6つの箱の死体―タック&タカチの事件簿2 (SUSPERIA MYSTERY COMICS)

  • 30人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 西澤保彦
制作 : 大橋 薫 
  • 秋田書店 (2006年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253185288

6つの箱の死体―タック&タカチの事件簿2 (SUSPERIA MYSTERY COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)解体守護/麦酒の家の問題/6つの箱の死体/解体譲渡/消えた上履きの問題/解体迅速

  • 2013.9.9再読 処分

    タック&タカチシリーズ2。
    「解体守護」「麦酒の家の問題」「6つの箱の死体」「解体譲渡」「消えた上履きの問題」「解体迅速」の6篇。
    今回は原作者のデビュー前後の作品が多いらしく、ご自身があとがきで「無理め」な内容が多いと触れている。
    確かに前作に比べ偶然の要素は増えたようで前作の方が面白かったが、今回も面白く読めた。
    1番印象に残ったのは、唯一死体が出なかった「解体守護」。
    4歳の弟が大切にしていたクマのぬいぐるみの腕が切られ、1番目の姉が大切にしていたハンカチが消えた。
    その翌日、血の跡の残った姉のハンカチが、手当てするようにクマの腕に巻かれた状態で出てくるという謎。

  • 匠千暁シリーズ

全3件中 1 - 3件を表示

西澤保彦の作品

6つの箱の死体―タック&タカチの事件簿2 (SUSPERIA MYSTERY COMICS)に関連する談話室の質問

6つの箱の死体―タック&タカチの事件簿2 (SUSPERIA MYSTERY COMICS)はこんなマンガです

6つの箱の死体―タック&タカチの事件簿2 (SUSPERIA MYSTERY COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

6つの箱の死体―タック&タカチの事件簿2 (SUSPERIA MYSTERY COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする