枯れ男に泉を (キャラコミックス)

  • 115人登録
  • 3.14評価
    • (4)
    • (8)
    • (24)
    • (4)
    • (3)
  • 8レビュー
著者 : 新井サチ
  • 徳間書店 (2010年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784199604263

枯れ男に泉を (キャラコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無愛想な年下男×バツ2のダメ男。石倉(受)は枯れてるといわれてるけとなかなかのお色気。しめじやらまつたけやらお下品な言葉満載の喧嘩風コミュニケーションも男×男って感じで好み。植物と話せたり人格変化しちゃったりちょっと不思議なところもあるけど全体的におもしろかった♪

  • 一度読んでみたかった作家さんです。

  • グリーンメンテの達人×泣きホクロリーマン。
    グリーンメンテの達人は植物の声が聞こえる=ファンタジー!
    なにそれ聞いてない(>_<)
    日常なのに、少しファンタジーが取り入れられてるとか…好みじゃない。
    けど、サラリーマン好きだ( ´∀`)
    サラサラ黒髪☆

  • 予想外ファンタジー。新井さんはなにかツボと違う。

  • 植物と語る態度も背丈もデカイ27歳×イベント企画屋バツ2で33歳。
    ちょっとアダルトテイストでありながら、植物の声が聞こえるなんていうファンタジー入っていて、設定は面白いし、受の石倉、攻の泉どちらも魅力的。男らしいけど、泣きボクロのあるイロっぽい石倉年上受として最高。
    強引ドS俺様な泉と、セクシー系枯れ男石倉との笑えてエロい攻防戦は、楽しいし、スリリングでもあります。
    だんだん、石倉が泉に魅かれていく過程もよかったかな。

    Hや恋愛と園芸がひっかけてあって、下ネタギャグが満開!そこは笑った。
    ま、草木もきちんと上手に育てられない男は、恋の花も咲かせられないということなんでしょうかね。
    含みのある話です。

  • 全体的にキライじゃないけど、泉のセリフがいちいち恥ずかしくて、「うぉぉぉぉぉっ!」と、かゆくなる事数回。なんか、ごめんなさい。
    たのむから、おティンティンをリボンでかわいくアレンジメントしたりしないで下さい。もーそれだけでギャグっぽく見えちゃって、シリアスに戻れなくなっちゃった。

  • きのこ…共食いね…w

    タレ目な年上スーツ受けよかったなぁ

  • 最後になんでファンタジー?って思ったけど、そういえば植物と話が出来る時点でファンタジーだったか…。植物のセリフもあればもうちょっとわかりやすかったかな。泉はまだ謎だらけですが、これからわかってくるのでしょうか。会話の中のセリフが面白かったりして、それも楽しめました。でも泉の「オレのマツタケのあじ…」は、どこのオヤジだ!!と思いましたが(笑)

全8件中 1 - 8件を表示

新井サチの作品

枯れ男に泉を (キャラコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

枯れ男に泉を (キャラコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

枯れ男に泉を (キャラコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

枯れ男に泉を (キャラコミックス)のKindle版

ツイートする