伯爵と革命のカナリア (キャラ文庫)

  • 24人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 櫛野ゆい
  • 徳間書店 (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199008696

伯爵と革命のカナリア (キャラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ▼あらすじ

    美しい白い翼に、天使の歌声をもつ有翼人種――通称カナリア。
    愛玩品として見せ物小屋で歌うことを
    強いられていたノワールは心も声も枯れ果てていた。
    「そのカナリアは、私が言い値で買おう」
    そんなノワールを冷たい声で買ったのは美貌の貴族の男・シルヴェストル。
    不機嫌そうな新しい主人に、ノワールは怯えるばかりで…!?
    王政への不満が募る革命前夜、身分差の愛に、激しい嵐が吹き荒れる!!

    ***

    表紙の雰囲気と“革命”という言葉からシリアス寄りで耽美なお話なのかな?と
    勝手にイメージしていたのですが、蓋を開けてみたら思いがけず甘々なお話で、
    300ページもある割にはとっても読み易い作品でした。
    作者さんもあとがきで仰っている通り、フランス革命を連想させる
    緩い歴史ファンタジー仕様のお話になっているのですが、
    本に厚みがあるからと言って読んでいてハラハラするような重厚なストーリーを
    期待して読むと少し拍子抜けするかな?って思うくらいにはライトな印象でした。

    私は甘々なお話は勿論、身分差やファンタジーといった設定が大好きなので、
    最後までそれなりに楽しく読めはしたのですが、もう少し読み応えのある
    ストーリーを期待していただけに、惜しいなと思う部分が多々ありました。
    ただ、これで読み応えバッチリな本格的な歴史ファンタジーものにするとなると
    革命がテーマなだけにどうしても血腥くなってしまったり、全体的に重たくなって
    しまうと思うので、これはこれで良かったのかな、とも思ったり。
    特に、疲れている時や重たい話を続けて読んだ時の箸休めに読むには
    糖度高めなので丁度良い作品かもしれません。

    個人的にはストーリーよりもキャラ達に魅力を感じたかな。
    リュリュなんて脇キャラにしておくには勿体無いくらい魅力的に
    描かれていましたし、執事のハインリヒも作者さんが熱を入れているだけあって
    「私もこんな執事ほしい…!」と羨んでしまうくらい素敵でした。
    カナリアという有翼人種もファンタジー好きには楽しめる設定でしたし、
    とりあえず攻めが受けを溺愛するお話が好きな方だったら、
    まず問題なく楽しめる作品かと思います。(^^)
    因みに、穂波ゆきね先生のイラストは作品の雰囲気に合っていて
    文句無しに素晴らしかったです。(特にリュリュの挿絵が良かった…!)

  • 伯爵のシルヴェストル×有翼人種・カナリアのノワール。
    最初はよかったんですけどねぇ…。ヴァレリアンがノワールの夜会行きに賛成な方向になるところで、はぁ? となっちゃって、一気に冷めました。その後の展開もちょっと都合よすぎて入り込めなかった。
    好みの要素いっぱいだったのに残念。ふたりのラブラブっぷりはよかったです。
    穂波先生のイラストも素敵でした。

  • う〜ん…惜しいな。ノワールが有翼族という設定や、伯爵に助け出されて大切に育てられるという序盤はもう大変好みだけど。内緒でカナリアの衣装を着て出掛けたノワールや連れ出した従兄弟達への伯爵の怒りや不安にはとても同情したのに王室へのクーデターはノワールやリュリュ達の犠牲無しでは成し遂げられなかった結末になにかモヤっと。ノワールや伯爵の母の様な黒髪黒瞳には実は有翼族の最高位の血筋でノワールの歌声にもっと力があって王が滅びるとかなら良かったのに(妄想)★穂波さん絵◎

全3件中 1 - 3件を表示

櫛野ゆいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印

伯爵と革命のカナリア (キャラ文庫)の作品紹介

美しい白い翼に、天使の歌声をもつ有翼人種――通称カナリア。愛玩品として見せ物小屋で歌うことを強いられていたノワールは心も声も枯れ果てていた。「そのカナリアは、私が言い値で買おう」そんなノワールを冷たい声で買ったのは美貌の貴族の男・シルヴェストル。不機嫌そうな新しい主人に、ノワールは怯えるばかりで…!? 王政への不満が募る革命前夜、身分差の愛に、激しい嵐が吹き荒れる!!

伯爵と革命のカナリア (キャラ文庫)のKindle版

ツイートする