銀河英雄伝説外伝〈2〉星を砕く者(上) (徳間デュアル文庫)

  • 123人登録
  • 3.82評価
    • (17)
    • (6)
    • (26)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 田中芳樹
制作 : 道原 かつみ 
  • 徳間書店 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199051050

銀河英雄伝説外伝〈2〉星を砕く者(上) (徳間デュアル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【89】

  • ラインハルトとキルヒアイスがずっと一緒にいられたら良かったのに。

    「黄金の翼」と本伝の間。
    後が分かってて読むと結構苦しい。

  • ラインハルトとキルヒアイスがまだ充分な実権を持てていない頃の話。同盟軍の御しきれないマヌケな艦隊の長のおかげで活躍して昇進し、ローエングラム伯爵家を継ぐ直前。アンネローゼを狙うベーネミュンデ伯爵夫人の暗躍や、門閥貴族のパーティで起こった門閥貴族によるテロの報復戦争で窮地に陥ったミッターマイヤーを助けるため、ロイエンタールがラインハルトの仲間になる話など。

  • 原作開始約1年前からの話。<br>
    ブリュンヒルトに一目ぼれのラインハルトが可愛いです。

  • 銀英伝の外伝、まだ発展途上のキルヒとハルトの物語である。
    昔の日々がまぶしくて懐かしいな・・・・
    イラストは道原が改めて書き下ろししたため、若干ラノベ(?え?もともとライトノベル?)に転身しつつ・・・

  • 「卿らの上に大神オーディンの恩寵あらんことを!!」

    銀河帝国と自由惑星同盟が戦う話〜

    まあ普通は自由とかついてる方が勝つし、主人公も自由惑星陣営なのに・・・・

    帝國がカッコいいんだ!!

    俺、スターウォーズも帝國めっさカッコいいと思ってるしね!!デススターとか!!

    正義とか平和とかなんてダメダメだな、

          帝國万歳!!


    でも、自由は欲しいよな〜

全6件中 1 - 6件を表示

田中芳樹の作品

銀河英雄伝説外伝〈2〉星を砕く者(上) (徳間デュアル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀河英雄伝説外伝〈2〉星を砕く者(上) (徳間デュアル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀河英雄伝説外伝〈2〉星を砕く者(上) (徳間デュアル文庫)の作品紹介

宇宙暦795年、銀河帝国軍と自由惑星同盟軍は不毛な戦いを続けていた。弱冠19歳にして帝国軍中将となったラインハルトは、着実に武勲を重ね昇進してゆく。一方、宮廷内では皇帝の寵愛をうける姉アンネローゼが陰謀に巻き込まれようとしていた。姉を守り、秘めた野望を実現するため新たな味方を探すラインハルトとキルヒアイス。そんな二人のもとに、ある嵐の夜、金銀妖瞳の青年士官ロイエンタールが面会を求めて訪れるが-。

ツイートする