シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)

  • 958人登録
  • 3.81評価
    • (168)
    • (102)
    • (246)
    • (7)
    • (2)
  • 112レビュー
著者 : 山口貴由
制作 : 南條 範夫 
  • 秋田書店 (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253230438

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)の感想・レビュー・書評

  • お美事 お美事にございまする

  • 美しく、残酷に。 駿府城領主徳川忠長 自刃 陰腹かげばら 諫言かんげん 天下は既に泰平 翻意=反抗する気持ち 駿河五十五万石 暗君 濃尾無双 不覚傷 背面の隆り 沈痛 弔辞のそれ 武門の誉れ 封建社会の完成系は少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ 隻腕と盲目の剣士 差配 不屈の精神を持った剣士にあっては自己に与えられた過酷な運命さだめこそかえってその若い闘魂たましいを揺さぶりついには… 無明逆流れ 太刀筋 異形と化すまでに鍛え込まれた背中 万力の如く刀身を締めつける跛足の指先 遠江国とおとうみくに掛川 鍔迫合 手心 艶めいた芳香 道場破り 隆盛 斃すことまかりならぬ伊達にして帰すべし 機を逸した 骨子術 指搦み 膂力 かじき 虎眼流 殺めるは易し伊達にするは難し 道場は芝居をするところではござらぬ この時清玄が見せた跳躍は鍛錬によって到達し得る領域を明らかに凌ぐものである 天稟 否彼奴はすくたれ者にござる 指の鍛錬になりますゆえ 藤木源之助 世襲制 何の呪いだ… 岩本虎眼 心の平衡を失った 所作を封じた 涎小豆よだれあずき 鉢巻切 練り 手拭 奥歯を粉砕 活動方針を示唆 漸く器が整いおった 敬もうて いずれが強い種かと尋ねておる 誹り兜投げ 数馬と兵馬 船木流免許皆伝 根絶やしにしてくれる 蛮行 機織の町掛川を血に染める さよのなかやま小夜中山鎌鼬 人間の感情が極端にはしるところに残酷はうまれる 女なら悲愁を描く男なら残酷を描く 残酷が表面化しない社会 私が取り上げるのは、何か問題が生じた時、それを和らげようとするのではなく、寧ろカンカンになってしまう人間、感情を極端に走らせる人間である。 南條範夫 失うことから全ては始まる 正気にては大業ならず 武士道はシグルイなり

  • 隻腕の藤木源之助と盲目、びっこの伊良子清玄。真剣による試合の7年前!

  • 原作とはちょっと変えてるんですね。
    絵がなんかきもくて、それがいい味になっていた。

  • 全15巻。

    駿河城御前試合をモチーフにした2人の剣士と2人の女性の話です。
    かなり残酷な表現が多いですが、絵の迫力・緊張感に引き込まれるように読んでしまいました。

  • 北斗の拳レベルのグロいとこもあるけどかなり面白いです。めっちゃ残酷で人死にまくり。ぼくと同じ名前のキャラが出てくるのでワクワクしたのですが主人公格2人にあっさり殺されて顔の皮を剥がれるという扱い。残念。最後のどっちが勝つのかの僕の予想は外れました。相打ちと予想してた。

  • 時系列が、たまにかわるので少しわかりにくい。
    内臓はみ出してたりするので、ダメな人はダメかもしれない。

    先生が狂いすぎですごい。正常な時でも十分狂ってるってのがすごい

  • 漫画に説明語りやモノローグが付くのは
    基本的にはタブーだと思ってるんだけど
    シグルイの語りは燃えるのは何でなんだろう。

    語りがただの説明ではなく
    物語を盛り上げるための補助になってるからかな。

    語りを削除しても漫画として成立するが
    あえて加えている、みたいなのが
    タブー化してない語りなのかもしれない。

    北斗の拳の作者は「闘う男はセクシーでなければいけない」という信念を持ってたそうだけど
    シグルイのメイン二人がイケメンなのもそういう理由だろうか。
    女性陣や童子がエロいのはグロにエロを混ぜると相乗効果が出るっていう理由だろうけど。

  • <全15巻:全編への感想です 原作読破済み>

    シリーズ途中で原作小説を読み、大筋にのみ乗っ取り、キャラクター像や登場キャラクター、エピソードは山口氏(以下「作者」)の独自創作・改変が予想以上に多いことを知り、納得しつつも改めて驚きました。

    狂気の暴君・大納言忠長が駿河城にて主催した真剣御前試合。その第一試合に登場した二人の剣士は、片や全盲、片や隻腕という異様な取り合わせ。
    二人の一見奇矯な剣法がぶつかり合おうとするシーンから一転、その因縁が1から語られ、最後は試合の決着がついて終わります。

    残酷物の傑作として知られた原作に劣らず、(もう表紙からして)血と内臓、不条理と狂気の応酬。迫力は素晴らしく、特に序盤の吸引力は流石と評するしかありません。
    ただ途中から、作者の魅力である描線が細く、コントラストも弱めになって(というか最終的なクリーンナップを行っていないデジタル処理に見える部分も)行くのが個人的に残念。絵柄が研ぎ澄まされていったとも言えるのでしょうが、鮮明かつねっとりとした線のほうが好きでした。
    また改変・オリジナル部分もあまりにもエキセントリックなところが多く、正直中盤以降口飽きする感は否めませんでした。
    ここは原作既読かどうかによって大きく異なるでしょうが、虎眼先生をあそこまでエキセントリックで痴呆がかった老醜の剣客(それでも腕は確かという怖さはそれはそれでよかったんですが)として描く必要はあったのかなど、疑問に思う部分も読み進むにつれて増えてきました。
    特に別エピソードである「がま剣法」から屈木を出演させる意味と意義が今一つ伝わらない感じでした。
    その辺りの中盤のダレと、原作の行間を補強するのはいいのですが、これ必要だったのかな?というエピソード群が残念。
    全体で7~8巻ぐらいにまとまっていれば文句なしの名作だったかもしれません。

    ラストは十分に残酷な原作に輪をかけて過酷です。これは悪くなかったし着地点として評価したいと思います。
    ただ、この御前試合の真の残酷さ、そして呆然とするほどの無意味さはやはり、原作のラストにこそあると考えます。ぜひ原作小説も併せて読んで楽しんでいただきたいですね。

    最後に「無明逆流れ編・完」とあるのは、機会があればほかの章も漫画にしたいという作者の大望なのでしょうか。

    この作品以降、作者の魅力であった「テンポの良さ」が失われた感(完結後に執筆・連載中の「エグゾスカル零」でも顕著)が強いのが残念。単なる作風の変化と受け取るべきなのでしょうか、ちょっと今は判断できません。

    駿河城御前試合・無明逆流れのエピソードは、その鮮烈さと残酷さゆえに、年代を問わずクリエイターの完成に響くところがあるのでしょう。
    この物語をカバーした映画や漫画は他にもいろいろとあるので、読み比べてみるととても面白いです。

  • キチガイ×キチガイ×キチガイ。

  • 最後の最後での風景。
    残酷なのに美しいわー。

  • いや、グロい。残虐である。R15指定であるが、この基準さえぬるい!年齢だけでなしに、心臓の強弱、また直近の夕飯メニュー、等様々な角度から規制を検討すべき代物である。

    しかし、しかし…

    「シグルイ」。とてつもなく面白い!

    途中何度か頭を抱えてしまうほど、残酷無残な描写がありクラクラしましたがこの世界観は素晴らしい。何より当時の武士たちが今の人々と全く異なる美学、論理で動いていたことがよく伝わってくる。

    万人にとは言い難いのが難しいが、、個人的には文句なくオススメである。
    (でも良い子のみんなは読んじゃダメだ!)

  • 原作者のコメント、「ひとたび問題が起こり、社会や世間、とりまく人間関係がその問題を和らげることができず、その状況の中で人間の感情が極端にはしる時、あらわれてくるのは残酷だ」。そのとおりの内容。先は気になるけど、続けては読めない密度の濃さ。

  • ぼくこれグロくてだめだった…

  • ジョークやサブカル、ネット教養で一括りに出来ない漫画だった。
    最後は素晴らしいものがあった。
    最終巻などはとにかく行間を読む(コマの間を読む)ことを要求される、ある種文学のようなものでもあったかもしれない。

  • 藤木と伊良子が出会い、日坂の舟木兄弟暗殺を命じられるまで。すごい熱量に押されて読み終わった後すぐ既刊を買いに走ってしまった。

  • 全15巻。完結済み。
    そのうちの95%くらいが過去の話。現在(因縁ある剣客の試合開始>延々過去の因縁の話>殆ど一瞬で試合終了(完)
    という流れ。
    ねちっこく妖しく人間の欲を体現する男と、清廉で真面目で人間としてどこか欠如した男の因縁が軸。
    絡みつくような残虐さが漂っており、爽快さとは無縁で非常に救いのない展開。

    容赦ない。だが逆にこれで最後がハッピーエンドだったりしたら全く面白くないので、これで良かったんだと不思議に納得してしまう結末だった。

  • 死狂い。男性ならば読破したあとに無明逆流れを練習した事でしょう。

  • ガマ剣法は結局なんだったんじゃ~!

  • 表紙からバキ系のトンデモ格闘トーナメントを勝手に想像しており、だから読まずにいた。
    トンデモが嫌というわけじゃないので悪しからず。

    ところが本作で描かれるのはたったの1試合。
    で、現状、肝心のその試合は最初の選手入場までしか終わっておらず
    その選手同士の過去の因縁をねちっこく描き続けてる。

    描写はかなり残酷。それが本作の売りらしい。
    読みながら食べていた揚げシューマイが気持ち悪くなってきて、「これはウミガメ」という自己暗示で飲み込んだ。
    『ベルセルク』を和物にして、ファンタジー成分を引いたような。
    ベルセルク初めて読んだ時よりは、気持ち悪くないけど。

    バキ並みに無駄なマンガ。だが、それがいい。

  • 「ぬふぅ」 「むーざんむーざん」 「ちゅぱちゅぱ」 

  • 残酷風景満載な剣豪もの。
    ベルセルク風で気になるところで話は過去へ。

  • うーむ、、、この手のジャンルでまだ自分の知らないこんな面白い作品があったか!と衝撃。絵がちょっととっつきにくいけど、面白すぎて一気に4巻まで読み終えた。表紙でちょっと損してると思う(チャンピオン的だけど)。別にふんどし一丁の裸男じゃなくてもよいと思うのだが、、、

  • この作者の描く内臓と筋肉は美しい。

全112件中 1 - 25件を表示

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)に関連する談話室の質問

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)のKindle版

ツイートする