16秒間の密室―タック&タカチの事件簿 (SUSPERIA MYSTERY)

  • 34人登録
  • 3.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 西澤保彦
制作 : 大橋 薫 
  • 秋田書店 (2005年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253185271

16秒間の密室―タック&タカチの事件簿 (SUSPERIA MYSTERY)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)見知らぬ督促状の問題/盗まれる答案用紙の問題/解体信条/16秒間の密室/閉じ込められる容疑者の問題

  • 2013.9.9再読 処分

    タック&タカチシリーズ。
    「見知らぬ督促状の問題」「盗まれる答案用紙の問題」「解体信条」「16秒間の密室」「閉じ込められる容疑者の問題」の5篇。
    登場人物が大学生なのと、タックが酩酊探偵であること、そして作画の影響か、かなりキャラが明るくてアニメのような印象。
    でもミステリとしては、しっかりした読み応えがあった。
    表題作は、8階のエレベーターで住人とすれ違って乗り込んだ女性が、ノンストップで16秒後に着いた1階でバラバラになって発見されるという謎。
    解決を読むと、それしかないよね…と思うものの、謎としては魅力的。

  • 匠千暁シリーズ

  • 原作シリーズ好きなのでゲット。
    このキャライメージのアレンジは、原作ファンは受け入れがたい方が多いような気がします。大橋さんの絵自体は好きですが・・・。
    ストーリーは西澤さんなので、ミステリとしては安心して楽しめると思います。

  • 飄々と冷静。

  • 2005/02/12

全6件中 1 - 6件を表示

西澤保彦の作品

16秒間の密室―タック&タカチの事件簿 (SUSPERIA MYSTERY)はこんなマンガです

16秒間の密室―タック&タカチの事件簿 (SUSPERIA MYSTERY)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

16秒間の密室―タック&タカチの事件簿 (SUSPERIA MYSTERY)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする