刃牙道 2 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 124人登録
  • 3.52評価
    • (5)
    • (9)
    • (10)
    • (1)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 板垣恵介
  • 秋田書店 (2014年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253223423

刃牙道 2 (少年チャンピオン・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • またずいぶんな新キャラをぶっこんできたな……。

  • 鍛錬もしていない宮本武蔵を蘇らせたところで、
    強いわけがない。
    ムリやり感が凄い。笑うところもない。つまらん。

  • 範馬勇次郎と花山薫の対決。そして、宮本武蔵復活。もはやストーリーなどそっちのけで、強いもの同士の組み合わせで楽しむ。ゲームみたいで、飽きない

  • クローン武蔵復活が着々と進む中、垂涎ものの戦いが始まりつつあります。
    格闘技とSEXは似てる。といったのは「SAGA」での一幕。

    ふらふら夜道歩いてて、ムードが達したときに、いざ開幕。対峙している二人の呼吸が、高まった時に始まる事。

    いや~、楽しみだ。オーガ対花山。

  • 安定のネタ漫画。

    武蔵のクローン云々がブッ飛ぶほどのキャラの登場。
    それは徳川のじいさんの…。

    ネタが濃すぎて、腹痛い。

    あ、話は全然アレです。もうどこに向かってるやら。
    本筋での面白さはもう期待してない。

  • 展開が遅いのは気になりますが花山と勇次郎のサインを巡るやり取りが楽しかったです。
    この二人とご老公のお姉様の登場で、あれ?この漫画ってギャグでしたっけ?と結構本気で思ってしまいました。

  • いいギャグ巻でした。
    勇次郎の背景のトーンには爆笑。

  • バトルが始まれば、圧倒的バトルマンガになるんでしょうが、それまでが長く感じる。
    ま、色々と準備はあるのかもしれないけど、あくびのくだりは多すぎていらない笑

    とりあえず、やっと始まりそうなのは花山とオーガのバトル。
    普通で考えればオーガの圧勝なんですが、過去と違い花山がどこまで見せてくれるのか楽しみです。
    なんか、途中で・・・って展開もちょこっと予測できるのであれですが。
    後半では宮本武蔵の復活。
    一人だけなのか、過去の偉人が増えるのかそれもちょこっと見所ではありますね。新撰組とか出てきそう。

  • 退屈のあまり、欠伸が止まらない花山薫ら、歴戦の格闘師たち。クローン技術により現代に蘇った宮本武蔵。そして、花山薫は範馬勇次郎と合間見えようとする。

    まだ、物語は始まったばかり。まるで読者の反応を探るようなゆっくりとしたペースで物語は展開する。

    今度こそ、範馬刃牙と範馬勇次郎は完全決着を着けるんだろうね。

全9件中 1 - 9件を表示

板垣恵介の作品

刃牙道 2 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

刃牙道 2 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

刃牙道 2 (少年チャンピオン・コミックス)のKindle版

ツイートする