不安の種+ 4 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 178人登録
  • 3.69評価
    • (12)
    • (17)
    • (20)
    • (1)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 中山昌亮
  • 秋田書店 (2008年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253203906

不安の種+ 4 (少年チャンピオン・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく乱暴にいうと、新耳袋の中の不条理な怖さを持つ怪談をマンガにしたような作品でした。
    怖い作品なんだけど、いわゆる幽霊云々ではなく、なんだか分からないものとの接触を集めた短編ですね。
    幽霊とは違った、正体不明の存在の恐怖の後味の悪さの表現が巧みに感じました。
    これが最終巻とは残念ですね。

  • 不安の種+(全4巻)

    ホラーマンガなのですが、特にめちゃくちゃ怖いということはなく読んでいるとなんだかタイトルの通り少し不安な気持ちになります。

    ふと夜道を歩いているとこのマンガのことを思い出してどこかからか何かに見られているような気がして怖くなります。

    そんな不思議な珍しい漫画です。

  • 最終巻。いままでは基本的に驚かせるだけの怪異ばかりだったが「夢に…」のヤツは悪質極まりない。「伝う者」での友達ん家の姉弟喧嘩を傍観している感じが面白い

  • 結局1~4巻まで読んでみたけど、よく分からないままこのシリーズが終わってしまった。ずっと最後の説明が無くて物足りない様に感じますが、このまま深く考えない様にしたいと思いますw

  • 完結。シリーズを通して、どの話も非常に短い短編なので読みやすい。
    ちょっと空いた時間に、軽く時間つぶしで読むのに最適。
    ちなみに、怖いとはまったく思わない。
    子供のころに読んでいればまた違ったのかもしれないけれど。
    でも、単純に面白い。

  • 見られてる気が系 呼ばれる系 顔芸が多め でも好きw 

  • 2008/6/15購入。

  • なんというキレイな表紙、そして何というイヤな裏表紙。
    静謐で奇怪で、そしてどこか俗悪な、実にこのマンガらしい見事な仕事だと感じ入り、あと本屋のレジ打ちの人に対する悪意もちょっと感じた。

    4巻も続くとちょっとネタ切れ気味か、それとも自分がこの種の怖さに慣れてしまったのかとやや物足りなさを感じたものの、最終話のまさしく「この物語は8割がフィクションです」という絶妙すぎる内容には一本取られたと言わざるをえない。

    コミックス描き下ろしの第100話もこの作者らしい美しく気持ちの悪い(あと描き下ろしでしかたぶん許されない)メタ・ホラーで満足。

全9件中 1 - 9件を表示

不安の種+ 4 (少年チャンピオン・コミックス)のその他の作品

中山昌亮の作品

不安の種+ 4 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不安の種+ 4 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする