ちひろさん 1 (A.L.C.DX)

  • 158人登録
  • 4.12評価
    • (9)
    • (11)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 安田弘之
  • 秋田書店 (2014年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253158770

ちひろさん 1 (A.L.C.DX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こんなふうに生きれたらいいな、と思う。
    何がそれを妨げているのか?
    人と本音でぶつかれない弱さか。

    でも年をとるほどに、少しずつ近づいていってる気はする。

  • 元風俗嬢のちひろさん(偽名)が、第二の人生として選んだ海沿いの町で
    お弁当屋さんで働く様子を主として、町の人々との交流を描いた快作。

    ちひろさんは一本芯の通った強い女の人で、人生経験豊富で、そして綺麗。
    性格に少々・・・ほんの少々難があるものの、とてもカッコいい。
    そんなカッコいい女性の日常を見ていて面白くない訳が無い。

    家庭に難のある女子高生・オカジと
    これまた家庭に難のある小学生・ハゲの心の交流がぐっとくる。
    なんでもかんでもナチュラルにまとめてしまうちひろさんの手腕が素敵だと思います。
    肝が座ってるからアイスピックで腕を刺されたり
    執拗な営業妨害を受けたり、自殺未遂現場を目の当たりにしても
    動揺する事なく状況に応じた説教を繰り広げるちひろさん。
    もやっとした話もあるけど、スカっとする話もある。
    漫画と言うよりも誰かの人生訓を学んでいるかのようです。

    ちなみに「ちひろ」という前作があるけど、そっちを読む必要は無いね。
    むしろ読まない方が楽しめると思う。

  • 巻末には作者からのなかなか不気味なメッセージが入っているが、それはやや疑問である

  • 「はぐれて泳ぐことさえ怖れなければ、海はきっと何百倍も広くなるんだろうな」
    どうしたらこんなセリフを書けるようになるのか。

  • すごく好き。ちょっと世間の常識と違うところで生きているかもな、という人に、ぜひ読んでほしい。

  • 無料で1巻。元風俗嬢、ちひろて源氏名のまんま今は弁当屋の看板娘のちひろさん。ユルーイ話(前作はもしかしたらもう少しヘビー)だけどいちいち鋭く抉るとこあって、いやぁ小娘の頃に読んでたら感銘受けちゃうカモ。ホームレスを師匠と呼んでからの絡みとかよくわかんないけど(笑)彼女が元風俗嬢だからってすぐヤれるって理由じゃなくて人が集まるとこ素敵←元風俗ってアッケラカンとしてんのも好き(笑)

    合コン荒らした女子力バトルでの抽斗の多さも「話す量とそばにいる時間が多ければ多いほど親しくなれると思ったら大間違い」って、「攻めるのではなく受けきる力が女子力じゃない?」あたしに女の生き方説くんなら三回くらい生まれ変わってきなさいって男前♪母親になんらかの虐待受けて捻れた子供のことも更正させちゃったし♪

    【ネタバレメモ帳】「いつでも触れるおっぱいが欲しかったらいい男になんないとね」確かにww「サービスってね何でもやってあげることじゃないからね。欲しがるもの何でもあげたらナメられる。いったんナメられたら食い尽くされて飽きられる」うんうん

  • 周りと違ってもぶれない自分素敵!

  • バジル姐さんって、巻ちゃんに似てるよね。

    なんて事も思っちゃったりなんかり。

  • 「ちひろ」の続編。
    今作では弁当屋で働く主人公、店に集う「フツーの人々」が抱えているちっちぇえ世間体の殻を軽やかに破っていく。
    超俗の「理想」を体現するヒロイン像は前作同様だ。

  • 2014.05.10 読了

全11件中 1 - 10件を表示

安田弘之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ちひろさん 1 (A.L.C.DX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちひろさん 1 (A.L.C.DX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちひろさん 1 (A.L.C.DX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちひろさん 1 (A.L.C.DX)はこんなマンガです

ちひろさん 1 (A.L.C.DX)のKindle版

ツイートする