放課後保健室 6 (プリンセスコミックス)

  • 383人登録
  • 3.66評価
    • (34)
    • (38)
    • (82)
    • (1)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 水城せとな
  • 秋田書店 (2006年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253194464

放課後保健室 6 (プリンセスコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ついに動き出したふたり。決断するのって怖いよなぁ。

  • 授業に3回出ないと消えてしまうのか…。ますます謎が増えて続きが気になる。

  • やっぱそうなるよなぁ……。ずっと長いこと、誤魔化し誤魔化し自分に言い聞かせながら保ってきたものが、とうとう耐え切れずにプッツンといってしまった感じ。

    紅葉もそれを感じていて、心の中では分かっていたのだろう。それでも真白が好きだから真白を信じようとしていた。それでもそんな騙し合いのような関係がいつまでも続くはずもなく、とうとう真白と紅葉の関係は終わりを告げてしまった。

    そしてミステリー風味に少しずつ明らかになっていく物語の謎。でもまだまだ核心には至らない。

    ある意味起点となった今巻、この先どういった展開を見せるのだろう

  • 大原さんはどうなったの?紅葉と蒼の接近におたおたしている真白がかわいいな。

  • 大原さんが切ない。すごくセンシティブで正直生きるの大変な性格だなと思うけど、その脆さと相反する潔さ(っていうのは違う気もするけど)が愛おしい。
    ところで消えてしまったらどうなるんかしら…。扉の向こうに行っちゃった子たちもだけど。

  • 放課後保健室 6 (プリンセスコミックス)

  • 相変わらず暗い…!笑
    水城先生の作品は「ヴァイオリニスト」(BL)が強烈に印象に残ってる。。。好き。

  • 今一番気になっている連載です。この巻の大川さんのエピソードが一番泣けた…誰も彼もが幸せになれない。

  • おもしろい!今続きが気になってたまらない漫画の一つです。雰囲気がエロティックなんだよなー

  • 一歩間違えると、BL漫画…^^;
    水城先生の描く心理描写がすごく嵌る。
    けどお話もすごく嵌る。
    本一冊ごとの続きではなく、お話全体の続きが気になります。

全18件中 1 - 10件を表示

水城せとなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

放課後保健室 6 (プリンセスコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

放課後保健室 6 (プリンセスコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

放課後保健室 6 (プリンセスコミックス)のKindle版

ツイートする