弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 1325人登録
  • 4.18評価
    • (129)
    • (134)
    • (68)
    • (1)
    • (0)
  • 53レビュー
著者 : 渡辺航
  • 秋田書店 (2008年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253214537

弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ウエルカムレースが始まった。

    小野田君がロードレーサーに乗る頃には
    もう泣いていた。

    面白くなってきたよー。

  • 主人公の驚愕の底力発揮エピソードとまっすぐなキモチに思わず涙。

  • 【追いつきたいというピュアな気持ち】
    小野田くんがついに相棒のママチャリからロードバイクに乗り換える。前の2人に追いつきたいという気持ちがピュアで、山の坂道で脚はきついだろうに、疾走感から爽やかさしか伝わってこない。

    実際にやってみると、壁に感じたり、前に進まないと感じたりするんだろうな。チャリをこぎたくなる、やってみたくなる気持ちがわかる。

  • 主人公のキャラクター性を見ていると、もともとのターゲットはライトオタク層だったのかなと思う。ここからどう進んでいくのか。

  • どこかにあるはずや 得意分野が
    必死で耐えてそいつをつかめ!!それができれば必ず追いつくチャンスは来る

  • 再読
    鳴子&今泉の掛け合いが楽しいですね!
    スピードを感じる作画で勢いがすごい。

  • 小野田君の天才ぶりが凄いなという印象 少しスラムダンクを彷彿とさせます

  • 電子書籍。入部したその日に一年生対抗ウェルカムレースをする事になった小野田。一度はピンチに陥るも人車一体の走りで今泉や鳴子に追いつく! 彼は凄く楽しそうにレースをするよね。今泉達と一緒に走るその為だけに、ひたすらペダルを漕ぐ姿にガンバレ〜!と思わずにはいられなかった。主将の金城がシブイ!

  • 今泉と鳴子に追いついた坂道。あのシーン、なんだか泣きそうになったよ。今まで同じ趣味の友達がいなかった坂道。自転車に乗ることは彼にとっては日常の延長線上。一緒に走りたいと思った2人が先を走っている。そこに追い付きたいという気持ちが回転数を上げさせたんじゃないかな。そんな坂道に対して経験者の2人も全力で応える。いいねいいね、この1年トリオの今後が楽しみ!

  • いやあ、少年まんがだなあ~!
    そうだね、一緒に行きたいよね…わくわくするなあもう。

全53件中 1 - 10件を表示

渡辺航の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)のKindle版

弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)のKindle版

ツイートする