王家の紋章 (39) (Princess comics)

  • 73人登録
  • 3.41評価
    • (4)
    • (6)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 秋田書店 (1998年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253076142

王家の紋章 (39) (Princess comics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アトラス対メンフィス。
    傷ついたメンフィスに近寄るアイシス。

    魔女キルケーの登場でまた話が長引きそう。

  • アトラスとの対決で傷ついたメンフィスはミノアへ。そこに王妃の見舞いの名代として姉のアイシス登場!なんだか妖しい雰囲気に…(--;)その頃キャロルは嵐の中、助けたキルケーに惑わされ…(^^;)やっぱりあのキルケーだったんだ!

  • 転覆の危機から、縄で縛られたままのキャロルは海に投げ出される。キャロルを追いかけ神に祈りながら捜索し、無事彼女を助け出したイズミル。どうやって息続けているだこいつは。そしてキャロルはこのまま現代へ帰るフラグだと思ったのに、37巻ラストにライアンたちが登場したから。一方、アスランはメンフィス退治に追い込むが互いに傷を負い、アスランは退散。メンフィスの傷を癒すため、エジプト船はキャロルがいる島に目もくれずミノア王宮へ避難。キャロルはショックを受けるものの、テティと共に再度逃走を試みる。そこでキルケーがキャロルたちの手助けをすることに。夜更けに虹の島(イリスのしま)へとキャロルを連れてきたキルケー。しかしその目的はキャロルの願いを叶えるためでなく、自身を救ったイズミルへの恩返しをするためだった。忘却酒を飲まされ眠りにつくキャロル、いったいどうなる?そしてラガシュ王の名代としてミノアへやってきたアイシス、メンフィスと再会し想いをぶつけるが無事に済まなそう……。

全3件中 1 - 3件を表示

細川智栄子の作品

王家の紋章 (39) (Princess comics)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王家の紋章 (39) (Princess comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王家の紋章 (39) (Princess comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

王家の紋章 (39) (Princess comics)のKindle版

ツイートする