きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))

  • 377人登録
  • 3.98評価
    • (47)
    • (27)
    • (42)
    • (2)
    • (1)
  • 39レビュー
制作 : つちだ よしはる 
  • あかね書房 (1985年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (75ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251006936

きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そんな、まさか・・幼年童話で泣くなんて。
    ところが、そのまさかの事態が起きたのだ。
    ラスト、72ページ目で涙がぶわっと出てしまい、その後は何も読めなくなってしまった。

    小2の教科書にも採り上げられているし、夏の課題図書にもなったことがあるので、
    ご存知の方も多いかもしれない。
    きつねの子が丸木橋のたもとで偶然見つけた黄色いバケツ。
    誰の忘れ物だろう?
    前からこんなバケツが欲しかったきつねの子は、うさぎとくまに相談して、落とし主が現れるまで一週間待つことにする。。。

    ああ、そういえばこんな気持ちになったことがあるな、と誰しもが思うことだろう。
    欲しくてたまらないものが、いつか自分のものになった時のことを想像してうっとりする。
    月曜日、火曜日、と過ぎていく時間が、子どもにとってはどんなに長かったことか。
    でもきつねの子は、その間がそれは幸せだったのだ。
    雨が降れば心配で見に行き、汚れたらきれいにして、時に話しかけ、中に溜まった水に映る月を眺め、棒切れで自分の名前を書く練習までする。
    次の月曜日には自分のものになるかもしれない。どうかそうなりますように。
    あてのない夢を描き続けるきつねの子が、たまらなく愛おしい。

    それだけに、自分のものにはならないと分かったときの、きつねの子の言葉にも驚く。
    この子は、待ち続ける一週間に、しっかり心が成長したのだ。
    どれほどの思いを込めてバケツと過ごしてきたか。
    愛情をかけた分だけ悔しがっても構わないのに。
    きっとこの子にとって、黄色いバケツのことは宝物のように心に残るだろう。

    童話とはいえ75ページもあり、すべての見開きページに挿絵が描かれている。
    このお話しにはこの挿絵以外あり得ないと思うほど可愛い絵だ。
    ためらいや戸惑い、恥ずかしがる顔やどきどきする嬉しさ、どれもストレートに伝わってくる。
    起承転結もきっちりとしているので、小2でなくても読み聞かせに出来るだろう。
    約15分。5,6歳からOKかな。
    子どもの頃に抱いた待つことの喜びと憧れを、はるかな気持ちで思い出す幼年童話の傑作。

  • 喜んでるきつねくんが
    とってもかわいくて、だからこそ
    最後はなんだか悲しくなってしまった。

  • 誰のものかわからない、すてきな黄色いばけつを見つけたきつねの子。1週間持ち主が現れなければ自分のものにしようと決めますが…その1週間の様子を読み進めるうち、きつねの子のばけつに対する思い入れがじわじわ伝わってきて、最後はなんとも言えない気持ちになりました。

  • 落とし物を自分のものにしようとするのはどうだろうか。
    と、まず考えてしまいました。成長した悲しさを感じます。

    多くの作品同様、やはり制作者の意図は分かりませんが
    子供向けの本というのは大人の価値観とは違ったり
    答えがないから考えられるものが名作なのかな、と思ったり。

    この本で私が感じたのは
    黄色いバケツのように「何か」を求めるには特になんという事もなくただ好みだったり見た目だったり、きっかけは些細なことなのかもしれませんが
    大切なのはその後に思い出と共に育まれるものなんだな、と言う事でした。
    だからきっと失った後に同じ黄色いバケツを手にしてもそれは違う、きつねの気持ちは…

    …何となく、恋と似てるような(笑)

    読んだ子供が物を大切にして育まれるものがあると思って
    人だけでなく物も大切に扱ってくれるようになったら良いのではないかなと。

  • 有名な本だけど読んだことがなかったので、次男が借りたついでに読んでみました。名作だと思います。最後が悲しいというか切ないです。あんなに欲しくて欲しくてたまらなかったバケツがなくなっちゃうなんて。こういう状況、大人でもあるから思わずキツネ君に共感してしまいました。読み終えたあとに余韻が残る本です。

  • 【読み聞かせ用】クマの子もウサギの子もバケツを持っていて、キツネの子も自分に似合うバケツが欲しかったのでしょうか。一週間経てば、バケツは自分の物になると思う気持ちがいじらしいです。一週間の間に、キツネの子が成長していく姿が描かれています。75ページありますが、半分は絵なので読みやすいです。5歳の娘も読んで欲しいとせがむ本でした。

  • 最後の終わりかたがいいよね。

  •  昔々に読んだのを、再読。

     橋のたもとで見つけた黄色いバケツ。
     持ち主が見つかるまでの1週間、待ち続けるきつねの子がかわいいけれど、何だか切ない。

     森山さんのお話は、ホントにすてき。

  • 可愛い可愛いきつねくんとうさぎさんとくまくんの3匹が、森でみつけた真新しいきいろいばけつをめぐっての1週間物語。

    このシリーズはほんわかしてて好きです。
    ひらがなばかりなので年中さんから読めそうですが、1人で読むには少し長いかな?
    寝る前に毎晩数ページずつ読んであげました。

  • 今毎晩ムスメが音読(宿題)してくれるのがこの物語。きつねの子が可愛くて愛くるしくて大好きに。きいろいばけつがぼくのものになるといいな。落し主が現れない事を祈って1週間待つのです。さて、結果は?

全39件中 1 - 10件を表示

もりやまみやこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印

きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))に関連する談話室の質問

きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))に関連するまとめ

きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))を本棚に「積読」で登録しているひと

きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))の-

ツイートする