西村ツチカ作品集なかよし団の冒険 (リュウコミックス)

  • 525人登録
  • 4.06評価
    • (56)
    • (66)
    • (34)
    • (6)
    • (0)
  • 50レビュー
著者 : 西村ツチカ
  • 徳間書店 (2010年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199502149

西村ツチカ作品集なかよし団の冒険 (リュウコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どの話もどこかズレてて、どこか鋭くて、そして可愛い。

  • 短編集/不条理/論理じゃなく感覚
    「ピューリッツァ賞」が面白い。そして、あとがきが。

  • 表紙がかわいい!
    独特すぎるけど気になっちゃう。

  • コマ割含むページの構成、
    空虚な間をもった画面に
    唐突に配置されたモチーフ。
    たまに入る白黒コントラストの効いた
    ガッとしたシーン。

    そんな感じは好きです。

    いじめ、盗撮、不倫。
    そんなテーマを
    緩やかにメルヘンに描く。
    (ところでメルヘンて何?)

    キャー!ペドフィリアー!
    という台詞を何故か
    読み終えた今、
    引きずっている。

  • かわいいけど、どことなくかなしい。
    陰影のつけ方が海外の絵画みたいできれいです。

  • 日常からふわっと別次元に持ち上げられたよう。あと、漫画って画面でバイタリティが計れるんだな、と感動しました。
    あとがきの中の「黄色い本」をみて、ああ似てるなあと思いました。F式蘭丸〜

  • 濁流にずあああっと流されるように読まされ、その反動で見せ場では突然ピタッと時間や空気が止まる感覚がある。
    この流されていく感覚と止まる感覚のテンポが絶妙だと思います。
    ツチカ先生すっかりファンです。

  • かわいい絵柄にだまされてはいけない。あるいは、「雰囲気があっておしゃれっぽい絵柄」にだまされてはいけない、と言ってもいい。そんなレッテルを貼るなら読んだ後にしてほしい。ちゃんと「漫画」やってます。
    ガチで人間(とその感情)ってものを描こうという姿勢に好印象。あとなんでかわかんないけど笑っちゃうコマがところどころにある。次が楽しみ。

  • ●とにかくマンガが上手すぎる。絵柄や線も豊富。今年中に知れてよかったって心の底から思うよ。

    ●世の中にはストーリーに絵をつけただけの「マンガ」が多い中、本作は、おおまかな筋は最初から決まってるとは思うのだけど、逆に絵から話が展開していくような流れが多くあって、それが気持ちいい。

    ●あと、だだっぴろい白スペースの使い方が本当に上手いですね。

    ●1作1作絵柄を変えていて、岡田史子っぽいのとか、イラン・コミック?っぽいのとかあるんだけど、だいたいどの話にも「少女」が出てくる。その少女のかわいさが、どれもたまんねえっすよ。「かわいく」魅せるのに、おっぱいとか描かなくていいから。線力だけで十分。

    ●話の流れも、毎回「1ツイスト」あって、そのひとひねりが、意地悪なんだよね(笑)。

  • ピクシヴでファンになった。店に積む予定。高野文子先生のとなりとか、にしようかな。大橋さんとか横山さんとかはこにわ虫の近藤さんとかの近くもいいかも。
    きたいたい。

全50件中 1 - 10件を表示

西村ツチカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
浅野 いにお
有効な右矢印 無効な右矢印

西村ツチカ作品集なかよし団の冒険 (リュウコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

西村ツチカ作品集なかよし団の冒険 (リュウコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

西村ツチカ作品集なかよし団の冒険 (リュウコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする