くまくまパン

  • 122人登録
  • 3.35評価
    • (3)
    • (11)
    • (19)
    • (4)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 西村敏雄
  • あかね書房 (2013年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784251098702

くまくまパンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かわいいおいしい絵本です

  • 図書館で借りたら、子どもが思いがけず、気に入ってしまい、結局購入しました。
    子どもは、パンピンプンペンポン~のフレーズに受けていました☆

  • くまさんとしろくまさんがパン屋を始めた。
    あんぱん、メロンパン、ドーナツ、甘いパンを作るくまさん。
    カレーパン、ピザパン、焼きそばパン、辛いパンを作るしろくまさん。
    2人のお店はたくさんのお客さんが来て大繁盛するけれど、あるとき、この店のおすすめは何かと聞かれ、2人はそれぞれ自分の作ったパンを薦める。
    自分の作ったパンこそおいしい、と2人は喧嘩になり、お店を閉めてずっと喧嘩をする始末。
    またおいしいパンを食べたいと思うお客さんたち。
    そこへ、パンが大好きなかばの王様がやってきて、お店が閉まっている事情を尋ねる。
    王様は2人にこの店で一番おいしいパンを出すように言う。
    2人は自分のこそは、と競ってパンを作って差し出す。
    しかし、王様は、くまさんのアンパンは甘すぎる。
    しろくまさんのカレーパンは辛すぎるという。
    2人はどんなパンがおいしいのだろうと、協力して一生懸命考る。
    甘すぎず、辛すぎず…甘辛いミートボールパンを作るのだった。
    これには王様も大満足。
    その後、ミートボールパンはこの店の一番の人気のパンになる。
    くまさんとしろくまさんが作ったからくまくまパンとなるのだった。

    ミートボールパンってどんなのだろう。
    おいしいパンが食べたくなる。

  • 頼もしいカバの王様
    かわいいくまくまパン

  • 長めだけれど読める。内容的にもおおきくなってからも読める。
    あまあま あまーい、からから からーいがお気に入り。

    C8793

  • 二歳前に購入。たくさんのパンと動物がでてくるので、子どもは大喜び!お話は二歳前で読むには少し長いですが、問題なく聞いてます。

  • おさななじみのくまさんとしろくまさんがパン屋をはじめました。
    くまさんが得意なのは甘いパン。なかでもアンパン。
    しろくまさんが得意なのは惣菜パン。なかでもカレーパン。
    でも、お客さんのワニに、店で一番のオススメって何かと聞かれて、お互いのパンが一番だとケンカになってしまい、お店は閉められてしまいます。そこにやってきたのは、動物の国の王様のカバ。「ケンカして店が休みなんてけしからん!わたしにまかせなさい!」

  • 見覚えのある絵だなぁ~と思ったら、「うんこ!」や「アントンせんせい」の西村敏雄さんの作品でした。西村さんらしい リズミカルな文章と温かみのある絵が、読み聞かせにピッタリです。

    読後きっとくまさんとしろくまさんの生み出した「くまくまパン」が食べたくなるでしょう。

  • 読み聞かせデビューの本です。
    いいね いいね くまくまパン!
    作中に出てくる黄色い小鳥と、ペンギンが可愛い。

  • パンがたべたくなるような、ごほんだった

全15件中 1 - 10件を表示

西村敏雄の作品

くまくまパンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くまくまパンを本棚に「積読」で登録しているひと

くまくまパンの作品紹介

くまさんとしろくまさんが、パンやをはじめました。ある日、お客さんにいちばんのおすすめをきかれたくまたちは、自分のパンこそいちばんとゆずらず、お店はお休みになってしまいました。そこへ、王様のかばがやってきて「まかせなさい」というのですが…。ほわっとあまくて、ぴりっとからい、おいしいパンみたいな物語絵本です。

ツイートする