花鬼扉の境目屋さん 1 (ゼノンコミックス)

  • 187人登録
  • 4.11評価
    • (12)
    • (18)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
  • 徳間書店 (2013年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784199801563

花鬼扉の境目屋さん 1 (ゼノンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お試しで1巻だけ買ったのですが、全話ボロ泣きしてしまいました。
    ほのぼのとしてて、とってもいいし、妖怪といえど、、動物は可愛い♪
    2巻もすぐに買いに行きます。

  • 本屋さんでオススメ漫画って紹介されていて、ずっと気になっていた作品。人間界に移住する妖怪の橋渡し役をしている境目屋の花房実。以津真天のお話が良いです。いくさで亡くなり供養されなかった魂が集まってできた妖怪…って悲しいですね。力をコントロールできなくて落ち込む鬼のお話や、厳しい境目屋の近衛旭にきつく言われて落ち込む狸のお話も良かった。迷惑をかけるなと呪いのように言われ続け、その呪いにがんじがらめになって身動きがとれずに泣いている狸のシルエットがかわいそうでした。分かりあえてよかったです。

  • 人間と妖怪の世界を繋ぐ「境目屋」というお仕事は、
    素敵な世界観&設定だと思う。
    妖怪の方がむしろ人間臭くて、
    何だか笑ってしまう。

  • 全四巻。

  • 思ってた以上にほっこりするお話たちだった・・・!
    とても優しい気持ちになった。
    アニメイト新宿にてサイン本購入。

  • 人間の世界で暮らしたい妖怪と、それをサポートする『境目屋』の青年のハートフルストーリー。
    ほっこりした読後感が味わえます。
    妖怪ものの話に多い暗い雰囲気はほとんどないので、妖怪ものが苦手な方でも読みやすい話です。

  • 設定・帯買い。どの妖怪も帯通り“一生懸命な妖怪”でした。以津真天のお話では泣いてしまった。もう一人の境目屋さんも気になりますww

  • ともかく、衝撃だった。同時に、それ以上の歓喜で心も満たされた
    妖怪漫画界に、とんでもない才能を秘めた新星が出現れた、その喜びを叫びたくて、今ここに来ている
    何をおいても、画が凄い。こう、何と言うのか、“美しい”でも“柔らかい”でもなく、単純に『麗』、この一文字で賞賛したくなるのだ。綺麗では違うのだ。本当に、麗しいって意味の『麗』
    まるで、画集を買ったのか、私は、って錯覚にすら陥った
    しかし、こう書くと、話は面白くないのか、と思われてしまいそうだが、話そのものも、人間と妖怪の、どうしても出来てしまう溝を埋める、埋めようと奮闘する、優しい形になっている
    コリが酷くなりすぎて、自力で動かすのも痛くなった心に優しく染み込んでくる『何か』が温かすぎて、涙が止まらなくなりそうな篇ばかり
    正に、帯に書かれているそれは、1mmのブレも狂いも、誇張も謙遜もなく、『花鬼扉の境目屋さん』って漫画の魅力を表現している。こう言う、イイ文句が書かれている帯が巻かれている、その理由だけで買う価値と読む義務が発生するように思えるのは、私だけか?
    もう、どの話も相手をドン引かせる可能性が生じるほど、魅力を熱弁できちゃう(的確に説明できるか、は別問題だけれども)自信はあるが、あえて、一つだけ「これだけは読んで欲しい」と思ったのは、以津真天さんの件。その特性、もしくは生まれから、悪名が高まるか、憐れみだけを受ける対象になりがちな鳥妖である以津真天の意外な一面、いや、今日まで誰も想像してこなかった健気さを、オイカワ先生は独特の感性が滲む画で見事に表わしきっている。ホント、この話、特に69pは私の涙腺を直撃した
    先にも書いたが、本当に凄い、『妖怪漫画を描く』才能を持った漫画家が表舞台に出てきた。冗談ゴボウ抜きで、私の中のランキングに変動が起きた

  • ほんわか優しい気持ちになります。

  • WEBコミックらしいです。
    WEBコミックは読まないので(漫画は週刊月刊で買うのは四コマ誌だけだけど)知りませんでした。
    だけど、すぐ引き込まれて一気読み、読了です。

    人間の世界に適合しようと頑張る妖怪を支援する職業のおはなしで、人の世界に置き換えると海外から日本に来て職を探す人たちを支援する人だなぁと。

    ストーリーはショートストーリーのように妖怪一人一人の話で話しが構成されていてちょっと短いけど、これが今後絡み合うんだろうなぁとワクワクできました。
    切ない話もあり、うっかり泣きそうになるほど。
    私のお気に入りは切ないけどよかった以津真天くんのおはなし。
    仲良くしてもらった人のお墓参りを人の作法にのっとってしたいという話なんだけど、いいはなしじゃー!

    今後に期待の作品です。
    妖怪好きでホワンとした感じのが好きな人は是非。

    ここで読めるのか、φ(`д´)メモメモ...
    http://bookstore.yahoo.co.jp/free_magazine-166178/

全13件中 1 - 10件を表示

オイカワ・マコの作品

花鬼扉の境目屋さん 1 (ゼノンコミックス)に関連する談話室の質問

花鬼扉の境目屋さん 1 (ゼノンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花鬼扉の境目屋さん 1 (ゼノンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

花鬼扉の境目屋さん 1 (ゼノンコミックス)のKindle版

ツイートする