大正探偵怪奇譚〈第3巻〉縁 (徳間デュアル文庫)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 揚羽千景
制作 : 藤城 陽  松田 環 
  • 徳間書店 (2009年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199051937

大正探偵怪奇譚〈第3巻〉縁 (徳間デュアル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大正探偵怪奇譚第3巻。

    すごく切ない結末で、ちょっと泣けました。
    変わることを受け入れた兄と、変わることを受け入れられなかった弟。
    どちらの気持ちも痛いくらいよくわかって、悲しかったです。

  • 3巻で、また現代に戻り、事件です。
    連続神隠しの次は、連続爆破事件か・・・。
    なかなか気の抜けない帝都。
    人と仲良くやりたい兄と、人を殺し続ける弟。
    その間に根深くある、母親の存在。

    このオカン怖い。モンペだ。
    弟くんは外見に合わず、非常にマザコンでファザコンでブラコン。
    家族以外はどうなっても構わぬというスタンス。
    や、普通に家族を大事にしてるってことなんですけど。
    妖怪よりも、人間は人間にヒドイことするよねっていう。

    殺陣とか、そういうアクションシーンがアッサリ終わってしまった感があって、ちょっと残念です。

  • 気になるが、どうなんだ?

全4件中 1 - 4件を表示

揚羽千景の作品

大正探偵怪奇譚〈第3巻〉縁 (徳間デュアル文庫)はこんな本です

大正探偵怪奇譚〈第3巻〉縁 (徳間デュアル文庫)を本棚に登録しているひと

大正探偵怪奇譚〈第3巻〉縁 (徳間デュアル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大正探偵怪奇譚〈第3巻〉縁 (徳間デュアル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

大正探偵怪奇譚〈第3巻〉縁 (徳間デュアル文庫)の作品紹介

銀座でカフェを営む伯母の九尾、メイドのたま子と暮らす丑三進ノ助は、文筆活動をしながら、探偵をしている。しかし、その正体は平安より生きる鬼・夜叉丸。帝都東京で起きた連続爆破事件。その真相を探る進ノ助は、紅蜘蛛少佐こと、弟・地獄丸の痕跡を見つけた。兄と弟の果てなき戦いは、帝都を揺るがす陰謀へと…。鬼でありながら、人とともに生きる兄。鬼であるために、人を殺しつづける弟。彼らに未来はあるのか。

ツイートする