NOVEL21 少年の時間―text.BLUE (徳間デュアル文庫)

  • 67人登録
  • 3.46評価
    • (3)
    • (8)
    • (14)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : デュアル文庫編集部  寺田 克也 
  • 徳間書店 (2001年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199050343

NOVEL21 少年の時間―text.BLUE (徳間デュアル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SFアンソロジーです。
    上遠野浩平先生の「鉄仮面をめぐる議論」は、ナイトウォッチシリーズのサイドストーリー的な感じ。
    こちらが目当てでしたが、クローン医療がの題材平山夢明先生の「テロルの創世」、
    リアル犬型ロボットとネット社会が題材の菅浩江先生の「夜を駆けるドギー」、
    都市伝説系ファンタジックSFの山田正紀先生の「ゼリービーンズの日々」も好きでした。

    鉄仮面をめぐる論議 上遠野浩平
    夜を駆けるドギー 菅浩江
    蓼喰う虫 杉本蓮
    ぼくが彼女にしたこと 西沢保彦
    テロルの創世 平山夢明
    ゼリービーンズの日々 山田正紀

  • 6人の作家によるSFアンソロジー。
    上遠野浩平氏のナイトウォッチシリーズの続編短篇?
    最後の方にチョロっと出てきた鉄仮面の話が読みたくて購入。
    面白かったです♪
    それだけ読んでやめようと思ったけど、次の作品が
    菅浩恵さんだったので読んで正解。
    他にも、平山夢明氏、杉本蓮氏、西沢保彦氏の作品も面白かった。
    山田正紀氏の作品は合わなかったなぁ〜(^o^;

  • 確か徳間デュアル文庫創刊時の記念短編集だったはず。
    購入の目当ては上遠野さんだったけれども、一番のお気に入りは菅さんの『夜を駆けるドギー』でした。
    全体的にライトノベルというよりは、ジュブナイルの空気。SF好きならばどれか一つは琴線に触れる短編があると思います。
    絶版のようですがおすすめ。

  • デュアル文庫の編集部が出したアンソロジーの第1弾。
    作家陣がさることながら、収録されている話もラノベとしては秀逸。

全5件中 1 - 5件を表示

NOVEL21 少年の時間―text.BLUE (徳間デュアル文庫)はこんな本です

NOVEL21 少年の時間―text.BLUE (徳間デュアル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NOVEL21 少年の時間―text.BLUE (徳間デュアル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NOVEL21 少年の時間―text.BLUE (徳間デュアル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする