DEADLOCK 1(キャラコミックス)

  • 467人登録
  • 4.06評価
    • (53)
    • (71)
    • (35)
    • (3)
    • (1)
  • 32レビュー
  • 徳間書店 (2012年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199605284

DEADLOCK 1(キャラコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作小説全シリーズ既読。

    挿絵と文章でしか想像する事の出来なかったあのキャラ達が
    あの場面でどう動き、どんな表情で喋るのか。
    漫画を読む事によって更にイメージが膨らみ、
    楽しくてあっという間に読み終わってしまいました。

    イラストはDEADシリーズでお馴染みの
    高階 佑先生なので文句などあるはずもなく。
    これから更に海外ドラマさながらの迫力ある
    展開になっていくので次巻が楽しみです!

  • 漫画で読むことができてとても嬉しい作品です。
    冤罪で刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。釈放のための条件は「潜伏中のテロリストの正体を暴く」こと。ユウトは条件を受け入れ、テロリストが潜伏しているとされるシェルガー刑務所内でその正体を探り始める。……と、あらすじはこんな感じ。
    内容は原作と変わりありません。むしろ忠実すぎるくらいにそのまま漫画にしてくださった感じです、素晴らしい!(笑)
    原作から高階佑先生のイラストに惚れ惚れしていたので、この度の漫画化も高階先生が担当されることになり感激…。
    当時からは少しシャープな印象になった気はしますが、変わらずとても綺麗な絵を描かれます。作品の雰囲気にもやはりピッタリだと思います。
    これから原作のあんなシーンやこんなシーンなど、様々なお気に入りのシーンを高階先生の素敵なイラストで読むことができるのはとても楽しみです。
    漫画からこの作品を知ったという方も、原作に興味を持ってもらえたらと思います。私の周りには小説を苦手な人が多いので、ようやく布教出来る機会が得られて大変喜ばしく思います!(笑)

  • ストーリーは小説と同じ。以下続刊。 小説版では挿絵で描かれなかったキャラクター達が生き生きと動いていると新鮮な魅力がありました。 線がとても綺麗な作家ですね。

  • まさか漫画化するとは…!
    小説を読んだ時とは違う新鮮さがあって、絵になると違うなぁ…///ドキドキ。

  • 原作を読んでるのでわざわざコミック読まなくても、と思っていたが、読み始めたら面白い!

  • いつか買うだろうとは思っていましたが、ついに手をかけてしまったシリーズ。
    小説を読んでいるのでなんとも言えませんが、さすがの絵にニヤニヤしてしまいます。特に外国人の絵柄がすごくうまい。小説の挿絵と漫画の使い分けもすごくて惚れ惚れ致します。
    あぁ、2巻が発行されるのはいつになることか。楽しみにしております。

  • 面白かった(≧∀≦)原作は積んでるんですが、早めに読もう…(;・∀・)絵は綺麗だし、これからどうなるのか気になります!!

  • 表紙のあまりの素敵さに、ブクログで評価を調べてそのままレジに持って行きました。
    ふぁ~おもしろかった!(≧∇≦)
    ラキドの刑務所時代を思い出すねぇ。
    まだ何もラブシーンもないけど、人物には惹き込まれてる。
    2巻まだああああ!?
    これ、去年の10月に出たんでしょ?もしや1年に1回ペースとか・・・(((( ;゚д゚)))ガクガクブルブル
    は・や・くーーーー!!

  • 面白い!もっと早くに小説も読んで置けばよかった!

  • ドラマCDを聴く前に登場人物の把握目的で購入しました。
    事前に本作品は小説版1巻の5分の1の内容と聞いていましたが、丁寧な心理描写がある為だと納得しながら楽しく読ませて頂きました。

全32件中 1 - 10件を表示

英田サキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

DEADLOCK 1(キャラコミックス)に関連するまとめ

DEADLOCK 1(キャラコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

DEADLOCK 1(キャラコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

DEADLOCK 1(キャラコミックス)のKindle版

ツイートする