ブルージュ―アプローズ (プリンセスコミックス)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 有吉京子
  • 秋田書店 (1992年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253076692

ブルージュ―アプローズ (プリンセスコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表題作は、過去の美しい女教師と、聡明で寡黙な女生徒との恋を、今の生徒たちが暴く・・・そして、今の生徒たちにも様々な心模様が・・・

    お耽美でした。
    きちんと、女子高生の「お姉さま!」的な恋愛感情を超えて、実際愛し合ったことまで描いてあって、その上での「私が死んだら・・・」という女生徒のメモ。
    美しかったなぁ~

    でも、印象に残ったのは最後の話の『サンフランシスコ物語』。
    実際、ゲイの方が読んだらリアルではないような気がするのですが、ノンケの私から見たら、女性同士の心の葛藤が繊細に描かれていて、リアルに感じました。
    実は有吉先生も・・・?と思うほど<(; ^ ー^)

    ゲイの方のカーニバルの場面も出てきて、なんか、今年のアメリカでの判決にリンクするなぁと思ったり。

    表題作は耽美な、3作目はリアルな女性同士の愛が描かれていました。

  • 『アプローズ-喝采』の特別篇.

全2件中 1 - 2件を表示

有吉京子の作品

ブルージュ―アプローズ (プリンセスコミックス)はこんなマンガです

ブルージュ―アプローズ (プリンセスコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする