十月桜 (リュウコミックス)

  • 47人登録
  • 3.18評価
    • (2)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 中野でいち
  • 徳間書店 (2015年1月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199504334

十月桜 (リュウコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し強引にハッピーエンドに持って行った感があり、大沼田が引いてくのも早すぎる気がしたり。
    展開の配分がハマらなかったのかもしれない。
    女の子たちの絵柄がとても好みなので、次の作品を楽しみにしたい。

  • 4.4

  • カバー下が文庫本ぽくてかっこいい

  • 絵も、その絵の見せ方もとても巧い。そして漫画が巧い。大切な所は文字にせずにしっかりと絵で魅せて来る。ドロドロしたストーリーと展開のはずが、終わってみればとても美しく可愛いお話。

  • ハッピーエンドで終わりはいい感じにまとまったのだけれど……あまり好きじゃない。というのは、キャラがひねくれっぱなしだったからかな(笑)ただ、自分好みじゃないだけで、この作品の感じが好きな人は多いだろうと思う。面白かったので。

全5件中 1 - 5件を表示

十月桜 (リュウコミックス)のその他の作品

十月桜 (RYU COMICS) Kindle版 十月桜 (RYU COMICS) 中野でいち

中野でいちの作品

十月桜 (リュウコミックス)はこんなマンガです

十月桜 (リュウコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十月桜 (リュウコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

十月桜 (リュウコミックス)の作品紹介

ベストセラー作家・櫻島桜太郎の娘で車椅子の少女・桜。彼女は完璧な容姿にあふれる才能を持っていた。その世話係を任せられたのは、多数の人から「いい人」と認識されている司書・鹿島田だった。そんな彼には誰にも言っていない過去があった。それは島田和夫という名でほんのわずかな間だけ作家活動をしていた事。自分のなれなかった存在を父に持つ高慢で美しい桜の姫に対し、暗い怨念を抱く鹿島田だが、そんな彼の内面を桜は本能的に見破っていた。

ツイートする