白亜館事件―狩野俊介の事件簿 2 (秋田コミックスサスペリア)

  • 13人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 太田忠司
制作 : 大塚 あきら 
  • 秋田書店 (2003年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253184700

白亜館事件―狩野俊介の事件簿 2 (秋田コミックスサスペリア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013.8.26再読 処分

    狩野俊介シリーズ2。
    1体しか化石が発見されなかったが故に偽物として存在が認められなかったヒイラギリュウを納めた博物館、白亜館。
    発掘者である柊凱が自殺してから20年、跡を引き継ぎ白亜館の管理している凱の息子が住む柊荘へと、白亜館と土地を狙う凱の弟が、妻息子と妹と野上探偵・俊介を集めた。
    白亜館で化石に喰われたかのように首を切断された凱の弟の息子。
    妹と共に来た画家の恋人は行方不明。
    白亜館で何が起きたのか。

    ネタバレあり↓
    弟の息子が死んだのが、ほとんど事故というのが切ない。
    さらに白亜館の仕掛けでたまたま首が切断されたというのも。。
    ただ、凱の息子を名乗っていた別人の孤独と、俊介少年、ヒイラギリュウの孤独が上手くまとまっていて、話として面白かった。
    2時間サスペンスという感じ。
    猫のジャンヌは今回活躍なし。

全1件中 1 - 1件を表示

太田忠司の作品

白亜館事件―狩野俊介の事件簿 2 (秋田コミックスサスペリア)はこんなマンガです

白亜館事件―狩野俊介の事件簿 2 (秋田コミックスサスペリア)のKindle版

白亜館事件―狩野俊介の事件簿 2 (秋田コミックスサスペリア)の新書

白亜館事件―狩野俊介の事件簿 2 (秋田コミックスサスペリア)の文庫

ツイートする