くおんの森 5 (リュウコミックス)

  • 141人登録
  • 3.79評価
    • (5)
    • (16)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 釣巻和
  • 徳間書店 (2013年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199503689

くおんの森 5 (リュウコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めての友達かと思ったら、親同士が知り合いとか、世間が狭い。
    そして、最後そんなシーンで終わるなんて。

  • 前巻から間が空いてしまったので、ただでさえ抽象的な内容なので理解に苦労した。息子に抱きつく文子が可愛かった。

  • 新しい出会い。
    これをもともと想定していたのかどうかはわからないけれど。

    ちょっとやおいのにおいもするこの4巻から先の流れが、このお話の本番という気がします。

  • 新キャラが◎!ともすると話の流れをわすれそうになるのですが…。彼の登場でますます宮沢賢治っぽくなってきました。

  • ……花が降ってこの巻終了……なぜ花が降る?
    音楽と紙魚の関係がなんとなくわかるようになる巻。

  • 不器用さは美徳。
    物語はいよいよシリアス。

  • 詩音くんがお歌を奏でるところのうつくしさがすごいのです

  • 話が佳境に入ってきた感。

全9件中 1 - 9件を表示

釣巻和の作品

くおんの森 5 (リュウコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

くおんの森 5 (リュウコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

くおんの森 5 (リュウコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くおんの森 5 (リュウコミックス)の作品紹介

本好きばかりがくらす町・栞ヶ浜。亡き祖父の故郷・栞ヶ浜へ引っ越してきた高校生・魚住遊紙。“書痴”と呼ばれた祖父の血を継いだ遊紙には、一度読んだ本の内容は忘れないという特技があった。栞ヶ浜学園で図書館に足を踏み入れた遊紙は、文字を喰う魚〈紙魚〉を飲み込んでしまう。そんな彼の前に、不思議な少女が現れて…!?日常と幻想が入り乱れる、本づくしのファンタジー!

くおんの森 5 (リュウコミックス)のKindle版

ツイートする