子供は止まらない 新装版 (キャラコミックス)

  • 112人登録
  • 4.05評価
    • (6)
    • (11)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 徳間書店 (2014年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784199605857

子供は止まらない 新装版 (キャラコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「毎日晴天!」シリーズ2作目。

    前作で長兄・大河カップルが物足りないところで終わって、末っ子の高校生カップルになって
    大人が好きな私はガッカリしたのですが…

    すごく面白かった!!!

    幼いぶりっこな末っ子が学校では
    態度が全然違って気になる勇太。

    華奢で女の子にも見える真弓は
    決して肌を見せようとしないので
    色々妄想膨らむのですが、
    実は思いもよらぬ傷を抱えていて、
    二重三重に驚きました。
    物理的な傷だけじゃなくて。

    その心の秘密が分かる度に恋をする流れが
    すごく納得行きました。

    そのあとアッサリ両想いになってからは
    ラブラブバカップルで兄カップルより軽やか。
    大家族だから未遂だけど。

    って兄カップルも未遂なの!?
    でも思ったより兄カプのいちゃついてるところが見れて萌えました。

  • これだけじゃ良く分からない

  • 懐かしかった〜!昔読んだ時には感じなかったいろいろを感じられたのは自分は年とったからだよなぁ。しかしまだ家族の中のホモ率増していくんだよな(笑)

  • 大河と真弓の話は何度読んでも泣いてしまいます。家族の話。お互いがお互いを大事に思う余りに、進めずに止まっていた時。保たれていた均衡。他者がやって来たことで、その歪さが浮き彫りになって、前へ進む話。正しい形に戻るのに、お互いのその寂しさ、辛さが痛々しい程に描かれて、胸を抉ります。出来るならきっと、いつまでも手放したくない、そんな気持ち。
    大河の為に子供でい続けた真弓だけど、本当は罪悪感もあったからだって、大河は今後も知る事はないのかなぁ。それだとどちらの荷物も少し重いままじゃないかなと。
    大河と真弓の話はものすごく好きなんですが、同時に真弓と勇太の話が何度読んでもやっぱりダメだ。苦手です。真弓単体、勇太単体は嫌いじゃないのに、このカップルは好きになれないー。何回読んでも唐突に転がり落ちるなぁってのもあるんですが、恋愛話だけ突然若さ全開になって、そのギャップの違和感のせいかなぁ。他の部分が2人ともすごく大人びてるのに、何でそこだけ突っ走るの?みたいな(笑)今が良ければそれで良いとか、他の部分ではそんな考え方してないのになーと。まぁ恋愛話では子供担当って事だからだと思うのですが。個人的には家族の話だけで、恋愛はない方が良いなと思うのでした。

  • 久々に読んで、自分が勇太をものすごく好きだったことを思い出したらたまらなくなって原作買いなおしました。
    勇太にはもっともっと、飽きるくらいしあわせになってほしい。

  • 勇太と真弓がやたら初々しく感じます。

全6件中 1 - 6件を表示

二宮悦巳の作品

子供は止まらない 新装版 (キャラコミックス)はこんなマンガです

子供は止まらない 新装版 (キャラコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

子供は止まらない 新装版 (キャラコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子供は止まらない 新装版 (キャラコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子供は止まらない 新装版 (キャラコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

子供は止まらない 新装版 (キャラコミックス)の作品紹介

家では年より少し幼い、可愛い末っ子の妹分?
でも、学校ではごくフツーの男子高校生!! 
保護者同士の同居によって、そんな真弓と同級生になった勇太。
初めは意外な二面性に毎日ただ驚くばかりだったけれど、
その不自然さに、どこか無理があるように思えて、次第に目が離せなくなり!?  
コミックス既刊の1巻と2巻を同時収録し、菅野彰の書き下ろし小説を加えた新装版。

ツイートする