悪徒ーACT 1 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 12人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 猪原賽
制作 : 横島 一 
  • 秋田書店 (2008年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253214612

悪徒ーACT 1 (少年チャンピオン・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤンキーが変身してバトルする漫画
    主人公の港 陽虎(みなと あきとら)が虎のスカジャンを着用(ZIP UP)してACT-タイガーに変身して戦う。
    絵やストーリーの形式としては古い感じもするが台詞回しや技の名前が面白かったりする。
    登場人物の名前は主に神奈川県内の駅名や有名人から取られていて、分かる人には面白い。
    ex) 港 陽虎 → 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ
    反町高知 → 東急東横線の反町駅と反町隆史と高知東生(旧芸名・高知東急)

    敵は謎の組織「更生省」で、陽虎の持つスカジャンを作ったのも更生省。
    更生省のエージェント「更生員」も同じくスカジャンを所持している。
    スカジャンにはモチーフ(虎や牛や髑髏など)があり、それぞれ能力が異なる。
    属性バトル的な要素は少なめ。

    勢いで押すバトル物が好きならオススメ。

  • 「ZIP UP!」 おい、ここになんかとんでもねえ大馬鹿者がいるぞ!(ほめてる) という衝撃の第1話から、まだ1巻分しか経ってないのかあ。あの時はケンカヤンキー物だと思っていたから本気であせったものだ。

    コスチュームのデザインや変身ギミック(ZIP UP!)といった変身ヒーロー要素も確かに魅力的だが、こうしてまとめて読めば真の魅力は徹底的に濃いキャラ達にあり(まあ1巻だと顔見せの第1話を除いてまともに変身してないということもあるけど)。
    金坐座のウザさ一歩手前のソウルフルなクドさ、杏のズッキュンドッキュンな狂いっぷりにはもうノックアウトだ。
    反待の危機にキメキメで駆けつけた金坐座の「クゥ〜〜♡」って声とギトギトに濃い笑顔! 作画の横島先生の、決して手癖では描けない見事な表情描写が冴えている。「キュートなハートにズッキュン♡ドッキュン〜〜♪」の表情は言うまでもなく、陽虎の「さらにいらねぇ! 全然まったくいらね━━!!」の顔もいい。セリフもたいがいだが、絵とネームの相乗効果が実に相性良くてたまらない。

    さらに盛り上がる2巻がいまから楽しみだ。

全2件中 1 - 2件を表示

猪原賽の作品

悪徒ーACT 1 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に登録しているひと

悪徒ーACT 1 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする