こくごの時間 (A.L.C.DXもっと!)

  • 228人登録
  • 3.81評価
    • (8)
    • (18)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 雁須磨子
  • 秋田書店 (2015年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253159517

こくごの時間 (A.L.C.DXもっと!)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本の感想をみんなでワイワイいうのって楽しいよね。やっぱり走れメロスの太宰治が人を待たせておいて(借金)遊んでいたっていうのが1番の衝撃

  • 雁須磨子さんは短編とかオムニバス作品が上手だと思う。
    何回も繰り返し読んでしまう。
    喫茶店の店長やお客さんの話がすごく好き。特にくまの子ウーフの話とか。

  • 2015.11月。
    読了。

    ああ、国語の教科書読みたい。
    今思うと、国語の教科書っていい。
    あのころは勉強と思って食いつけなかったけど、読み物として純粋におもしろい話がたくさんあったんだな。
    もったいないことした。
    そういうこと、先生にはぜひ教えていただきたかった。

  • 教科書に載ってた作品がいっぱいで懐かしかった。

  • 少年の日の思い出  懐かしいなぁ~。

    一番好きなのは「派手系女子&地味系男子」の恋のはじまりのお話。
    こういう何気ない接近話、すごーい上手!
    好きだ。

  • この漫画を読むまで習った事をすっかり忘れていた作品や、多分習っていない作品もいくつかあったんだけど、懐かしい!っていう作品が多くて面白かった。
    私は国語の教科書は読み物です、っていうタイプだったけど、こう読んでくださいね、というテストの正解的な解釈を素直にしてしまう子どもでもあったので、この作品からこういう物語が出来るのか、というのがすごく新鮮だった。確かくまの子ウーフなんかも習った当時おばかな子、みたいな、あまり好きではなかった印象なんだけど、改めて読み返してみたくなった。

  • 「みたいな」「なんか」「ていうか」「こんな感じ…」
    っていう漫画。

  • なんだか懐かしく恥ずかしくなるお話。

  • 表紙の雰囲気は好きだけど、中身とちょっと違うような…
    素朴でゆるっとした短編が多くて、
    全体的に印象が薄いっす(‐ω‐)

  • 201502/どの話もよかった!!うまく言えないけど、いろんな感情の中のすみっこの小さいけど気になる部分を、秀逸な描写で表現されてて、ほんとすごい。

全16件中 1 - 10件を表示

雁須磨子の作品

こくごの時間 (A.L.C.DXもっと!)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こくごの時間 (A.L.C.DXもっと!)を本棚に「積読」で登録しているひと

こくごの時間 (A.L.C.DXもっと!)のKindle版

ツイートする