第七女子会彷徨 (6) (リュウコミックス)

  • 172人登録
  • 4.00評価
    • (15)
    • (26)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : つばな
  • 徳間書店 (2013年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199503481

第七女子会彷徨 (6) (リュウコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 急に現れて急にホラーを持ってくるひとみちゃん。

  • 今巻は教訓に哲学に未来に天国とバランスが良かった。
    『?の見え方』前後編の冒頭、
    「サザエさん方式」について触れているが、
    それが本編にどう関係があるのかがピンと来てない。
    次巻は長編らしいので期待。

  • ゆるい絵柄とファンタジックな要素で騙されちゃうけど、哲学的な本質を秘めた漫画。「ドラえもん」「キテレツ大百科」「笑うせぇるすまん」に近い世界観かなー。

    人生省略術、十字路の悪魔、存在と理由、歴史の1ピース、はかどるラッパ、?の見え方、?の行く場所 収録。

  • 二度三度読んでしまう。

  • 相変わらず不思議
    でもなんかちょっとホラーよりになってきたなあ

  • なんか、こんないい話というか、道徳チックな漫画だったっけ?と思ってしまった。
    このノリならば、次巻の丸々長編というのに期待できそう。

    47話存在と理由、好きです。オチも含めて、こっち側の方が好みではあります。

  • また不思議な思考実験をしておる。

    ?(゚_。)? タイトルとメモ ?(。_゚)?

    第45話 人生省略術
    へんな機械で楽しい時間を。
    第46話 十字路の悪魔
    デジタル天国、愛ってなんだろな。
    第47話 存在と理由
    理由なき行動とは?
    第48話 歴史の1ピース

    第49話 はかどるラッパ
    雑念と欲望
    第50話 前編 ?の見え方
    後編 ?の行く場所
    友達になりたい ひとみちゃん。

    ぽにょ。
    ひとみちゃん怖かったな。

    会いに行ったら迷惑だと思うかななんて思い付きもしない友達ととんこつラーメン食べに行かねばならぬー。

  • アーー、素晴らしかった。
    今回は特に面白かったなぁ。
    ラストの高木さんの宣言も、すばらしかった。
    次巻は大長編、というのは、期待大ですね。

  • ◆人生省略術は17ページの一連の流れに爆笑してしまった◆おにぎりのくだりに「?」と思ってたら連作短編風味だった!こういうまとめ方すき◆金やん派のはずが、高木さんかわいくね?と思い始めてる自分にびっくりしている◆未来人組も気になる…◆7巻はまるごと長編とのことで今から楽しみ(´ω`)

  • 時系列をバラバラにしての連載って、七女の他にはそれ町くらいかな?
    おかけでSすこしFふしぎ感が増してよいです。

全12件中 1 - 10件を表示

第七女子会彷徨 (6) (リュウコミックス)のその他の作品

つばなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

第七女子会彷徨 (6) (リュウコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

第七女子会彷徨 (6) (リュウコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

第七女子会彷徨 (6) (リュウコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする