吸血姫美夕 1 (秋田文庫 43-1)

  • 90人登録
  • 3.27評価
    • (6)
    • (6)
    • (36)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 垣野内成美
  • 秋田書店 (2002年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253177719

吸血姫美夕 1 (秋田文庫 43-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメーターだった為か所々絵柄が拙い。しかし、本編のミステリアスさは健在。巻末にはノベル版収録の『童の里』も収録。

  • 【解説】 田中芳樹 ― アイデンティティの揺らぎ

  •  何度も何度も読み返して読む作品。怪奇的なもの、オカルトチックなものが好きな私にとっては中でも高い位置にいる作品。美夕とラヴァの関係が微笑ましくも愛おしい。

  • OVA版のキャストありきで読みました。切なさの漂う独特の雰囲気が良いです。

  • 永遠の命を持った日本神魔界の監視者である美夕は人間であった時の記憶を持ち母親を自分の手で死なせてしまった罪の意識を常に持っている悲しい存在なのです。でもはぐれ神魔と戦う彼女は強くてそのギャップがお話に深みを持たせているのかな?垣野内さんの繊細な絵が好きです。

全5件中 1 - 5件を表示

垣野内成美の作品

吸血姫美夕 1 (秋田文庫 43-1)に関連する談話室の質問

吸血姫美夕 1 (秋田文庫 43-1)はこんな本です

吸血姫美夕 1 (秋田文庫 43-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

吸血姫美夕 1 (秋田文庫 43-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

吸血姫美夕 1 (秋田文庫 43-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

吸血姫美夕 1 (秋田文庫 43-1)のKindle版

ツイートする