Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (10) (秋田文庫)

  • 665人登録
  • 3.73評価
    • (62)
    • (38)
    • (120)
    • (1)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 秋田書店 (1993年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253169905

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (10) (秋田文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブラックジャック10巻は、ブラックジャックが実の父親と再会する話がある。
    後妻の顔を、母親に似せて整形する。

  • 手塚治虫さんは短編文学の天才か!ってくらい一つ一つの話が面白い。

  • ブラックジャックが無免許医師である理由=「この国では漫画は文化に入れ
    られていない、いわば無免許の文化」「ブラックジャックが素晴らしい手術で
    人を救っても、モグリの医者だと言われるように、一つの漫画が一人の人間の
    生き方を変えたとしても、なんだ漫画かと言われる」(大森一樹氏の解説
    より)
    もちろん昔と今では漫画に対する認識はすっかり変わってるけど。

    お気に入りエピソード:「えらばれたマスク」「復しゅうこそわが命」「人形と警官」

  • ブラック・ジャックの父親の死亡の話。
    妹がいることをしらないままなのがちょっとかわいそうだった。
    「お医者さんごっこ」の子供たちもブラック・ジャックもいい話。

  • 『えらばれたマスク』『やり残しの家』『盗難』などが収められています。
    わたしのお気に入りは、財産争いで義母に暗殺されそぅになったBJが義妹に助けられる『骨肉』。結局BJは彼女が自分の妹だとは気付きませんが。
    それから『お医者さんごっこ』。キートン扮するちびっこBJが可愛ぃ♪

  • 手塚治虫って家族の愛憎になにかあるのだろうか。この手の話になると、一筋縄ではいかない、愛と憎しみが捻じれたような話の展開が上手くなる。

  • Dedの話ばっかり
    助かるってすごいことなんだなって思った

  • この世代にとっては原爆というのは想像以上の棘なんでしょう、週刊マンガ雑誌の連載内容ではないわね、今だったら。

  • good

  • お気に入りは「選ばれたマスク」。

    黒男にとって、世界一の美女はお母さんだったか。

    それにしても、父は薄情。
    ブラック・ジャックも義妹を見殺しだし同じようなものか。

全29件中 1 - 10件を表示

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (10) (秋田文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (10) (秋田文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする