王家の紋章 (14) (Princess comics)

  • 76人登録
  • 3.47評価
    • (3)
    • (8)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 細川智栄子
  • 秋田書店 (1985年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253070737

王家の紋章 (14) (Princess comics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バビロニアに嫁ぐアイシス。
    時空を超えてイズミル王子を銃撃するライアン兄さん。

    古代エジプトと現在とのリンクをもっと多くしてほしい。

    「あんど芙~みん」共同制作開始?

    「おしゃべりタイム」いらない・・・

  • 嫁ぐアイシスを祝うため、バビロニアへ向かうキャロル。途中、イズミル王子に誘拐されそうになるものの、火災事故と遭遇したライアンと再会し、危機を逃れる。きっとライアンは、メンフィスの生まれ変わりなんだろうな。早死にしたとされるメンフィスが、キャロルを案じて傍にいようと神に祈った結果なのかも。古代エジプトなら兄妹でも結婚できるし。一方メンフィスの元に、リビア王の娘カーフラが使者として訪れ、メンフィスの第二の妻の座を狙う。……無駄なことを。アイシスは婚儀の衣装似合うなあ。流石生まれつきの女王ですね。婚儀を終え、ラガシュ王は建設中のバベルの塔へキャロルを誘う。キャロルは敵味方関係なく歴史の話を気軽にしすぎ!結局、ラガシュ王の策略通りキャロルたちは幽閉、アイシスにはキャロルの肩衣を見せて騙すことに成功。アイシスの反応が切ないわ、キャロルよりアイシスの方がメンフィスを愛しているもの。だからこそ、ラガシュ王の策略が暴かれ、キャロルは生きていると知った時のアイシスの反応がどうなるか心配。

全2件中 1 - 2件を表示

王家の紋章 (14) (Princess comics)のその他の作品

細川智栄子の作品

王家の紋章 (14) (Princess comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王家の紋章 (14) (Princess comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする