり面白いヤツじゃないかと推測。

    学園生活にスクールカーストの状況を交えながらの描写や、平良と清居の奇妙な交流に甘酸っぱいものを感じました。心無い同級生の仕打ちにも飄々として弱さを見せない清居や、学校では底辺でも家庭的にはとても愛され恵まれている平良には、どこかほっとさせるものがあります。

    「ビタースイート・ループ」では、平穏な大学生活を送る平良が未だ引きずっている未練に共感してドキドキしてしまいました。好きって言って勝手に終わってる平良にはすっごく苛立ちながらも、何とかしてあげたくなります…
    そして別の子とくっつくかと、とってもヤキモキさせられました。

    「あまくて、にがい」はそれまで全然わからなかった清居の心情があふれんばかりに伝わってくるすごくいい話でした。ちょっと感動。
    そんな風に思ってたなんてね…そうだったのね…!
    と、ニヤニヤがノンストップになってしまいました。もう、ヤバいです。清居がかわいすぎる!悶えました。
    気持ち悪い戯言を、複雑に甘い気分で聞いてた…とか、何なのこの二人は。あまーいです。

    思っていたよりとても後味の良い仕上がりです。
    Hシーンは期待以上でしたが、時折クスッと笑わせる場面も。エロ的にかなり面白いことになっていました。
    葛西リカコセンセのイラストがとてもきれいで美しい彼のイメージが湧き上がります。

    後日談SSは平良がまたとんでもないことやらかしちゃっていました。愛はすごく感じたけど、今度はもっとラブラブイチャイチャで平穏無事な二人の様子も読んでみたいですw
    読み返すこと間違いなしの一冊。

  • 流れていくアヒル隊長には身につまされる思いです。

    AmazonのSSも短くてもしっかり平良が描かれていてさすが凪良さんです。

  • 同級生 
    吃音が原因で無口で友達もいない・平良×人気者・清居

    切り口が凪良氏らしく、心情的に痛いけれど染み入る感じ。
    清居の、なかなか両想いになれない現状にヤキモキするところや、ヤキモチが可愛くていいね。

全10件中 1 - 10件を表示

凪良ゆうの作品

【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)に関連するまとめ

【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)はこんな本です

【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

【Amazon co.jp限定】美しい彼 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする