サイボーグ009 (3) (秋田文庫)

  • 121人登録
  • 3.66評価
    • (8)
    • (3)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 秋田書店 (1994年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253170222

サイボーグ009 (3) (秋田文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1994年刊(初出年不明)。「海底ピラミッド編①」。グラハム・ハンコックばりの古代超文明の存在と、その淵源たる宇宙人の謎、彼らの抗争、月の持つ意味等、幻想とSFとをミックスした作品。BG編と違い、009らが自らの存立や存在意義をかけて戦うわけではなく、語り部的・傍観者的な巻き込まれ展開であることは否めない。つまり00ナンバーの持つ悲哀は後景に引き、石ノ森らしい陰あるヒーロー像は薄め。が、古代超文明をSFに昇華する手練れは流石。特に月のイメージは画も含め秀逸。また敵側に惚れられるモテモテ004も見れる逸品。

  • C92

  • 海底ピラミッド編

  • 新作アニメある(あった?)みたいですね。
    003のコマーシャルが爆笑で、ジョーが制服で、どんな話になるのかちょっと楽しみでも、心配でもありますね。

    世界中から、00ナンバーたちが集まってくる感じは、今回のマンガと同じ感じみたいです。

  • ジョーが格好良い!

  • 海底ピラミッド編Part1

全7件中 1 - 7件を表示

石ノ森章太郎の作品

サイボーグ009 (3) (秋田文庫)はこんな本です

サイボーグ009 (3) (秋田文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サイボーグ009 (3) (秋田文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サイボーグ009 (3) (秋田文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サイボーグ009 (3) (秋田文庫)の単行本

サイボーグ009 (3) (秋田文庫)の単行本

サイボーグ009 (3) (秋田文庫)の単行本

ツイートする